集会施設

 ギョベクリ・テぺ遺跡が集会施設として使われたとしたら、かなりの範囲から人が集まることで発生するさまざまなメリットがあるはずです。足りないものを補い合う、よいものを手に入れる、というような具体的なメリットのほかに、まだ推測に過ぎないと言いながらシュミット博士はこう話しています。「先土器新石器時代の人々は武器を持っていました。それは、動物を殺すためですが、人間も殺したでしょう。すでに階級社会だったので、対立があったことも想像できます。ギョベクリ・テぺ以外の新石器時代の遺跡で、大量殺人があったことを観察しています。それゆえ、ギョベクリ・テぺが問題解決を担っていたという可能性は考えることが出来ます。」つまり、このギョベクリ・テぺは、人々の融和のための場所であった可能性が大きいのだといいます。

 この施設が、この戦いの多かった時代に融和のための施設であったことの実証は難しいようですが、そう考える根拠があります。それは、ここで人類史上最も重要なイノベーションを生み出した可能性があるからであり、そのイノベーションが融和へとつながった可能性が高いと考えられています。それは、ここからわずか60キロの場所にカラジャダー山という場所があり、そこは私たちにもっとも身近な植物の一つである「コムギ」が自生していた原生地なのです。そして、「この地からは、きわめて初期の農耕遺跡も見つかっています。当時、この地域で最も重要なイノベーションといえば、植物の栽培かと動物の家畜化なのです。」と博士は話しています。

 ここで、人間としての営みとしての「植物の栽培」と「動物の家畜化」について考えて見ます。この地域で自生していた野生種のコムギから実を採ることは採集であり、栽培ではありません。自生種から人工的に選択し、それに改良を重ねて、収穫量を多くするとか、栽培をしやすくするとか、倒れにくくしやすくしていくことが栽培化です。動物の家畜化も同様で、そこに生息する動物を馴らせ、手なずけることではありません。人の役に立つように、その動物の価値を意識的に高めていくことにあります。

 このような栽培化や家畜化は少しずつ行われていくのですが、カラジャダー山で当時採取できた小麦の量では、当然当時の人々のお腹を満たすための穀物ではなかったのではないかと推測しています。では、コムギは、何に使ったのかということについての、ノルウェー生命科学大学教授のマンフレッド・ホイン博士の推測は、私には以外でした。なんと、それは、「ビール」作りに使用され、それをギョベクリ・テぺに集まって、みんなで飲んだのではないかと言うのです。博士は、この施設の建設中にも、そこに集まっていた多くの人々へも、当時の一種のぜいたく品として振舞われていたのがアルコールで、その原料がコムギだったのではないかと考えています。博士は、「ギョベクリ・テぺを建設しなければならないとき、大勢の人手が必要です。助けてもらうためには人々を説得しなければなりません。人々を招かなければなりません。」ということで、振舞うぜいたく品が必要になったというわけです。

 このようなヒラメキは、シュミット博士とホイン博士の二人とも、ビールの国ドイツ出身だからということもあるかもしれませんが、それを裏付けるような、たとえば大きな瓶などが遺跡から出土しているそうです。

 この辺の考察は、私にとってはなんだかワクワクします。当時の人々の行動が目に映るようです。人類が、出産のときから他人の介助が必要なように、人が集まる施設の建設には、他部族の人々との協力が必要だったのですね。ビールを囲んでの融和は、戦いの歴史よりも心が躍ります。