集団のポイント

ストリンガー博士は、「高度な技術は高度な頭脳から生まれ、単純な技術は単純の頭脳から生まれるというのは誤解です。高度な技術は大きな人口で生まれ、維持させていくのです。」4万年以降のヨーロッパの場合、人々のネットワークは私たちが想像する以上に大きく広がっていたことが、出土する遺跡から窺えるのだそうです。

 子どもを見ていると、集団の役目の大きさを感じます。それは、数の問題だけではなく、お互いに響きあう関係をどう築いていくかということのようです。そこには、何かの媒体が必要になってきます。一緒に食事をするという「食事」を媒体として「共食」が行われる事によっての学びにも大きなものがあるようにです。そして、その学びが伝承されていくことによって、文化となっていくのです。今までの集団におけるポイントを整理してみると、こんなことが言えるようです。まず、「集団の規模」があります。そのサイズは、多様性の数でもあり、多様なものを生み出す基礎となります。ただ、あまりに大きいと、人の認識、協力することの出来る限界を超えてしまいかねません。

そこで、次に必要なのは、「集団におけるネットワークの存在」があります。集団の規模は、物理的な数ではなく、ネットワークのサイズなのです。しかし、そのネットワークから生み出された技術や、得られた情報は、「集団の中に、保存、維持、伝承」されていかなければ文化になりません。そのために、ネットワークは、単に情報を得る関係ではなく、実際に会う、見る、体験する、取り入れるというような五感を使う関係でなければならないのです。したがって、現在におけるネット環境は、文化として保存されるためには、もうひと工夫が必要になってきます。それは、そのネットワークを構築するための道具などの触媒が必要になってきます。

この集団のポイントから園における子ども集団を考えてみたいと思います。子どもたちの学びにはある規模の集団が必要です。そこには、多様性が存在するからです。多様性が、いろいろなものを生み出していきます。その多様性は、個人差だけでなく、男女であったり、年齢が違ったり、発達が違ったりという集団が必要です。よく、保育において、同じ年齢同士の中で育つこともあるのではないかという人がいます。同じように、男の同士で育つもの、女同士で育つものもあるでしょう。しかし、だからといって、クラスを男の子だけでクラスを構成するとか、女だけでクラスを構成するとかを今は考えません。それと同じであるのに、同じ年齢だけでクラスを構成することが多いのはどうしてでしょう。子どもたちは、男女混合のクラスであっても、男の子だけで集まって何かをすることもありますし、女の子だけでおしゃべりをすることもあります。同じように、異年齢児クラスであっても、同じ年齢だけで何かをすることもあります。

異年齢でクラスを形成することの意味がほかにもあります。子ども同士から生み出された活動を、保存し、維持し、文化として伝承するためには、縦の関係によるネットワークがなければならないからです。大きい子がやるのをじっと見ること、それを真似すること、それが次の世代につないでいくことになるのです。よく、「子ども文化」と言われますが、これは、子どもの中で生み出され、子どもの中で伝承されていかなければならないのです。

そして、子ども集団を構築するための「触媒」が必要になります。集団を必要とするもの、それは、ボードゲームなどの遊具であり、また、集団のほうが面白いもの、それは、レンガブロックやごっこ遊びであったり、集団のほうがより効率的になるもの、それは、班活動やグループ活動であるなど、そんな環境が必要になってきます。

このような子ども文化は、今の時代、家庭では生まれ、伝承していく環境が少なくなってきています。