情報センター

 人間を考える上で、面白い遺跡が発見されました。そこは、ギョベクリ・テぺ(G〓bekli Tepe)遺跡です。一昨年、ニューズウィークの記事では、この遺跡研究が通説を否定するという記事を掲載しています。それは、大体こん内容でした。「この理論は人間起源の通説の年表を逆転させる。通説では、原始人は1万年から1万2千年前の新石器時代革命を経由したとされる。この古い通説では、羊飼いや農民が最初に出現し、それから陶工や村落民、都市、専業労働、王、文字、技芸、そしてその延長をひとっ飛びして、組織宗教に至るとされる。ジャンジャック・ルソーを回顧するまでもなく、知識人は社会的集約都市が最初に形成されて、その後、巨大寺院を伴う高度な宗教ができるとした。米国の高校などでもこうした考え方がいまだに教えられている。」どうも、アメリカの高校では、宗教がどのような経緯で生まれてくるかに関心があるようですが、日本では、農耕の起源に関心があります。

 農耕の起源についてもギョベクリ・テぺ遺跡は、いままでの通説を覆しています。狩猟採集民による氷河期最後の時代に続いて形成されているこの遺跡こそが、人類が農耕や都市生活、そしてその後の発展に至る最初の曙光となったと考えられています。さらに、小麦の栽培や動物の家畜化が始まったのもこの地域であると見なされつつあるようです。

 この遺跡のことが、NHK「ヒューマン」で取り上げられていました。そこでは、この遺跡の不思議を先ず描いていました。この遺跡から農耕の始まりを見るとしたら日本で言う吉野ヶ里遺跡のような田んぼや畑の遺構などが見つかると思うと、なんとこの遺跡は奇妙なものが並んでいます。その遺跡は数メートルの深さで掘り進められており、何十本もの石柱が林立しています。そして、規模がとてつもなく大きく、調査に50年以上かかるそうで、まだそのなかで17年目だそうです。この大きさは、およそ1万年前のものとしては大きいということのようです。その発掘で、サークル状の構造物であるエンクロージャーというものが見つかったそうです。それは、直径15メートルの円形か楕円のもので現在まで4つ見つかっています。しかし、レーダーで見ると、全部で20近くあるらしいことがわかっています。不思議なことに、ここは町の跡というわけでなく、人が生活していたような痕跡がないそうです。また、家畜種というものはまったく存在していませんし、数少ない植物の痕跡からも農耕が行われていた証拠は見つかっていないといいます。それでありながら、どうしてこの地域で栽培や動物の家畜化が始まったというのでしょうか。では、この遺跡は何のための場所だったのでしょうか。

 いろいろと発掘、研究した結果、発掘を指導するクラウス・シュミット博士は、この場に人々が定住するために集まったのではないとしたら、いくつかの理由があった可能性があると説明しています。「ギョベクリ・テぺは集落でなく、神聖な場所です。人々はここに来ますが、自分の村に帰っていきました。ギョベクリ・テぺは交換の基盤であり、イノベーションの基盤でもありました。」イノベーションとは、新しいアイデアや手法を指す言葉と説明しています。ある集団にイノベーションがあれば、このギョベクリ・テぺに集まることで、ほかの集団もすぐ知ることが出来る。それが非常に有益なイノベーションなら、急速に広まることになるのだと言うのです。「ですから、ギョベクリ・テぺはこれらの人々の情報センターのようでした。物々交換やアイデアの交換、嫁探しなどが理由で集まった可能性もあるでしょう。」

 私たちの祖先は、自分たちの中で認識できる範囲での集団を形成して生活してはいても、その集団規模だけでは情報が偏ってしまい、生き残っていくための情報が少ないのです。そこで、他の集団をの情報を交換する場を持っていたということになります。この頃から情報センターを持っていたというのは、ほかにはどのような意味があり、それは、どのような結果を生むのでしょうか。

情報センター” への6件のコメント

  1. 情報の交換ということでいうと、狭い地域で限られた人だけとの情報のやり取りではどうしてもあるところで限界がきてしまうように思います。発展していくスピードも非常にゆっくりである気もします。例えば今行っている保育にしても、狭いところで活動しているだけだったとしたら決して今の状態には至っていなかったでしょうね。単に情報が多ければいいとは思いませんが、考えるためのヒントや悩んでいることを相談できたり共有できたりする場があるというだけで、ずいぶん違ってくると思います。自分がどこに立っているのか、自分の判断に偏りはないか、そんなことを考えるためにも情報の集まる場の利点を常に感じています。

  2. 紹介されているニューズウィーク誌の次の記事は、かなり興味を引く内容です。

    ≪宗教はこうして見直してみると、研究者のシュミットが正しければ、都市生活以前の初期の段階で出現している。つまり、宗教というのは文化が生み出したものや啓示によるというより、人間の遺伝的形質によるものだと考える人もいるだろう。考古学者ジャック・コーヴァンは「神々の始まりが農耕の始まりである」とつぶやいたが、ギョベクリ・テぺ遺跡が当てはまるかもしれない。≫

    1万1500年前、まだ狩猟採集民であった人類は、巨大な石の神殿を築いて、原初の宗教儀式を開いていたのです。過酷な自然を前に、生への渇仰を祈りとして表現していたのでしょうか。生き抜くということが、そのまま人類の種を残すことに直結していたからこそ、祈りの儀式を執り行う聖地のために、多くの部族が各地から集まって、道具も家畜もない時代に、人力だけで重い巨石を山頂まで運ぶことを厭わなかったのです。当時の人々の、信仰心・崇拝心は私たちの想像を遥かに超えています。

    この遺跡の発掘調査にあたった筑波大学大学院教授の常木晃氏によると、長期にわたる神殿建設に従事する作業員や祭儀のために訪れる人々に食糧を提供するために、小麦の種を決まった場所に蒔いて育てること(栽培)が行われるようになったのが、農耕の始まりだと言われているそうです。いずれにしても、最初に宗教があり、聖地と神殿ができ、その維持のために人が集まり、集まるために農耕や定住が進み、都市ができ、文明が生まれたというのが、新しい定説になりそうです。

  3.  昔の人々の暮らしを知れば知るほど、面白いですね。私の地元の商店街に、今はあるのは分かりませんが、色々な人が交流できるスペースがありました。ちゃんと机と椅子が用意してあり、お茶もセルフで飲めるようにしてありました。おそらく買い物などで疲れた人がそこで休憩しながら、色々な人と話して、情報を交換するのが目的で作られたのだと思います。今は外に出て、人と話さなくても、インターネットを使えば一瞬で色々な情報を得る事ができます。もちろん昔はインターネットどころか、電気もない時代です。そんな時代でも、情報センターのような場所を用意し、様々な集団の人々とお互いに情報を交換しながら生き延びてきたのですね。少し前までインターネットも無い時は、同じように、情報を共有していたと思います。どちらもメリット、デメリットがありますが、今の時代を見つめると、どちらが大切か分かるような気がします。

  4. やはり人間にとって何万年も前からそういった情報交換の場でも自分たちの情報を持ち合うことで協力していたのですね。テレビで「人気物件ランキング」みたいな番組を見ていると最近の流行りなのかシェアハウスのような物件がランキングに入ったりしているみたいです。一人暮らしの中にも集団で集まるスペースやみんなで食事ができるようなダイニングがあったり、また物件によっては共有の畑があったりするそうです。現代ではインターネットなどで世界中どこでもつながりが持てるものがあるのに、世界ではわかりませんが最近の日本の若者の中ではそういった共有スペースのある物件が人気だそうです。

  5. まぁ、誤解を恐れずに申し上げるなら、藤森先生及び先生を取り巻く集団は、ある意味で、「情報センター」でしょう。保育の分野が藤森先生の集団であるなら、それぞれの分野に同様の集団があることでしょう。それら「情報センター」がそれぞれの情報を持ち寄り、その中から次の課題が生まれ、その課題を解決するために、さらなる「情報センター」と結びついていく。私は「インターディシプリナリー」というヨコ文字が好きです。「学際的」と日本語訳される語ですが、何だか新しい発見を期待できるのです。学者の世界をちょっと見たことあるので申し上げると、現場は良いと思うのです。さまざまな可能性を秘めているし、殊に私たちが関わる子どもたちには無限の可能性があり、その可能性を保障するために、あれこれさまざまに環境を工夫し用意することは楽しいことです。ギョベクリ・テぺ遺跡から私たちにもたらされる今後の情報は実に期待されるものでしょう。子どもは総合的存在です。その存在意義を十全にするため、私たちは情報センターを形成するとともに他の情報センターと協働することを躊躇う必要がない気がします。教育分野の現場は兎角、守旧的です。同じ「守旧」なら高々100年くらいの教育実践を守るのではなく、ホモサピエンスの本分を守旧する、というくらいになってほしいものだと思うのです。

  6. どの時代にでも、そういった情報センターが多くあったのが自然の形だったんですね。私の周りにも多くの情報センターがあります。その最たるのが農協などでしょう。そこにいけばいろんな情報のやり取りができる。そこで認知できる集団規模の以上の情報を得られるシステムは昔からあったというのは面白いです。国連や赤十字、ユニセフなど今では世界規模で大きな集団があり、国レベルで情報をやりとりする世界になっています。しかし、規模は違えどその情報のやりとりの行い方は太古の時代とは変わらずあるというのは遺伝子レベルで協力する必要性を人間は分かっているということなんでしょうね。よりグローバル化が叫ばれる中、子どもたちはどういった環境が必要か情報過多な時代の中でどう正確な情報を身につけていくかを考えることは必要なことだとおもいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です