かつて、家畜は、祝宴の際のご馳走のためにだけ使われていました。決して、日常の食べ物ではありませんでした。結婚するとか、特に、姻戚関係を結ぶためには、ブタや水牛が提供されていました。ここは、議論があるところだと思いますが、サイモン・フレーザー大学の民族考古学のブライアン・ヘイデン博士は、「従来の考え方では、家畜化は食物がもっと必要だったので、人々は動物を育てたというものでしたが、私は、そう思いません。東南アジアのどの村を見ても、家畜の生産を促す要因は、食物のニーズではないのです。それは社会的・政治的なニーズであるといえます。」と話しています。

 ブタは、社会的・政治的ニーズによって使われたということで、婚姻などの儀式、お祭りなどに振舞われたり、儀式などで生贄として提供されていました。

昔は、一家の主、跡継ぎを決めるに儀式を行っていました。そして、正統な跡継ぎを決める儀式にはブタを生贄に捧げる風習がありました。生贄とされるブタは、まず外で毛を焼かれます。それは、神聖な儀式において毛は邪魔なものとされていたためです。毛を失ったブタは四本の足を縛られ、家の中央に設けられた儀式の祭壇へと運ばれます。更に暴れないように参加者が棍棒などでブタを叩き気絶させ、ブタが脱糞した際の臭いを抑えるために多量のお香が焚かれました。そして、最後に主が祝詞を読み上げ跡継ぎの儀式は終了するのですが、その後、ブタは再び外に運び出され、今度は死ぬまで棍棒で叩かれます。そして、火で焼かれ、参加者へその肉が配られるのです。

この儀式は、その家の跡継ぎを決めるために行われたのですが、ある意味では、集団における結束を誓い合ったものでもあったのです。その誓い合った儀式である「豚を生贄にし家の中に祀ったこと」ということで、「ウ冠(うかんむり)」に「豚」から成ることから、この儀式自体を現す漢字として「家」という字になリました。
パプアニューギニアでは、現在でもブタを生贄とし、そこに集まった人々に配られます。NHK取材班が実際にその儀式に参加したときの様子を、こう語っています。「村の中心の広場には、200人から300人の人が集まっていました。長老格の男性たちが、その広場の中心で、出来上がったブタと野菜を細かく分け、家族ごとに分配していく。招待した村の名前を大声で叫ぶと、代表者が“ありがとう”とお礼を述べて受け取っていく。」

この姿は、老若男女がいかにも嬉しそうに、配られたブタを食していきます。ご馳走を食べながら仲間意識を高めることは、とても重要なことだと部落の人が言っているそうです。もともと、パプアニューギニアの人々は、好戦的で、閉鎖的と思われていますが、ブタを食べているときには、部族を超えた融和の光景が見られたと言っています。

東南アジアの祝宴に欠かせないアイテムといえば、第1に肉、第2に米、第3にビールや酒といったアルコールであると言われています。この説が有力になったのは、ギョベックリ・テペ遺跡の発見だと言われています。そして、以前の歴史の教科書では、狩猟採集から農耕へと移るにしたがって定住化が起きたとされていたのが、いまは、順番が逆転しています。定住化は、狩猟採集を行いながらも可能だったのです。そして、定住することから、農耕へと移行していきます。しかし、なぜ農業が始まったという説には、まだ決め手がないようです。有力なのが、ギョベックリ・テペで行われた融和の情報交換の場で使う食材が栽培化を経て、人々の主食へと発展していったとする考え方です。そして、その場で行われた儀式が宗教的なものへと変わっていったようです。

それにしても、農耕が人々の暮らしを変えていきます。それに対して、人類は、どのように生存戦略をとっていくのでしょうか。

” への6件のコメント

  1. 後氷河期の人類は、生存の必須条件である「衣」「食」「住」のうち、シラミの研究からこの頃すでに衣服を身につけていたようですから、定住して住むところを確保すれば、残された課題は、食糧の自給だけだったと思われます。なりゆき任せの狩猟や採集だけでは、常に飢餓の恐怖がつきまとっていたことでしょう。食の恵みを求めて、巨石の神殿を建て、祈りを捧げたのもそのためです。

    ところがある時、奇跡が起こります。彼らが仲間をもてなすために持ち寄った小麦の中に、突然変異で穂が飛ばないものが現れます。その画期的な「技術情報」は、ギョベクリ・テぺ遺跡から各地に伝わり、1000年以上の時を経て、小麦の栽培が確立して、「食」の問題が一気に解決します。人類は、この時、西アジア周辺からヨーロッパ全域に生活圏を拡大し人口を爆発的に増大させたのです。

    紀元前8000年頃には、西南アジアで、ヒツジ・ヤギ・豚が家畜化されたと言われています。その頃には、小麦も家畜の食糧にまわせるだけの十分な生産量があったのです。ある意味、小麦の栽培は、人類が自然に支配される立場から、自然の征服者に大きく飛躍した革命的な出来事と言えます。

  2. 豚の儀式が家の始まりであるという話は、ちょっとだけ衝撃を受けました。もっと温かな感じのものが家の始まりだとイメージしていたのでちょっと驚きです。今ではまるで当たり前のように存在していると思っている家ですが、そもそも家やその家が集まった集団を形成するということは簡単なことはないのかもしれませんね。人が一緒に暮らしていたらそれは確かに家と呼ぶことはできるかもしれませんが、同じ食べものを分け合うこととか他の家族との関係をいいものに保つとか、そんなことがあって初めて家となるのかなあと、ちょっと考えすぎですね。でもここで紹介された儀式のように食べ物を介して融和するということはいつの時代でも大事なことなんですね。

  3.  漫画や映画などの作り話で豚などの動物、村の若い女性など生贄を捧げて、災いを治めたりする儀式は見たことがあります。世界では豚を捧げる儀式を今も行っているようですね、実際にジャングルの奥深くに暮らしている人たちの姿を撮影したドキュメント番組を見ると、服装や暮らしは古代の人たちそのものです。撮影のクルー達が来ると、まずは村長が挨拶をし、その夜はご馳走を振舞って、もてなしています。何度か似たような番組を見ると、お客をもてなす儀式は当然のように行っています。豚を生贄にして、それを家の中で祀るという行為が「家」という漢字の成り立ちという事には驚きました。聞いた瞬間は意味が分かりませんでしたが、じっくりとブログの解説を読むと、とても納得しました。そして、おそらく現在も森の中で暮らしている原住民も、同じような行為をして家族というのを形成しているのだと思います。彼らと私たちの生活と比べると、文明の差は大きくありますが、人とのつながりから見ると、現代人より強固なものを持っていると思いました。

  4. 以前、藤森先生に「人間」や「家族」についてお話しをして頂いた時に、サラッと『「家」という字は「豚」からきている』とおっしゃっていましたがそういうことからできた漢字だったのですね。やはり何万年も前からお祝い事や人と集まる時には貴重な豚やビールなどを食べて関係を深めていたのですね。同じように日本には、「同じ釜の飯を食う」なんて言葉がありますが、同じ食事をして関係を深めたり絆を深めたりしていたかと思うと、今でも同じなのでとてもイメージが湧きます。

  5. ブタを生贄にしてみんなに振る舞うシーンの描写が今回のブログではリアルですね。「棍棒で叩く」シーンを想像すると豚の悲鳴が共に聞こえてきます。私もフィリピンを訪れた時豚の饗応を受けました。もちろん、棍棒で叩くシーンなしに。家という字は豚から来ているということは、端的に、豚肉の饗応を受けた人々は家族である、ということなのでしょう。今は親子あるいは親兄弟あるいは祖父母との同居関係を家族と言いますが、本来家族とはそうした血縁によって結びつけられた同士のみを指すのではなく、もっと広く、食を共にする関係を「家族」と名付けたのでしょう。今でこそ「家族」は血縁に重きが置かれますが、私の幼少の頃は叔父叔母はもちろん父のお弟子たちもともに食事をするものとして、生活を共にするものとして「家族」だったと思います。食を共にする集団が家族と言ってもいいかもしれません。こう考えてくるともっといろいろなことが見えてきます。

  6. 豚から家につながるというのはこういうことだったんですね。かなり衝撃的な内容でしたが、よく考えてみるとテレビなどでいろんな民族のシーンを見ますが、成人の儀式や跡取りの儀式などでは必ずと言っていいほどご馳走がでます。それも現地ではいつもよりも特別なものが出ていることが多いですね。ここに出てくる豚もそういった儀式に必要なものだったのでしょう。食というものはそれだけ人間の暮らしには必要なものですし、人と人とを結ぶことにも必要なことだということが分かりました。「共食」が昔から普通にあり、その意味が重要なことがより鮮明になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です