人間らしさ

 人間という生き物はとてもすばらしい能力を持ち、すばらしい生き物ですが、それは、完全無欠ということではありません。ミスもするし、落ち込むこともします。そのために、何度も危機に陥ります。そのときに、種を滅ぼすような状況に進むのか、または、生き残るための何か方策を打つのかによって、今に遺伝子をつないできているのかどうかです。

 様々な能力は二面性を持っています。また、遺伝子を子孫に残すために残酷な面があるのも確かです。たとえば、人の気持ちに「共感」する能力も、二面性があるようです。人は必ず共感するわけではなく、共感して自己犠牲を厭わず行動する場合もあれば、まったく共感せずに冷ややかに黙殺している場合もあるのです。私たちの脳は、不公平な人、つまりは不愉快な、嫌な人の痛みを見たときに、快感を感じるようです。私たちの脳は、驚くべき「選別」を行っているというのです。

 よく、性善説か性悪説かと議論するように、人は生まれつき、このような両面を持って生まれるのでしょうか。それは、もちろん確定するほど解明されてはいません。しかし、いろいろな場面で推測されています。イギリスのロンドン大学のウェルカム・トラスト神経画像研究センターは、世界でも有名な脳神経科学研究の拠点だそうですが、そこのベン・シーモア博士は、どういう相手に対して痛みの共感が生じるのかを、さまざまな実験で市食べています。彼は、人間が経験するさまざまな社会的な出来事を脳の先天的な回路で対処するというのは無理だと考えています。そして、こう考えています。「大切な役割を果たすのが前頭葉です。前頭葉は不確かな新しい状況に対処できるような機能があります。人間は社会性を学習する力、生まれた環境で協力を学習する力を持っているようです。」

 久しぶりに「前頭葉」ということばを聞きました。一時、どこでも前頭葉について語られていたのですが、最近は、もっと細かいところまでわかってきて、あまり言われていませんが、やはり、前頭葉に関係しているようです。ただ、もちろん、ミラーニューロンや前頭前野は前頭葉にある神経細胞ですから、同じことなのでしょうが。すなわち、この前頭葉の働きゆえに、共感する能力を後天的に習得している可能性も否定できないと言います。

 また、人は社会を構成し、協力することで生き延びてきた生き物でありますが、社会というのは、一人ではなく、他人がいるということですので、他人と比較するということが行われます。それが、競争を生んだり、切磋琢磨という競い合いの中から向上も生まれるのですが、心の中には、ほかの生き物には見られないこんな気持ちも人間特有といわれています。「人を羨んだり、あるいは自分に劣等感を抱いたり、そねむ、ひがむ、あるいはコンプレックスを持つことが私たちにはよくあります。全部よく考えてみると、他者との比較のうえに成り立っている感情です。簡単にいうと、自他の落差の認識なんです。自分というものの置かれている状況と、他人が置かれている状況の両方を見ている。自分ひとりのことにしか目を向けていなければ、そういう感情は生まれないはずです。」というのは、京都霊長類研究所長の松沢さんです。自分と他者との違いに対して非常に感受性が高いことが、さまざまな悩みや負の感情の原因になってしまうのは、チンパンジーには見られないそうです。「チンパンジーは、ほかの人は、どうでもいいといいます。自分の暮らし、他者の暮らしは他者の暮らし、それはそれ、これはこれ、なんです。」と松沢さんは言います。

 「人間は、他者の心を読むことができる。それゆえ、困っているヒトに対して、自らの手を差し伸べる志を持つことが出来る。しかし、同時にその同じ能力がまったく逆の方向に働き、負の感情を生み出す。こうしてみてくると、人間が共感能力を持つのがはたしてよいことなのか、それとも悪いことなのかわからなくなる」

 どうでしょうか?