災害予測

1960年5月23日4時11分、南米・チリ共和国でマグニチュード9.5という世界最大規模の地震が発生しました。この地震により、首都サンティアゴ・デ・チレをはじめ、チリ全土で死者1,743名、負傷者667名の大きな被害をだしました。被害はそれだけではありませんでした。地震発生15分後に約18mの津波がチリ沿岸部を襲い、約17時間後にはハワイ諸島を、22.5時間後に日本を襲いました。日本を襲った津波に対して、その5時間以上も前にハワイ・ヒロ市では約10.7mの津波が押し寄せていますので、そのときの情報をきちんと分析していれば日本での被害を最小限に抑えられたかもしれません。

実は、地震直後にハワイ地磁気観測所から日本政府にも地震の情報と同時に津波警報が伝えられましたが、経験不足からか気象庁は津波の強度を過小推定したため、日本の津波警報が発令になったのが津波襲来後となったことが被害を大きくしたものとみられています。江戸時代に資料でも、チリやペルーで津波が発生するたびにハワイや日本にも襲来していますし、逆に日本の太平洋沿岸で大津波が発生すると、米国西海岸、南米に津波が押し寄せていたことが残っています。ですから、1960年のチリ地震でもわかっていたはずです。それなのに、日本の津波警報は、津波襲来2時間後に出されています。

そのために、日本では、死者行方不明142名、負傷者855名、建物被害46,000棟などの被害を出してしまいました。この地震から30周年を記念し、91年にチリから宮城県南三陸町にモアイ像とコンドル像が贈られました。モアイ像は、チリ領である太平洋上に位置する火山島であるイースター島にあるからです。。その像の頭部が、今回の東日本大災害で流されてしまいました。チリのピニェラ大統領夫妻は、昨日、宮城県南三陸町を訪問した際に、高さ10メートル以上のがれきに囲まれたモアイ像を見て、「日本もチリも災害に負けずに勇気と希望を持って前進してきた。友好の証しとして、もっと大きく美しいモアイ像を贈りたい」と話し、「日本がんばれ」と日本語でエールを送りました。

 イースター島は周囲58キロ、面積約164平方キロメートルの絶海の孤島で、人口は約4300人です。イースター島という名は1722年のイースター(復活祭)の日にオランダ人が到達したことに由来するそうです。数千キロ離れたポリネシアの島々からイースター島にたどり着いた人々がモアイ像を造り始めたのは800?900年ごろとされています。しかし、像を運搬するために使う木材のために、島内の木を伐採し尽くして飢饉が発生します。そして、18世紀中ごろに始まった部族間抗争で一時は全てのモアイ像が倒されてしまったのですが、島に残るモアイ約900体のうち約40体が日本人や米国人らによって立て直されています。

 人類は、協力する生き物ですが、戦いも繰り返してきた生き物です。人類の進化の中で、このイースター島で起きた飢饉に似た状況は地球上では何度も起きています。そのときに、当然部族間抗争は起きていたと思います。それは、農耕が始まる前の狩猟採集を行っているときにもおきます。では、私たちの祖先は、どんな環境の悪化に直面したのでしょうか。その環境の悪化は、チリ地震のように事前に予知されません。地震自体は、かなり遠くの場で起きますので、自分たちが揺れることはありません。

私たちの先祖がぶつかった大きな環境の変化は、7万4000年前の頃、インドネシアのスマトラ島で起きたトバ火山の噴火でした。そのときに、私たちの祖先は、まだアフリカに留まっていました。当然、爆発音は聞こえませんし、地響きも感じません。ある日突然、地平線から雲が現れ、空を覆いつくし、どんどん暗くなり、寒くなります。それがどうしてか、どうなるのかも知りえません。ただ、食料は底を突き、動物や植物は次々に死んでいきます。地球上の多くのヒト族といわれている種も死んでいきます。その中で、一握りの幸運で懸命な者が生き残り、その子孫がわたしたちなのです。それは、戦いに勝ち進んでいったからでしょうか。強い体を兼ね備えていたからでしょうか。

災害予測” への6件のコメント

  1. 今朝の新聞に駿河湾から四国沖に伸びる南海トラフの巨大地震による災害予想が発表されていた。

    ≪西日本の太平洋沖に延びる海溝「南海トラフ」で発生する巨大地震について、内閣府の有識者検討会(座長・阿部勝征東京大名誉教授)は31日、想定される最大の震度分布と津波高を発表した。満潮時の津波は高知県黒潮町の34.4メートルを最大に、東京の島しょ部から静岡、愛知、三重、徳島、高知の計6都県23市町村で20メートルを超えると予測。今回は東日本大震災を教訓に、最新の科学的知見や過去の津波の痕跡調査などから、考えられる最大級の被害を検討。震源域を約2倍、地震の規模を約3倍のM9.1とした。≫

    四国は災害の少ないところという思い込みが地元の人にはありますが、実は、南海大地震がいつ起こってもおかしくない時期に来ています。津波も太平洋だけでなく、瀬戸内海沿岸でも被害が心配されています。この次に来るのは「西日本大震災」かもしれません。災害への備えを万全に。まずは油断を戒めることから。

    イースター島のモアイ像を起こしたのは、当地のタダノというクレーンメーカーです。モアイ修復プロジェクトは、『日立世界ふしぎ発見』で1988年に流された「クレーンがあれば倒れたモアイ像を起こせるのに」というコメントをタダノのある社員が見たのがきっかけでスタートしたそうです。
    詳しいことはこちらで。http://www.tadano.co.jp/tadanocafe/moai/index.html

    モアイの「モ」は未来、「アイ」は生存という意で、モアイには『未来に生きる』という意味があるそうです。先日、チリのピニェラ大統領夫妻が東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県南三陸町を訪れて、被災状況などを視察し、友好の証しとしてモアイ像を贈ることを約束したそうです。チリから東北に贈られたモアイ像が、『未来に生きる』希望のモニュメントになってくれたらいいですね。

  2. 情報をどのように受け止めて分析するか、災害に関してとなると難しさがいろいろとあるんでしょうね。でも今回の災害でそのことに対しての構えは変化があったでしょうし、結局何が大切なのかが後日談でもはっきりしてきています。助け合うことや人との絆といったものが人の基本としてもっと受け止められることが、今後の社会にとって大切なことなんでしょう。人類がここまで生き延びてきている意味を、今でも続いている戦いの歴史や協力してきた歴史から私たちが何を学ぶかが、次の世代のために必要なことだとぼんやりと感じています。保育を考えることがこのようなところに行き着くとは10年前は想像もしていませんでしたが、今はうれしく、ありがたく思っています。

  3.  時代が進むにつれて、様々なことが予測できるようになってきています。しかし、今回の東北大震災に関しては、多くの方が犠牲になりました。過去、日本は今回に限らず津波が襲ってきているのは、資料やデーターで残っているのに、大きな被害が出ました。確かに自然災害はいつ襲ってくるか、正確には分からないと思います。しかし、予測をし、対策を練るのは出来ると思います。私たちの祖先も多くの試練を乗り切ってきている結果、今の私たちが存在しています。昔は今のようにコンピューターも無ければ、技術もありません。しかし立派に生き延びてきました。おそらく生き延びてきたのは、最近のブログでもよく書いてある集団がカギを握っているような気がします。

  4. ブログの最後の方にありましたが、7万4000年前頃にスマトラ島で起きたトバ火山の噴火により突然と暗くなり、寒くなりそして食料となるものがなくなっていき、人間もほぼ絶滅しかけていったとありました。そして現代ではその子孫達が繁栄していった事で今では世界60億人とも言われています。ここまで繁栄していったのも争うことはありますが、人間通しが「助け合い」をしてきたからでしょう。昨年の東北大震災の時も世界中の国や団体、個人までもが日本を助けてくれました。人間は本能的に助け合いが必要だということはわかっているはずです。保育園で働く私たちは、子ども達にもその気持ちの大切さを伝えていかなければなりませんね。

  5. 今回の大津波の被害に対するチリのピニェラ大統領夫妻の訪問及びメッセージには胸が熱くなりました。1960年の「チリ地震津波」を私は知りませんが、私の父は消防団の一員としてその津波対応に追われました。実際、九死に一生を得た、そうです。父と一緒に活動していた方から聞きました。今回の大津波によって多くの消防団の方が亡くなりました。他人事ではない感じを受けます。さて、今回ブログのタイトル「災害予測」はこれまでの人類史の中で今ほど可能な時代はなかったでしょうし、今後未来に向かってその予測精度はますます高まっていくだろうと予想されます。しかし、ここには大前提があります。「共生」と「貢献」の精神がなくては「予測」が生かされずに終わってしまいます。科学技術の発達はさまざまな不可能を可能にしていくのでしょうが、互いに協力し合う、互いに助け合って課題を克服していく、という心持がなければ私たちの生存に資することはないでしょう。その意味で、教育力が問われるのです。そして乳幼児教育を担う保育園の在り用が殊の外問われるのです。

  6. 昔から津波というものがあり、それが「tunami」と言われるほど日本ではこの災害に関して経験があるはずにも関わらず、情報が遅れたり、政治的なミスが起こるのはとても残念なことです。自然は時として、人間の想定を軽々と超えていくのを近年の災害で思い知らされます。過去、氷河期が起こった時は今よりももっと極限の状態だったことだと思います。その中でホモサピエンスが生き残ったことにはやはり大きな要因があると思いますし、その要因は人にとって重要なことなのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です