視線

 最近、保護者の間で「おんぶ」がまたはやっているようです。どうも、非常に楽なおんぶ紐があるということらしく、ある数人の保護者から、教えてもらいました。一時、お母さんと赤ちゃんは向き合うほうがいいということで、おんぶよりも抱っこがいい、バギーは、赤ちゃんは前を向くタイプよりも、母親と向き合うほうがいいということで手前を向くタイプがはやり、授乳するときには、赤ちゃんの顔をじっと見て、見詰め合って飲ませたほうがいいと言われていました。

「人間は共食する動物である」ということを、何度もブログで取り上げましたが、この共食という行為での重要な観点は、共食の中で子どもが自然に食行動や食文化、対人関係や自他理解を発達させる環境であるということです。ということは、子どもたちが他の人がするのを見るということで、決して親子が向き合って食べることではないのです。それは、「共同注視(ジョイントアテンション)」というそうで、私は、「共食」と並んで「共同注視を略して「共視」と名づけています。

赤ちゃんは、他人から面倒を見てもらわなければ生きていけません。そのために見てもらえるように働きかけます。外見的にも、思わず面倒を見たくなるような姿や顔つきをしています。その一つが黒めがちであるということがあります。それが、次第に人間は白目ができてきます。それは、視線の方角が人からわかるということです。動物にとっては、獲物を狙うときには、それは不利になるので、大人になっても白目ができませんが、人間には白目ができてきます。ですから、赤ちゃんは、早い時期から母親がどちらを向いているのかを知ることができます。

赤ちゃんは、母親などの養育者などと目と目を合わせ、じっと見つめあうことがあります。赤ちゃんの社会性を研究している東京大学大学院准教授の遠藤利彦氏は、赤ちゃんと養育者などとの目と目を通したやり取りは、見ていても心温まるものですが、実は、赤ちゃんからすれば特に意図してそうしているわけではないといいます。他の人や目や視線の動きに半ば自動的、反射的に応じてしまう仕組みのようなものがあって、それによってコミュニケーションのごく初歩的なものが成り立っていると考えたほうがいいといいます。また、そうしたやり取りは、あくまでもその「見詰め合う」二人の関係の中だけに閉じてあり、自然と気持ちの共鳴が生じてしまうようなものといえるのかもしれないとも言います。

発達心理学の研究では、母子を実験室の中で観察したものであるとしたら、当然、見詰め合うという行為だけが突出して観察できたでしょう。しかし、実際は、生後半年よりも前からすでに、複数の人と同時にコミュニケーションをとろうとするような側面があるということがわかっています。よく、お母さんとお父さんが隣り合って、赤ちゃんのほうを向き話しかけようとしているときなど、赤ちゃんは、たとえば母さんと活発にやり取りしている最中でも、お父さんに時おり、視線や表情を送るようなことがあり、その様子は、まるで3人一緒に会話を楽しんでいるかのように見えるといいます。

先日、オーストラリアのチャールズ・スタート大学の研究チームが発表したものに「赤ちゃんの視線」がありましたが、その研究では、「生後6?18か月の赤ちゃんが洗練された非言語手段を使って友達を作り、互いを笑わせ合う様子」が観察され、「赤ちゃんたちは、視線と手の動作、それとユーモアを使って交流をしている」ことがわかったというものです。

赤ちゃんは、ただ、母子で見つめあうことだけが必要なのではなく、複数の人とのコミュニケーションの体験が早い時期から必要であるということのようです。