警戒心

 赤ちゃんは、生まれて間もなくでも、隣で寝ている赤ちゃんが泣いていると、それにつられて泣き出し、泣き声の大合唱になることがあります。また、親がイライラしたり、不安になったりすると、その気持ちが赤ちゃんに伝わることがあります。先日の2月22日AFP通信によると、「まだ話すことのできない赤ちゃんも、相手をからかったり、友情を結んだりする方法を知っているとの研究を、オーストラリアのチャールズ・スタート大学の研究チームが発表した。」というニュースが流れました。その記事には、こう書かれてありました。

研究チームは、保育所の赤ちゃんたちの頭部に小型カメラを装着し、他の赤ちゃんとどのように交流するかを2年間研究した。赤ちゃんたちにはカメラの装着を強要せず、1回の装着時間も10?15分ほどだったという。こうして収録された映像には、生後6?18か月の赤ちゃんが洗練された非言語手段を使って友達を作り、互いを笑わせ合う様子が映っていた。同大学の幼児教育学教授、ジェニファー・サムション氏は、この研究から、スプーンでさえも特大サイズ見える「赤ちゃん目線」の世界を知り得ることができたと述べる。

「赤ちゃんたちの社交能力や助け合う能力、さらにはグループに他の赤ちゃんを誘ったりと、赤ちゃんたちのとても洗練されている様子を見て私たちはとても驚きました」と、サムション氏はAFPに語った。サムション氏によると赤ちゃんたちは、視線と手の動作、それとユーモアを使って交流をしているとし、また赤ちゃんたちが「間近で観察しないと気づかないような、ちょっとした社交遊びをしている」という。例えば、相手におもちゃを渡すふりをして最後の瞬間にさっと遠ざけたり、隣り合う子どもいすに座った赤ちゃん同士がふざけて互いの飲料ボトルを取り換え合ったりするなどの遊びが見られた。あるときは、1歳の女の子が、不安気な様子の赤ちゃんに反対側が透けて見える布をそっとかぶせてあげ、赤ちゃんの視界を確保しつつも安心感が得られるよう配慮する姿がカメラにとらえられていた。「私たちが驚かされたのは、これほど幼い赤ちゃん同士で行う遊びについてでした。これを確認できたのは非常に有益です」と、サムション氏は語った。

このような赤ちゃんの行動は、毎日保育園で赤ちゃんと接している私たちは気づいています。しかし、その行為は、赤ちゃんの集団がいる場でなければ観察することができません。ですから、どうも今までは、赤ちゃんのこのような力の研究はされてこなかったようです。どうも、赤ちゃんにとっては、母親との関係だけが大切で、もしくは特定の養育者との関係が大切で、その二者の関係の中で向き合うこと、愛情を確かめることが絶対的なことであることが協調されてきました。オーストラリアでの研究対象は、生後6?18か月の赤ちゃんであり、保育園で言えば、0歳児クラスの子どもたちです。このころは、特定の大人との関係が大切で、徐々に他の大人と触れ合わせ、そこには、特定の人との愛着形成が欠くべからずといわれてきたことに、少し修正が必要であることがわかってきているのです。

どうも、人間の赤ちゃんは、生まれつき、いろいろな人、特に隣の赤ちゃんに興味を持ち、触れ合おうとします。その警戒心の弱さが、赤ちゃんの特徴かもしれません。

警戒心” への5件のコメント

  1. なるほど、警戒心の弱さが赤ちゃんの特徴とも言えるんですね。その警戒心の弱さから生まれる行動は当然集団の中で発揮されるものですが、それは個々に赤ちゃんの調査をしたところで見ることのできない姿であることは間違いないことです。わざわざ研究をしなくてもそうした姿を当たり前のように見ることができる保育園はやはり重要な場所ですし、私たちが発信していかなければいけないことは多いというのが、いつも感じることです。それにしても、からかったりふざけ合ったりしているという表現はいいですね。赤ちゃんの持つ力を信じていなければできない表現だと私は感じました。赤ちゃんがとる行動からどんな意味を見出すか、大人の力が問われているところだと思います。

  2. 赤ちゃんは、録音された自分の声を聴かされても泣き出すことはないのに、隣の赤ちゃんの泣き声につられて泣き出してしまう。赤ちゃんの感情は伝染する。もうこんな時期から他人へ共感することができるんですね。たとえば、他人に共感する感情は、次のような時、強く生まれるそうです。

     1.相手と同じ経験をしたことがあること。
     2.相手と自分が似ていること。
     3.相手をよく知っていること。
     4.自分自身の気持ちに敏感になること。

    ということは、赤ちゃんは、同じ赤ちゃんを集団の仲間と認識していて、仲間の泣き声を聞くと、自分が悲しかったことを思い出して泣いてしまう?でも、こんなことを発見できるのは、赤ちゃんを集団性を理解し見守る環境にあるからですね。母親と同じように、1対1のやってあげる保育をしていてはわからない。

    母親の細やかなスキンシップや母親中心の愛情豊かな子育てこそが、子どもの安定した情緒の形成に大事だ、というのがこれまでの保育の世界での大原則でした。しかし最近、このことに様々な研究者から疑問の声があがっています。京都大学の正高教授は、ニホンザルの母ザルの関わり方によって、子ザルの発達に違いがあることを見つけています。

    <群れの中で食料資源の豊かな場所を独占した高順位の母ザルは、誰にも気兼ねなく採食し、子どもと長時間スキンシップを行う。子どもは、手厚く保護されるので、ほとんど母ザルの周辺を離れず成長する。かたや順位の低い母ザルは、自分より順位の高い個体が群れの中に大勢いるので、逃げ回ったり、時には毛づくろいをして機嫌を取ったり、社交に忙しくて、子育てに時間が取れない。いきおい、低順位の子ザルは、置いてきぼりになる。それはしばらくは当事者の子ザルには不幸だが、サルの思春期である4?5歳になって、高順位の子よりもより社交的に育つのだ。昨今の日本の親子関係とは、母親が何不自由なく思うがままに密着した状態で養育を行ったため、かえって子どもの社会化に悪影響を及ぼしているという点で、順位の高いニホンザルと類似している。>(『ケータイを持ったサル―人間らしさの崩壊』)

  3. 私たちは、お互いにコミュニケーションを取る場合、言葉という道具を使います。赤ちゃんは、まだ言葉を使う事は難しいです。大人に何か伝えたい場合、泣くという行動で伝えます。赤ちゃんは、そうして大人とコミュニケーションと取っていますが、目の前で過ごしている、他の赤ちゃんと一緒に遊んでいる姿を見ますが、その子たちは泣いて遊んでいるわけでもないし、言葉を発しているわけでもありません。笑顔を見せながら遊んでいます。私たち現場は、赤ちゃん同士が一緒に遊ぶ風景は、当たり前のように見ていますが、ブログに書いてあるように、赤ちゃん一人の研究はされていても、集団という研究は今までされていなかったのですね。ただ、私は人見知りの為、初対面の人と出会うと、打ち解けるのに時間がかかりますが、赤ちゃんは何度も会っているかのように、すぐに関わろうとします。それも赤ちゃんの特徴であり、優れた能力かもしれません。

  4. 「特定の大人」・・・これには私もずっと違和感を感じています。私の経験を書きますね。私は生まれてから物心ついたその後も実に様々な人たちの中で暮らしてきました。父母兄弟はもちろん、祖父母叔父叔母、父のお弟子さんたち、近所ののんべいのおじさんたち、従兄やはとこ、我が家に来るお客さんたち・・・きりがあらりませんね。私はおかげで皆に愛されて育ちました。「特定の大人」から「担当制」といって一人の先生に三人の赤ちゃんとか、「ゆるやかな担当制」で数人の先生たち、・・・これでは赤ちゃんたちは自分の世界を形成できませんね。私のような「担当」になれない大人が関わってもいいと思います。そして何よりも大切なことは発達が同じ、ちょっと違う、そういった子どもたちの世界が保障されることです。私は生まれてから物心つく頃もその後も発達の同じ、ちょっと違う従兄はとこ近所の子どもたちと遊んでいました。知らず知らずのうちに人類の一員として当然のことをしていたのですね。園に集う子たちにも同様のことを保障することが私たちの使命だと思います。

  5. 最後の文章に出てきた「警戒心の弱さ」という部分は正に太古の昔から赤ちゃんというものが集団の中で「大切に」育てられた存在というのを物語っているように思います。今まで言われてきた通説が覆されることが多く、今の社会の中でどういったことが子どもたちに求められているのか、その中でどういった環境を用意すればいいかというのをとても考えさせられました。意外と大人の援助と言われているものは赤ちゃんにとっては不要の部分が多いのかもしれませんね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です