真の優秀さ

 最近、日本の貧困率、子どもの貧困率が話題に上ることが多くなりました。それは、自分たちでは一億総中流意識でしたので、そんなに貧困率が高かったのかという驚きもあると思います。また、東大など高学歴と、その家庭の収入との関係も取りざたされています。また、出世と、親の収入との関係も言われていますが、それは、必ずしも悪いことではないようです。なぜかというと、海外では、出世が主にコネや出自に左右されることが多いのに対して、日本は、能力主義により忠実であるということが研究者によってわかっています。ですから、裕福な家庭出身の子どもは、統計上、あまり裕福でない子どもに比べてより給与の高い職に就きやすいのは、日本では社会的コネというよりも、子どもへの教育への投資が多いためであると考えられているのです。

 最近、少し変わってきましたが、日本独特の風潮があります。それは、一般的に、人々は学校や大学卒業後に入社した同じ会社で生涯働き、通常、会社に就職する前に通った高校や大学に応じて、特定の企業に雇用され、通う高校や大学は、生徒の入学試験の結果に完全に基づいているというようなことは、日本以外の国では非常に珍しいようです。

 ですから、日本の母親は、子どもの教育をどれだけ支えたかによって、成功かどうかを判断されるとOECDから出されている「「PISAから見る、できる国・がんばる国」という報告書に書かれてあります。そして、母親は、まず息子や娘が入った高校によって、次に子どもが入学を許された大学によって判断されるといっています。ですから、これも最近は変わってきたものの、未だに日本の母親は、西洋諸国の母親と比べると、家の外で働くことが少ないのは、日本の母親が子どものために犠牲になることをどれほど社会から求められているか、見返りに、子どもは学校でよい成績を上げることを求められるかということがあるからだといいます。

 しかし、日本の出世は能力に応じて、試験の結果で決定されていますが、それは、必ずしも、役に立っていないといいます。それは、日本における試験は、分析的な思考や創造力、イノベーション能力よりは、むしろ、暗記し、事実を積み上げ、手順を習得することを重視しているからです。それなのに、どうして相変わらず試験によって能力を測るかというと、日本では、雇用側が関心あるのは、応用力、学習能力、懸命に働き、困難に直面してもやり通す能力に関心があるからだと言います。そして、志願者が賢いかどうかだけではなく、自らの知性で対処できるかどうかを知りたがっているからだといいます。

 多くの国では「学び方を学ぶこと」の重要性が話題になるのですが、日本では、そんな話題を超えてそれがなされており、「学び方を学ぶこと」を中心に教育システムが構築されていると分析しています。要するに、日本の教育事情は、社会的、社会的背景から見ると、以下の3点にまとめられるといいます。1、一貫した能力主義社会においては、高校入試と大学入試が、日本の社会で高い地位を得るために道となっている。2、試験でどれほどの成績をあげるかは、生まれ育った知性よりも、一生懸命勉強したことに左右されると、日本人は広く信じている。3、試験に合格することは、個人だけでなく、母親や家族、先生の問題であり、この援助の集まりは、失敗の責任を共有し、成功への圧力を生み出している。

 これらの背景が、日本の優れた成績の原因であるとしています。ここまでの報告書の分析を読んでいくと、現在の日本における優秀な成績は、果たして未来につながる優秀さなのであろうか、また、この優秀さを持続するためには、今までの教育システムの見直しが必要である感を強くします。そして、何よりも、欧米諸国が取り組んであるように、日本でも根本的な問題である乳幼児教育からの教育のあり方を考えていかなければならないと思います。

真の優秀さ” への5件のコメント

  1. PISAの成績世界一のフィンランドも、ある意味かなりの学歴社会である。しかしその意味合いは日本と違う。出身校の名前や偏差値よりもどこで何を勉強したか、その中身が問われる。知識力を問う教員試験や司法試験などの資格試験がないぶん、「そこで専門的な勉強した」イコール「資格あり」とみられる。職場でも即戦力を求められるので、大学の名前よりも、専攻や経験がものをいう。

    フィンランドでは、高校は入試が無く、内申書で入れる。その代り、全国共通の高校卒業試験で一定の成績を取らないと卒業できないし、その試験結果は大学入試にも影響する。大学入試では、これから専攻したい分野の専門知識が問われる。学問する目的意識がはっきりしていないと入学できないシステムだ。だから、ほとんどの学生は、修士まで熱心に勉強する。

    フィンランドの試験は、日本でよくある穴埋め式や選択式ではなく、基本的には論述式。「フランス革命について述べよ」といった調子で、幅広い知識と論理的な思考力や書く力が要求される。だから、高校や大学の授業も、知識注入型ではなく「学び方を学ぶ」リテラシー教育が中心である。授業時間が短いのに、PISAで好成績をとれる秘密がここにある。

    フィンランドは、いわゆる高福祉高負担の福祉国家なので、大学まで教育費は無料である。だから、親の経済力に関係なく、向学心のある子は安心して学べる。勉強以外に興味のある子は、職業専門学校に入る。「みんな違ってみんないい」のだ。親の期待や学校の対面よりも、大事なのは子ども自身の未来への意志が進路を決める国である。

  2. 「試験に合格することは、個人だけでなく、母親や家族、先生の問題であり、この援助の集まりは、失敗の責任を共有し、成功への圧力を生み出している。」というのは怖い話だなぁと感じてしまいました。ある道に乗るために、個人を含めた周りの方が一定以上の圧力を感じる可能性があることは、果たしてその個人にとってメリットがあるのかどうか考えてしまいます。例えばリヒテルズ直子さんがオランダの教育について盛んに発信されていますが、個の価値観をきちんと築いていくことがまず大事に、というかそれこそを大事にしていることが伝わってきます。その育ちが優秀(という言葉を使う必要はないと思いますが)ということになっていって欲しいと思っています。個の習熟、社会を形成する個としての習熟という点は、乳幼児教育から大事にしていかなければいけないことですね。

  3.  タイトルの「真の優秀さ」この言葉を聞いただけで、色々と考えさせられます。少し前までは優秀な人というのは、学校の成績は常に上位、そして大学も誰でも知っている有名な大学に入学し、就職先も一流企業に就職している人を優秀な人と思っていました。しかし藤森先生の話し、ブログを読んでいくと、果たしてそれだけが優秀なのか?と思うようになります。今回のブログに書いてあるように、日本の試験は暗記、手順、反復問題などをどれだけ多くやったかで判断されています。確かにそれだけの努力をして試験に合格したのは評価は出来ると思いますが、それが果たして社会に出て役に立つか?と言われると、素直に「はい」と答えるのは難しいと思います。海外が乳幼児教育の在り方を見直しているように、日本でも赤ちゃんからの育ちを見直すの必要があると思いますが、それはいつのことでしょうか・・・。

  4. 学校の成績が良かったり、偏差値の高い高校、大学に入ったりして「あ?あの人は優秀だ」と言われるときの「優秀」と、何か素晴らしい、あるいは難しいことをし遂げた時に賛辞として贈られる「あ?あの人は優秀だ」の「優秀」とはそもそも違うような気がします。学校の成績が良かったり、偏差値の高い高校大学に入ったから「優秀」というのは、そうですね、優秀賞、努力賞、みたいな、何か相対的で薄弱なものを感じます。一方、素晴らしいことをやり遂げた時の「優秀」、ちょいと近寄りがたい感のある「優秀」がありますね。これからの世界を創り上げる「優秀」は後者でしょうね。「真の優秀さ」とは、「学校準備型」ではなく「生涯学習型」を志向した先にあるような気がします。少し前までの日本には江戸時代から引き継がれた「生涯学習型」気風がたくさん存在していたように思われます。それこそが「変えてはならないもの」なのではないでしょうか。

  5. 自分自身、大学入試などで勉強というものに縛られていたものですが、どうも暗記という作業があまり好きではなかったですね。日本では、「この問題にどう考えるか」というものよりも「この問題の解き方を知っているか、または覚えているか」という問題が多かったように思います。今考えると問題も試験を受ける立場にとっては能動的に問題に向き合うかというと、その反対で実に受動的に問題に向き合っているように思います。確かに覚えることや「こなす」ことは必要ですが、社会の求める応用力というのはつきにくいように思います。「真の優秀さ」というものがどういうものか、改めて考えさせられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です