旭川

 今週はじめの月曜日から今日までさっぽろ雪祭りが開催されています。大きな雪像は、毎日、テレビで放映されていますが、この雪まつりは、1950年に、地元の中・高校生が6つの雪像を大通公園に設置したことを きっかけに始まったそうです。寒い地域では、冬の楽しみにいろいろと考えるものです。同じ北海道の旭川でも、札幌で柱高校生が雪像を作った4年前の1946年、当時旭川警察署では交通安全のため道路の除雪を奨励しましたが、たくさんの雪の山の処理に困っていました。その時、当時の観光協会会長佐藤門治が郷土出身の彫刻家 加藤 顕清氏の助言を得て、雪像を芸術化することに気づき、これを提案したのが旭川冬まつりの発祥といわれています。そして、途中中止されていたのを1959年、秋に祭りをやろうとの声が上がり、翌年2月に現在の冬まつりのスタートである「第1回旭川冬まつり」が開催されています。

昨日、たまたま旭川で研修会があったのでその前日この「旭川冬まつり」に行ってきました。この冬まつりは「雪と氷とあかりの祭典」としてギネスにも認定されているそうですが、大きく二種類の企画があります。それは、世界最大の雪像と氷彫刻世界大会の作品です。氷彫刻世界大会は、氷彫刻の大会としては、日本国内で唯一実施される公式国際大会だそうで、夜はそれぞれの彫刻像がライトアップされ、昼間と夜に見に行ったのですが、買物公園会場は幻想的な世界でした。
雪像会場では、タカラトミーとの協力により、トランスフォーマーがテーマです。そこで、今年の大雪像は、「トランスフォーマー」に登場するメインキャラクター“オプティマスプライム”で、その上から大滑り台が創られていました。この「トランスフォーマー」は、もともとは株式会社タカラが「ミクロマン」や「ダイアクロン」などの変形合体玩具を“同一の世界観をもったもの”として再編成した、“日本の玩具発”コンテンツで、それを映画界の巨匠スティーブン・スピルバーグ氏が絶賛し、映画にもなりました。その映画のパート3を私はドイツに行く飛行機の中で見たのですが、正直、内容は意味がわかりませんでしたが、「ロボットが身の回りにある、ありとあらゆる物体に自由自在に変形し、潜んでいる」という唯一無二のコンセプトや、自由自在に変形することができる超ロボット生命体が宇宙を舞台に戦う壮大なストーリーは、世界130以上の国と地域で人気があるようです。
旭川といえば、もう一つ、旭川ラーメンが在ります。札幌ラーメンの味噌、函館ラーメンの塩、それに対して旭川ラーメンは「醤油ラーメン」が基本です。旭川市ではかつて養豚業が盛んで、廃材となる豚の骨を活用する為に豚骨スープが考え出されたのですが、豚骨特有の強い臭みを消し、なおかつ風味を加えるための工夫として煮干や昆布類を併用するようになったそうで、このダブルスープで独特のコクを生み出しているのが人気があります。この旭川ラーメンの直接的な原点となったのは、戦後間もない1947年(昭和22年)にラーメン専門店として創業し、現在まで続いている蜂屋と、同じ年に屋台から始められた青葉の2店ですが、この蜂屋でラーメンを食しました。このラーメンは、スープともう一つポイントがあります。旭川の冬はとても寒く、その冬に体を温め、スープに甘み・まろみを与えると同時に、表面に膜を張り、熱を閉じ込める「ラード」が加えられています。Wスープとラードが旭川ラーメンの特徴です。そのなかに中太の縮れ麺、麺は加水率の低さが特徴です。
 私が食べた「蜂屋」は、もともとは、ハチミツを使ったアイスクリームやうどんも出す店だったようですが、やがて評判となったラーメン一本で勝負することにしたそうで、屋号はこの蜂蜜からとってあるそうです。

旭川” への6件のコメント

  1. 雪祭りもラーメンも、どちらも魅力的ですね。特に雪祭りは、一見不利にも思える環境を逆に利用し、しかもそこに楽しみを生み出したという点で興味があります。たくさんの人を魅了し続けているということは、やはり雪祭りや冬祭りは素晴らしい内容なんでしょうね。北海道へは一度も行ったことがないため実際には何も体験していないのですが、冬の寒さを少しでも快適に過ごすための工夫はあれこれ耳にしています。ラーメンに加えるラードもいいですね。寒さの厳しい北海道でなければ生まれなかったモノや発想や、冬とか寒さというもののひと味違った捉え方に、いつか触れてみたいと思っています。

  2. 藤森先生、お忙しい中、極寒の旭川においでくださりありがとうございました。
    旭川冬まつりの歴史や、旭川ラーメンの特徴など、初めて知りました。
    どうぞ、これに懲りずに、次回は暖かな時期においでください。お待ち申しあげております。ありがとうございました。

  3. 旭川は、日本一寒い所ですね。記録では、『1902(明治35)年、日本の最低気温の公式記録・-41.0℃を観測した』とあります。吐く息も凍りつきそうな寒さです。今年は雪も多いようですね。

    雪と言えば、文部省唱歌『雪』の歌詞「雪やこんこ 霰やこんこ」ですが、「こんこん」でなく、「こんこ」となっていますが、一説では「来む此」(ここに降れ)がなまったともいわれています。ところが、この歌に先立つこと10年前の明治34年、幼稚園唱歌「雪やこんこん」が滝廉太郎作曲で発表されています。

           「雪やこんゝゝ」 作詞:東くみ 
                    作曲:瀧廉太郎

           雪やこんこん、あられやこんこん
           もっとふれふれ、とけずにつもれ
           つもった雪で、だるまや燈籠(とうろう)
           こしらへましょー、お姉様

    こっちは、「こんこん」。「来む来む」(降れ降れ)の意味だそうです。でもちょっと歌詞が幼いですね。ひょっとしたら、この曲が基になってのちに「雪」が生まれたのかも。余談ですが、滝廉太郎には、明治33年に作った組曲「四季」の中に、冬の曲として「雪」というのがあります。(ちなみに春の曲は有名な「花」です)

           「雪」
           詞:中村秋香
           曲:瀧廉太郎

           一夜のほどに 野も山も
           宮も藁屋も おしなべて
           白金もてこそ 包まれにけれ
           白珠もてこそ 飾られにけれ
           まばゆき光や 麗しき景色や
           あはれ神の仕業(しわざ)ぞ
           神の仕業ぞ あやしき

    若き滝廉太郎会心のオペラ風の洋風歌曲です。明治という創世記の息吹を感じさせますね。
    http://www.youtube.com/watch?v=Os7tLqcQRag

  4.  雪祭りは、この時期になるとよくテレビで見ます。いつか行ってみたいと、テレビでみる度に思います。ただ雪祭りと聞くと札幌を思い浮かびますが、旭川でも雪祭りが開催されているのですね。今回はトランスフォーマーを題材に雪像を作製したそうですね、映画で見た事があるので、機械の細かい部分まで再現するのは難しかったと思いますが、見事再現されているのではないでしょうか。また旭川はラーメンですね。北海道自体、旭川の他に札幌、函館のラーメンも有名ですね。札幌は味噌、函館は塩だと思いますが、旭川は醤油、見事に分かれていますね。そんな旭川ラーメンは北海道の寒い時期に体を温めるために、ラーメンの表面にラードを張って熱を閉じ込める。またスープとラード混ぜた後でも油が冷めにくい分、温かいラーメンが少しでも長い時間が食べられると思います。北海道ならではの工夫ですね。雪祭りもそうですが、邪魔だと思った雪でも、雪像を作って飾る事で有名になり、一種の町おこしになります。地域の特徴を活かした祭りと食事は大切ですね。

  5. 札幌の雪まつりは知っていましたが、旭川の「雪と氷とあかりの祭典」は初めて知りました。掲載の写真から夜の幻想的な雰囲気が伝わってきます。寒さは伝わっては来なかったですが、夜はおそらく氷点下の温度だったのでしょう。「世界最大の雪像と氷彫刻世界大会の作品」とありますからなかなか見応えのある「お祭り」だったことと思います。いつかは見てみたいですね。それから「ラーメン」、おいしそうですね。東京にも「旭川ラーメン」のお店があります。現地で食べるラーメンの味はまた格別でしょう。「ラーメンの蜂屋」、覚えておきましょう。今回のブログには「旭川ラーメン」誕生の秘話?が紹介されておりますが、こうした背景を知って食べるとまた違った味わい方ができるのだろうと思いました。

  6. 旭川でも雪祭りがやられているんですね。よくテレビでやっているのを見ますが、毎回とても圧倒される雪の彫像が見られ、一度は見てしたいものです。旭川のものは、世界最大の雪像と氷彫刻世界大会の作品ととても見応えがありそうですね。今回出てきた、トランスフォーマーは映画がテレビでやっていたのを見たことがありますが、CGがすごく内容よりもその機械の動く様を見た印象がとても残る映画だったのを覚えています。その雪像はなかなかすごかったでしょうね。
    北海道のラーメンは色んなところで食べれますね。私は札幌ラーメンは食べたことがありますが、旭川ラーメンは食べたことがないです。北海道のラーメンはだいたいはバターが入っているものが多いですが、その熱を逃がさないために入れているんですね。その土地土地で、食べ方の工夫が見られるのはとても面白いですね。一度食べれるところを探してみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です