変化という発達

京都大学霊長類研究所の研究は、毎回驚かされます。よくも、人間と同じようなことをするものだと感心します。以前のブログでも書きましたが、遺伝子の99%は人間と同じですから、当然といえば当然です。しかし、同時に、違っている1%の大きさにもびっくりします。たった1%で、こんなにも違うものだということ、また、その違いがどのようなものなのかを考えさせられます。最近の報道で流れた実験は、隣の檻にいるチンパンジーが欲しがる道具を渡す姿です。しかし、人間と違うところは、先を読んで、推測しては渡さないということです。頼まれなくとも、やってあげるのは、人間の特徴なようです。

そんな人間の他の霊長類と違うところは、どうやって進化していったのかということが研究されているのです。このようにヒトとサルの違いがあるのですが、ヒトも含め、サル、チンパンジー、ゴリラといったいわゆる霊長類といわれる生き物の仲間は、赤ちゃんのころはとても似ているということが知られています。それが、大人になるとずいぶんと違ってきます。しかし、それぞれの種で、その姿かたちや行動の性質などについて、赤ちゃんのころと大人になってからの特徴をいろいろと比較すると、ヒトは、概して、その差が最も小さいのだそうです。つまり、ヒトは、子どものころの特徴を多く残したまま発達し成熟するというちょっと変わった特質を持っている種だということになります。それは言い換えると、私たちヒトは、大人になっても子どもっぽさが残っているということです。こうしたと気質を専門的には幼形成熟(ネオテニー)といいますが、なぜヒトに備わったかについてはいろいろと議論されています。

東大大学院准教授の遠藤氏は、なぜ備わったかということについてこう考えています。「子どもっぽい姿かたちというよりは、子どもとしての心、あるいは子どものような心が、ヒトが、進化の舞台において生き残り、適応するのにとてもプラスに働いたのではないか。ここでいう子どものような心とは、たとえば警戒心や攻撃性が比較的弱く、人懐っこくて、すぐに仲間と打ち解け、無邪気にじゃれあえるというような気持ちの性格です。」

生き物は、生きていくうえで、生き残るための特性を備えるように進化していきます。そういった進化の過程で、私たち人類は、大人になってもなお弱々しい子どもっぽい身体の特徴が残っているというのは、なぜでしょう。子どものような心を長く持ち続けることで私たちヒトに何が可能になったのでしょうか。警戒心や攻撃性が弱いままでいることは、他の生き物との関係では不利になります。

他の生き物との関係では不利な特徴が、同じ人間同士の間では、他の仲間との関係や集団の和を保ち、常に仲良く協力しながら行動できるようになることを意味していると遠藤氏は考えています。関係や集団を形成し維持するには、まさに子どものように警戒心や攻撃性が弱いほうが圧倒的に有利だったのです。一人はどんなに弱くても、相互に気遣いながら集団を成していれば、一人ひとりが単独で攻撃や防御をなしうる力よりも優れます。

 発達は、右肩上がりに成熟していくことだけでなく、遺伝子を子孫に残すために、有利に変化していくということがわかります。それは、一人のヒトの一生における発達においてもそうであり、人類の進化という面から見てもそうであるように思えます。

変化という発達” への5件のコメント

  1. やはり人間は集団を形成することで弱いところをカバーし合って生きてきたんですね。警戒心や攻撃性が比較的弱いというのはそのためだというのも、どちらが先なのかわかりませんが、それが人間の特徴であることに違いはなさそうです。その点にずっと触れてもらっていることで私自身もそのことに意識を向けることができているわけで、今度はその視点を他の人にも届けていくという作業も必要です。一見強く見える人なんかは、よくよく見てみると周りの人との関係を上手く築いていることが多いように思います。自分の弱いところを素直に表現し、そこは他者とカバーし合う、そして他者に対しても同じようにカバーする、そのようにしている人は凄く生き生きと活動しているように感じてしまいます。全ての人がそのようにというのはなかなか難しそうですが、やはりそれが人が目指すべきというか自然なあり方なんでしょうね。

  2. ホモ・サピエンスの宿敵であったネアンデルタール人は、氷河期の北ヨーロッパに住み繁栄した。彼らは極寒の過酷な環境で生きるために、「早く成長して早く老化する」体質を持っていた。屈強な体格でかなり獰猛な性格。警戒心が強くあまり群れで行動しなったともいわれる。それとは正反対に、赤道直下のアフリカで暮らしやすい生活に慣れたホモ・サピエンスは、ゆっくり成長して長生きする遺伝子を育んだ。これが「ネオテニー」。ところが、一部のホモ・サピエンスの一団が、アフリカを離れ遥かなる旅に出た。そして、次第に勢力を拡げ、ネアンデルタール人と激突。ハードパワーに勝るネアンデルタール人を打ち破ったのが、仲間と力を合わせて戦うという「協同の力」と飛び道具としての「矢じりの発明」だったといわれています。ネオテニーによって、高い知能を獲得できたことが、ホモ・サピエンスが生き延びられた最大の要因です。

    文化人類学者の梅棹忠夫先生が、『情報の文明学』の中で興味深いことを語っています。

    <私は、人類の産業史の三段階を、農業の時代、工業の時代、精神産業の時代の順に発展してきていると考える。それぞれの時代は、有機体としての人間の機能の段階的な発展とも考えられる。農業の時代は、人間は食うことに追われている。発生学的概念でいえば、消化器官系の機能充足の時代ともいえる。第二の工業の時代は、物とエネルギーの生産である。より一般的に言えば、筋肉系器官の機能の拡充である。そして最後は、精神産業(情報産業)の時代。これは、当然、脳神経系であり、感覚器官である。>

    赤ちゃんも、まず「食べる」ことを覚え、次にハイハイしながら「運動する」力を身につけ、そして「見たり」「聞いたり」しながら、次第に考えたり話したりできるようになります。人類の産業の移り変わりと赤ちゃんの発達は、どうやら同じ経過をたどるようです。これってかなりな大発見では?

  3.  人間とチンパンジーの遺伝子が1%しか違わないのに、こんなにも違うのは驚きます。人の気持ちを察して、必要な時に手を貸してあげる行動。当たり前のように思いますが、それが、ヒトとチンパンジーの違いと思うと、感慨深いものがあります。このことを考えながらブログを読んでいくと、まず、相手の気持ちを推測し、助けるには、その相手が何をしたいか?そして、相手の考えている事を理解しないと手助けはできません。その場合、相手がどんな人か知る必要があります。相手と関わり、その人の性格など理解すれば自然と分かるようになってきます。また初対面の人と一緒に仕事する場合も、相手に気遣いながら始めると思います。その中でお互いを知り、少しずつ打ち解けると思います。それは、ブログにも書いてあるように、「子どもっぽい心」これが重要になってきます。集団という大きな武器はこれから、もっと大切になっていきます。集団を形成していく能力の一つには「子どもっぽい心」なのですね。

  4. サルとヒトの遺伝子が99%同じ、ということは、正直言って、信じられません。そしてたったの1%だけで、ヒトはヒトを客観化して、あーでもない、こーでもない、と自分たちのことを恰もの第三者について論ずるが如く論じます。進化の妙、もうこうなると神業の世界です。「幼形成熟(ネオテニー)」、覚えておきたい語です。私はもういい年なのですが、私の知りたい病はこれはもう不治の病の領域です。ありとあらゆることを知りたい、おそらく子どもと一緒かも・・・。日々発見だらけで楽しいですね。子どもも同様でしょう。「警戒心や攻撃性が弱い」ところは現在の私も一緒です。ですから、一人では何もできない。誰かと一緒でなければダメですね。「利己的な遺伝子」、これが私たちの遺伝子だそうです。生き残るために互いに協力する。攻撃的であったり闘争的であったりする遺伝子ではないようです。私たち人類の遺伝子の特性から「教育」ということを考えないといけないような気がしますね。

  5. 遺伝子を子孫に残すための 遺伝子が他の霊長類と違うというのはなんとも興味深い話ですね。しかし、そう考えると今増えている「引きこもり」やコミュニケーション能力の低下という問題はとても危険なことですね。それだけ、社会が広く、そして、複雑化してきたのだと思いますが、それにしても危険なサインですね。今の社会で保育園や幼稚園などの保育機関はそういった時代の変化を受けてもっと時代にあった保育を繰り広げなければいけないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です