人間

生物は、長い地球の歴史の中で、生き残るための宿命的な戦いが行われてきました。それは、地球上に起こる気候変動との戦いです。その戦いに敗れ、その種が滅びてしまったものも少なくありません。恐竜といわれる生物は、あれほどまでに地球を制覇し、我が物顔で歩き回っていたのが、全滅してしまったのも、地球上で起きた自然災害だったのです。人類においても、ポンペイの遺跡に見られるように、繁栄を極めた都市でさえ、気候変動のために壊滅してしまったのです。気候変動と人類の進化の相克の中で、人類のあまりにも小さい存在と、逆にその中を生き抜いてきた私たちの祖先の偉大さを感じざるを得ません。

この小さくて、偉大な人類の受け継がれてきた知恵は、どのようなものであったか、そして、それは、基本的に生きていくうえで必要な力であり、次の世代に伝えていかなければならない責任があるのです。このような観点から、もう一度「教育」というものを見直し、生まれながら子ども達はどのような遺伝子を持って生まれ、それをどのように上手に引き出していかなければならないかという観点から「乳幼児教育」を見直す必要があると思います。そして、このような力を引き出していくという点では、誘導的であり、意図を持ったものです。しかし、それは、子どもを誘導しようとすることでもなく、子どもを大人の意図で動かすことでもないのです。ヒトは、とても社会的な生き物であるといわれますが、それは、ある環境におかれることによって引き出されていく力なのです。

先日、ある人と発達について議論しました。私は、常々、発達というものは年齢によって発達していくのではなく、生涯において、どのように変化していくのかという捉え方が必要であると思っています。そして、環境がその変化に影響をし、変化の様子を変えてしまうのだと思っています。それは、ある発達が現れる時期を前後させたり、発達の現れ方も変えてしまうことがあると思っています。そのときに、その人は、「そうは言っても、やはり概ねある年齢における発達というものはあるのではないか?」と言いました。

私も、以前は、発達には大きく分けて二通りあり、身長が伸びるとか、右肩上がりで発達するものもあると思っていました。しかし、最近は、多くの子どもに見られる、ある年齢における発達は、それまでの環境の中に置かれている年数のことであり、その環境は、人が生きていく上で自然なもので、空気を吸い、日の光を浴び、動き回ることのできる空間があり、そして何よりも人と関わる機会が多いという環境で、何年くらい過ごしたかが、年齢に比例しているだけのような気がしているのです。日も当たらず、人とも接することもなく、動き回ることもできない環境、一時「監禁」された子どもたちが話題になりましたが、その子たちは、身長でさえ、いくら年齢がいっていても正常には発達していなかったのです。

どのような環境が、人類にとって心地よかったのか、あるいは、生きていくうえで都合がよかったのでしょうか。きれいな空気が流れ、新鮮な水が沸き、温暖な気候で、食べるものが豊富にあり、敵に襲われる危険性が少なく、ある人数の集団があるということが条件だったでしょう。気候変動がなければ、そのような場所を見つけてそこに住めばいいのです。そこは、ガードされたエデンの園ということで「ガーデン」だったのです。しかし、自然は、そんなに甘くはありません。人を進化させるためにさまざまな試練を与えます。しかし、人間もそんなに弱くありません。その試練に立ち向かい、多くが滅びていく中で、私たちの先祖である「ホモサピエンス」は生き残っていき、次第に「人間」になっていくのです。

この壮大なドラマが、NHKスペシャル「ヒューマン なぜ人間になれたのか」によって描かれていました。

人間” への5件のコメント

  1. 誰と議論されたのかが少し気になりましたが、そんなことは内容とは関係ないので置いておきます。ある環境に置かれることで力が引き出されていくというはとてもよく分かることで、特に大事なのは他者がいることとか、主体的に活動できるかどうか、その辺りではないかと思っています。理想の環境からは少し離れていたとしても、どんな行動を選択するかの自由があることで、その辺は克服できるのではないでしょうか。いつものように話はそれていきますが、人間が生きるということは本当にすごいですね。そこを見ることなく子どもに何を教えるかと考えることは、どれだけの意味があることなんだろうと思ってしまいます。いかに生きるか、そんなことも考えながら乳幼児教育のあり方を見続けたいものです。

  2. クイズです。
    3月1日生まれの人が、年齢が一つ増えるのは何日でしょう?
    答えはその前日。2月28日のこともあれば、今年のようにうるう年は、29日になる。

    私はこれまで誕生日に歳を取ると思っていましたが、実は前の日の終了時24時だったんですね。「年齢計算ニ関スル法律」が準用する民法の規定で決まっているんだそうな。だから4月1日その日の23時59分59秒に生まれても、法的には、31日の夜中24時に生まれたとみなされ、年度を越えて、上の学年に編入されるんだ。生まれてからの正確な時間ではなく、法律が便宜的に年齢を規定している?保育でその年齢に頼りすぎると子どもの発達が見えなくなるわけです。

  3.  私達人間がどういう過程で生き延び、今までどうやって進化してきたのか?最近のブログを読みながら考える事がありますが、私の頭の中ではまだまだ理解できないです。ただ、今回のブログを読んで感じた事は、つくづく「環境」という物は人間にとって、とっても重要な物だと思いました。保育園で環境を考える時は、子ども達がどのような遊びに興味があり、落ち着いて過ごせるか?また、自立をしていくにはどんな物が必要で、どういう関わりが必要か?色々と考えます。ブログに書いてある「監禁」された子ども達は、身長はもちろん、発達もままならなかったと聞くと、大きくなるにつれて自然と成長するというのは、違うかもしれませんね。「人間」になっていく。当たり前のように人間としてこの世に生まれてきますが、人間の持つ特徴を引き出せるような環境が必要な気がします。

  4. 同じ生年月日を持つ者同士が同じに発達していくわけがないことは自明のことですね。「発達」と一言で言ってもいろいろなことがあると思います。身長や体重などのように連続して現れてくるもの、微細運動や粗大運動などの身体機能は必要な機能がその必要性に応じて現れてきます。言葉はまさに環境に応じて形成されていきます。さまざまな事に対する興味関心探究心はこれまたどんな環境におかれるかで大いに異なってきます。発達を「変化」ととらえるといろいろなことがよくわかってきますね。時系列で捉える、すなわち「年齢」という考え方をもってくると、わかっているようで実はよくわからなくなることがあると思います。寝返り→ズリバイ→ハイハイ→つかまり立ち→立つ→よちよち歩くと並べると時系列である「年齢」とリンクさせてたくなります。しかし、ハイハイは匍匐として大人になってもあり、寝返りだって大人になってもあります、寝ている時。おそらく、寝返りに始まってよちよち歩きまでの身体活動は順序ではあるが連続して起こるというより、次の活動が現れてくるための必要条件として存在する機能なのでしょう。「年齢」に捕らわれていると実に様々なことを見落とすことに結果としてなってきているような気がします。以上のことについてはもっともっと学ばなければなりません。

  5. 人類が本来心地いいとされる環境を考えると保育ということもシンプルになるのかもしれません。人間社会があまりにも複雑になりすぎたために「子ども」という存在を複雑に考えすぎているのかもしれませんね。子どもの存在と発達を考えるといかに環境が大切かというのを常々感じます。その中に人的環境も入っていますが、「援助」というものに偏り過ぎるあまりマニュアルを求めるようになります。そうならないようにするためにも、人間の本来のあり方、本来の心地いい環境を学ぶということは大切だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です