ブランド

 最近の銀座は、大きく変わってきています。それは、西のブランド集積地である「表参道」に対して、東のブランド集積地区としての「銀座」では、続々とブランド店がオープンしています。毎年訪れているミュンヘンにも、ブランド通りがあります。バイエルン州立歌劇場のある広場から延びている「マキシミリアン通り」です。また、イタリアのローマ旧市街の中心にあるスペイン広場にあるスペイン階段の正面に延びる「コンドッティ通り」も、ブランド通りです。この正面には、フェンディ本店もあります。ミュンヘンのマキシミリアン通りは、さほど人が歩いていません。店の中も、なんだか閑散としています。また、ローマのコンドッティ通りには、かなり前に訪れたのですが、そのときは、かなり混雑していました。しかし、多くは、日本人でした。どうも、日本人は、ブランド品が好きなようです。

 最近の、銀座もかなりの通行人がいて、ブランド店には多くのお客が入っています。しかし、最近は客層が変わってきているようです。銀座でブランド品を買っているのは、中国人が多いようです。店の表示も、日本語よりも、韓国語、中国語のほうが目立ちます。
 先月13日付の報道によると、北京市で、世界贅沢品協会(略称WLA)と中国国際貿易促進委員会が主催する10年に一度のイベント「グローバル贅沢品上位100ブランド公式発表大会」が開催されたようです。この大会は、贅沢品業界の「オスカー授賞式」などと呼ばれていますが、世界から集まった約100の有名ブランドの「番付」が発表されます。WLAが発表した過去10年間の中国に関する公式報告をみると、2011年12月末現在、中国ぜいたく品市場の年間消費額は126億ドルに上り(プライベートジェット、船舶、高級車の消費を除く)、世界全体の28%を占めたようです。中国はすでに日本を抜いて、世界最大のシェアを誇るぜいたく品消費国家となっています。

 この消費を目当てに、各国のぜいたく品企業の中国進出の歩みはますます拡大し、世界中の注目を集めているようです。現在の人民元の上昇傾向、ユーロの下落傾向に伴い、国際市場における中国人消費者の購買力がますます高まっており、WLAの予測によると、昨年のクリスマスシーズンから今年の春節(旧正月、今年は1月23日)期間までの中国人の海外でのぜいたく品消費金額は57億ドルに達して、過去最高を更新すると見込んでいます。

 中国人の海外における消費力は、ずいぶんと旺盛のようです。しかし、この中国人の旺盛な贅沢品消費は、先進国をはじめとする世界経済の救世主になりましたが、中国自国の経済にとっては、むしろ大きなマイナス要因であるといわれています。なぜなら、本来、工場の建設や設備の更新、拡大再生産など経済発展に投入されるべき資金は、贅沢品の購入に充てられているからです。しかも、ぜいたく品購入は、所得格差が広がっている証拠です。1人当たりの国民所得は世界100位以下、2010年都市住民の1人当たり可処分所得は1万9109元、農村住民の1人当たり純収入は5919元で、現在の為替レートで計算すると、それぞれ約3057米ドル(22.9万円)と947米ドル(7.1万円)にすぎません。しかも、中国では依然として膨大な数の絶対貧困者を抱えており、その数は農村部だけでも1億2800万人にのぼるといわれています。ということは、富の一極集中が起きているということです。

 少し前に書いた中国におけるプレゼントの考え方ですが、世界一の贅沢品消費国は世界一の汚職大国を創り出す恐れがあるといわれています。そんなことから、贅沢品の多くは官僚が横領・着服した公金で購入されたり、他人から賄賂として受け取ったりするものなのです。ですから、贅沢品消費量の急速な増大は腐敗汚職の度合いが急速に進行していることをも意味しているといわれています。

 かつての日本が通ってきた道である「持てる喜び」を一度は味わいたいのでしょうね。

ブランド” への5件のコメント

  1. かつての日本が通ってきた道である「持てる喜び」、果たして日本はその段階を抜けたんでしょうか?なんてことを言える人間ではないのですが、高級ブランドに触れることが少ない生活をしているのでどうなっているのかはよくわかっていません。それらがゼロになることはないでしょうし、そうなる必要もないと思うのですが、持つことでそれが個人のステータスとなるという感覚だとすると、やはりどこかで変わっていく時がくるんでしょうね。それとは違う価値観を、あまり純粋になろうとせずに自然に持てるようになりたいと思っています。

  2. 中国は、先進国と途上国の二つの顔を持っています。GDPで日本を抜いて世界第2位になったというものの、一人当たり平均GDPでは、世界平均を下回ります。国民全体の生活水準は世界の中レベルにも達していない。また中国の経済・社会の発展には明らかな地域格差があり、経済発展と環境保護の歩みはばらばらだし、所得配分も相当偏っていて、日本で贅沢品を買い漁る人々は一握りの富裕層といえます。彼らがブランド品を好むのは、品質で選んでいるのではなく、高級イメージに金満家のステータスを感じているのでしょう。

    ブランドとは、「焼印をつけること」を意味するbranderというノルウェー語から派生したそうです。放牧している家畜に焼印を押して他人のものと区別したことに由来します。マーケティングの世界では、財やサービスを提供する側の「意志」を端的に表すものとして、文字や図形で具体的に表現された商標でブランドの価値を消費者に訴求することが多いですね。ブランドが認知され、定着すると顧客の安心感を獲得でき、市場で優位性を保つことができます。ファッション業界では、有名デザイナーの名前がブランドになるケースが多いですね。

    考えてみれば、「シュタイナー」や「モンテ」も保育でのブランドといえなくもないですね。保育の質の向上とともに、園児獲得の戦略になってきた一面もあります。幼保一元化の制度改革で、今後保育市場への民間参入も増えてきそうです。安易な早期教育や便宜的な託児サービスを売り物にする傾向が出てくる可能性があります。今一度、保育自体の「質」をいい意味でブランド化して差別化を図る工夫が必要な気がします。日本の伝統文化を生かした実践的なカリキュラム、世界が認めたMIMAMORUこそ日本の保育の最高ブランドとして、もっと世間に知られてもいいと思います。

  3.  東京の銀座は何度か歩いたことがありますが、私には似合わない通りですね(笑)ただ、歩いて色々な店を眺めるのは面白いと思いました。情報番組では中国人が日本の家電量販店やブランド店に行って、大量に購入しているのは、何度も見ました。よくあんなにお金を持っているなぁと思いながら見ています。それだけ中国が発展しているのだと思いますが、真逆の生活を送っている人も中国にいるのは事実です。日本もバブルの頃にブランド品を大量に買ったり、高級な物を毎日食べたり、「持てる喜び」を味わっていたと思います。もしかしたら私も、その時代に生まれていたら、同じような生活を望んでいたかもしれません。結局、そんな物はすぐに終わり、反動が自分に返ってくるのを考えると、自分に合った生活スタイルを見つけることが大切だと思います。

  4. バブルが崩壊した後の日本経済を何とか成り立たせたのは中国経済の飛躍的成長でした。裕福になった中国人の一部は日本にやってきて日本のデパートとで百万円単位でお買い物をするとか、それもブランド品を。東京のデパートはそうした中国人客の呼び込みに必死です。何はともあれ、中国人さま様、と言ったところでしょうか。私が十代の頃は今のような経済成長、アメリカに次ぐ世界第二の経済大国になるなど予想がつきませんでした。ソ連中国は社会主義の国として政治主導、従って、資本主義経済主導のいわゆる「西側」には経済的に対抗できないと思っていました。ソ連は崩壊しましたが、中国は政治体制はそのままで経済は日欧をしのぐ勢いです。しかし「奢れるものは久しからず」でしょう。次の中国はどうなるのでしょう。観ていきたいと思います。

  5. 最近の中国が経済大国になってきているいうニュースをよく聞きますね。また、日本での電化製品の購買力も相当なものであるというのを聞きました。日本に来るほどでしょうから、お金は持っている方が多いのだと思います。以前、大学にいた時も日本にいる学生のほとんどは裕福な家庭の人たちだというのを聞きました。しかし、その反面、首都や先進都市以外の部分ではまだまだ貧困層がいるという話を聞きます。貧富の差はとても大きいというのを感じます。大きい国ですし、多くの民族が多い国ですから、なかなか行き届かない部分が多いのでしょう。保育界もそうですが、大きすぎる組織というのも考えをまとめるにはその大きさゆえに難しい部分がありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です