甘い自己評価

人は、大人になっても褒められるとうれしくなります。それは、実績が認められたという評価の一つであるからです。その評価に自信を持ち、より高いものを目指そうとすることもあります。しかし、「褒めて育てる」ということを耳にしますが、この褒めるということは果たしてきちんとした評価をしていることになっているのか、また、褒めることが育ちに何らかの深まりをもたらすことになるのであろうかという疑問を最近よく考えます。というのは、どうも、褒めるという対象を、結果のできばえに対して評価であることが多く、その過程での評価であることが少ないために、次の活動の源や、深まりに結びつかないことが多いからです。

最近、若い人に「うつ」が増えていると言われています。その「うつ」は、中高年に多い従来の「うつ」とは違って青年層に多く、「新型うつ病」とされています。その発祥のモデルとして多いのが、「会社に入る前の自己評価」と「会社の自分に対する評価」のギャップに耐え切れないというものがあります。この原因として、精神科産業医であり筑波大大学院教授の松崎一葉氏は、こう分析します。「個性が尊重される現代社会において、集団の中で沸き起こる葛藤を、我慢をしながら他人と折り合いをつけることを経験しない若者たちは、企業という集団に対応するための十分なスキルを有していないことが多くなるのです。」もう一つの原因について私が考えるのが、小さいころから「ほめられて育つ」ことで、自己評価に甘くなっているということがあるような気がしています。それは、「新型うつ病」患者に見られる性格として、「自己愛が強い」「自分自身のやり方や考え方にこだわりが強い」「根拠のない自信と漠然とした万能感を持つ」があるからです。

内閣府から、平成22年7月に出された「若者の意識に関する調査(ひきこもりに関する実態調査)では、「ふだんどのくらい外出しますか。」という質問に対して、「近所のコンビニなどには出かける」「自室からは出るが、家からは出ない 」「自室からほとんど出ない」と答えた人を「狭義のひきこもり」、「趣味の用事のときだけ外出する」と答えた人を「 「準ひきこもり」、「狭義のひきこもり」と「準ひきこもり」の合計を「広義のひきこもり」とし、「現在の状態となって、6ヶ月以上」と回答した人で、ふだん自宅にいるときに「家事・育児をする」と回答した人を除いた人数を報告しています。すると、広義のひきこもりの推計数は69.6万人、狭義のひきこもりの推計数は23.6万人、準ひきこもりの推計数は46.0万人ということでした。

この数字が当時ずいぶんと話題になり、その「引きこもり」の概念もずいぶんと変わってきたことを実感しました。どうも、「新型うつ病」と連動している気がします。そして、これらは、少子化とも連動している気が私はしています。その中で、「褒める」ということの再考が求められてきているのではないでしょうか。

イギリスの北ヨーク郡ハロゲイトグラマ学院の心理学部主任のエマ・ドンモア氏は、「子どもは時間と共に自分の成果を感じたいのであって、すぐにほめられたり励ましを受けたりすることを望んでいるのではない」と述べています。このことは、逆に、すぐにほめたり、励ますと、時間と共に自分の成果を感じることが少なくなってしまうということではないでしょうか。

本当に努力し、自分なりの達成感を感じたものに対しては自分でも愛着があり、大切なものであるのにもかかわらず、簡単にできること、簡単に作ったもの大げさにほめられることによって、本当のもの、努力して得られるものが見えなくなってしまう可能性が大きいのだと思います。すると、ほめることが次の努力に結びつかず、次の活動の意欲につながらず、また、活動の深まりにはならないのです。