育児の定石

 どう子どもたちに接したらよいかということに迷うことがあります。それは、昔から言われている「子どもにとってよいこと」が、必ずしも子どもにとってよいことではないのではないかと思うことがたびたびあるからです。そのひとつは、昔からの育児を新しい考え方で否定したことが、科学的な検証が行われた結果、昔からの育児のほうが正しかったということや、また、たとえば「母子関係が大切」とよく言われますが、大切なのは、母子関係をどう構築するか、どう接するかということを考えることが大切であり、その関わり方を考えないとならないのに、その言葉だけが独り歩きすることが危険なことがあるからです。そんな中で、それまでの子どもとの関わり方がまちがっていたというよりも、子どものおかれている環境の変化により、子どもに必要な力や、その力をつけるための関わり方の変化のことが多いのかもしれません。

 子どもとのかかわりでの変化に大きな影響を与えているのが「少子化」です。子どもが家庭内にも、地域の中でも多かったころの大人と子どもの関係は、上手に適当な距離を持っていました。それは、大人が一人の子どもにだけを相手にできないために、自分でやらなければならないことが多かったので、一人ひとりに、丁寧に相手をすることが求められていたのが、子どもが少なくなると、意識して子どもが自分でやる機会を増やすことが必要になるということです。

 そんな子どもが育っている環境の中で、最近考えてしまうのが「褒める」ということです。ある園を訪れたとき、こんなことがありました。ある子どもが私のところに制作物を持ってきました。「ねえ、見て!」それを見た私が、「すごい!すばらしい出来だね!」と褒めたところ、「じゃあ、これあげる」と言ったので、「うれしいけど、よくできたのだから自分で大切に持っていたら?」と答えたら、「なんだ!」といって、それを思いっきり投げつけて向こうに行ってしまいました。どうも、この子は、思いを込めてそれを作ったのではなく、「褒めて」もらいたくて、作ったようで、しかも、いつも褒められなれている感じで、褒められたからといって、それほどうれしいのではなく、なんだか大人を簡単にあしらっているような気がしたのです。

 子どもは、よく自分で作ったものをくれることがあります。それは作品のすばらしさだけで判断はしないつもりですが、なんだか、紙を切っただけとか、ただ折っただけだとか、その作品に思いがこもっていない事が気になります。確かに、褒めることで自分に自信を持ち、次への意欲が増すこともあるでしょう。しかし、最近の子どもたちは、ただ「褒める」ことでそのような気持ちになることが少なくなっている気がしてならないのです。

ちょうどそんなことを考えていると、今年の5月末に発売された「間違いだらけの子育て―子育ての常識を変える10の最新ルール」( ポー・ブロンソン,アシュリー・メリーマン,小松淳子 著)の本の中でそんなことを言っていました。この本は、膨大な量の実証研究から、とかく主観的になってしまいがちな子育ての、いわゆる「定石」が、時としては逆効果を生むことが反証データとともに紹介されています。たとえば、「こどもは褒めて伸ばすのが良い」、「嘘つきはいけないことだと教えないといけない」などを例にとり、親という生き物は、子どもの視点でものをみておらず、子育てについての「思い込み」で子どもに間違った接し方をしているということが多いと言うのです。

多くの親は自分の子どもに対して沢山褒めてあげることがその子の自信に繋がると考えているのですが、子どもへの過剰な褒め言葉は反って子どもの成長の妨げになると指摘し、子どもを褒める時にはそのやり方を重視し、状況を考えるべきだと強調しています。では、どんなときに、どのように褒めればいいのでしょうか。