赤ちゃんの教師

 赤ちゃんたちは、キョロキョロします。歩いているときも、食事をしているときでも、もちろん遊んでいるときでもキョロキョロと周りを見回します。それは、何かいたずらするものはないか、なにか壊すものはないかと、大人の社会を壊そうとしているかのようにものを探しているかのようです。また、歩いているときには、早く目的地につきたいという大人の気持ちをからかうように、わざと途中で何かを見つけて立ち止まったり、何かをしたがって大人の手を引っ張ります。食事のときでも、早く、目的量を食べてほしいと思っている大人をからかうように、わざとゆっくり、あちこちに手を出したり、すぐに口に持って行かずに余分なことをして時間を延ばそうとします。
 このような赤ちゃんの行動は、特に忙しい時、急いで時に限ってするように思えてイライラします。「まったく もう!」「はやくしてよ!」「いつもこまらせるんだから!」と怒鳴りたくなります。そんな思いはよそに、赤ちゃんはマイペースです。大人の気持なんか無視しているようです。
 赤ちゃんは、本当に大人を困らせようとしているのでしょうか。大人をからかっているのでしょうか。また、その子は、やることが遅く、将来、心配な子なのでしょうか。気になる子なのでしょうか。いや、決してそのような子ではありません。その子なりに、将来のための学びをし、一生懸命に生きているのです。しかも、大人よりもすぐれた学び方をしています。それは、一生懸命というのは、必死の覚悟でという大人と違って、「遊び心」満載なのです。そのために、大人をイライラさせるのかもしれません。「遊び食い」という言葉がありますが、子どもは「遊び歩き」「遊び排泄」「遊び着脱」というように生活自体を楽しんであるかのように見えます。しかし、そんな生活の中から、赤ちゃんはいろいろなことを学んでいるのです。周りの物や人などさまざまなものから学ぶために、まず好奇心や探究心を持ち、その環境に関わろうとするのです。それは、実際に触ったり、実際に経験することで学ぶからです。
 赤ちゃんは、身の回りの環境からいろいろなものを学びますが、環境の中で特に影響を多く与える環境に母親の存在があります。母親のやることをじっと見ていたり、母親のまねをしたりしますが、赤ちゃんにとって母親からの学びは必要ですが、十分ではありません。他の人からも影響を受けます。その時に、母親の存在は、学ぶ対象ではなく、自由遊びでの探索行動の安全地帯として母親を使うようになります。そして、取り乱した時には探索行動に戻れるように、母親から安心感を得るのです。そして、赤ちゃんは、母親の援助を受けにとして利用するのではなく、主体的に使っていきます。そして、遊ぼうとする対象を、父親やきょうだいをはじめてして、さまざまな人との関係から学んでいきます。たとえば、乳児は母親とよりも父親と遊ぼうとすることが報告されています。
 もし、家庭に母親以外の人もいるようであれば、乳児は相手によって接し方を変え、複数の関係を作り上げていきます。そして、3歳になるまでには、子どもは相手によって求めるものを変えると言われています。相手をよく見ているのです。たとえば、子どもは助けが必要な時には親を、遊びたい時には同年齢の友達を、何かを教えてほしい時には年上の子どもを選ぶことを見出しているといわれています。この時期に、もし、母子家庭で、母親とだけしか接することがなければ、母親は遊び相手や友達の役割をも求められることになるのです。
 社会的発達のパラダイムは、子どもの初期の人間関係の経験が後続の人生に影響を及ぼしますが、この初期の人間関係を母親との関係のみによって決まるわけではないということが最近分かってきています。乳児は、母親、父親だけでなく、きょうだい、あるいは血縁関係のない養育者とも愛着関係を同時並行的につくっているといわれています。