プラモデル

 昨日まで、全高18メートルの実物大ガンダム立像のパーツが、お台場シンボルプロムナード公園 セントラル広場に、展示されていました。2009年の夏に、機動戦士ガンダムのアニメ放映30周年を記念して、お台場に実物大ガンダム立像が展示され、約415万人を動員しました。また、2010年7月には東静岡「模型の世界首都 静岡ホビーフェア」内に「RG1/1ガンダムプロジェクト」として、ガンプラ生誕30周年を記念して展示されていました。その立像を、ちょうど静岡に妻と徳川秀忠の史跡を巡るために行ったときに見ることができました。その時に、久能山東照宮を訪れたとき、その参道にガンダムのプラモデルが飾られていました。しかも、そのガンダムが「家康公ガンダム」を中心とした武将たちをモデルにしたものでした。
busyogandamu1.jpg
 最近、「機動戦士ガンダム」のシリーズに登場するモビルスーツ、モビルアーマーと呼ばれるロボットや戦艦などを立体化したプラモデルの総称である「ガンダム+プラモデル=ガンプラ」に人気があります。もともとは、TVアニメ「機動戦士ガンダム」が放映され、その翌年の1980年7月にバンダイから発売された「1/144スケール ガンダム」と「1/100スケール ガンダム」が初めだそうです。実は、このバンダイをはじめ、世界でも有数の総合模型メーカーである田宮模型、ハセガワ、フジミ模型など静岡県はプラモデルやラジコンを代表に玩具産業が盛んで、特にプラモデルに関しては全国売上シェア約90%だそうです。
 どうして静岡なのかといういきさつが徳川公ガンダム模型の下に書いてありました。「その起源をさかのぼると、徳川家康公も崇敬された静岡浅間神社や、久能山東照宮の造営に際し、日本各地から優秀な職人が集められたことにあります。
kunosantosyogu1.JPG
造営が終了したのちも、職人は静岡(当時は駿府)に残り、雛人形や竹細工などの木工細工に携わりました。その技術が昭和に入り、木製教育玩具や木製教材を生みだし、戦後になり木製模型が製作され、プラスチック模型につながったのです。」
ちょうど私が小学校に入学したころ32年には、模型飛行機大会と模型のボート大会が開催され、テレビ受信契約ようやく50万超えました。そして、その翌年33年に、マルサン商店から国産初のプラモデルである「ノーチラス号」など4点が発売されたでのす。「プラモデル」という言葉は、マルサン商店が考案した登録商標で、「プラスチック製模型おもちゃ及びその組立キットその他のおもちゃ、人形」ということで1960年9月に登録されています。しかし、1975年からは、日本プラモデル工業協同組合が権利を所有し、組合員は自由に使用できるようです。
世界で最初に発売されたプラモデルは、イギリスのラインズブラザーズ社が、1936年に発売したフロッグ・ペンギンシリーズの1/72に統一された航空機のキットでした。当時の新素材であったプラスチックで模型を作る技術は、イギリス軍が教育に使用する航空機や軍用車両等の識別用モデルをプラスチックで作る技術を応用したものだったそうです。 日本にプラモデルが渡ってきたのは、アメリカでプラモデルが普及を始めた1950年代初めに在日米軍関係者によって持ち込まれたものでした。
私の世代は、みんな競ってプラモデルをつくりました。1960年頃からの少年誌はプラモデルの広告・懸賞ばかりでした。その作る対象は時代によって変遷していきます。1950年代後期から1960年代は、戦記映画の人気や雑誌・出版物での第二次世界大戦戦記特集に影響されて軍艦や飛行機などの実物の縮尺模型が主でした。それが、1960年代後半になると「サンダーバード」シリーズのようなキャラクターモデル、その後、スーパーカーブーム、ブルートレイン・エル特急ブームによるプラモデルがブームになり、1980年代前半のガンプラブームにつながっていきます。