仙台堀

天正18年(1590)家康は、駿府から江戸に移り、道灌が築いた江戸城を居城とします。当時は、江戸城間際まで日比谷入江が入り込み、現在の皇居外苑のあたりまで海だったそうです。江戸湾沿いの地帯には多くの汐入地が点在し、満潮になれば海水が入り込み、潮が引けば、葦や萱などが生い茂る湿地帯になったことが伝えられています。また、後ろには、山や武蔵野の林に覆われた原野が広がり、平坦な土地は極めて少なく、大勢の人が生活するような場所ではありませんでした。ですから、家康が、江戸に居城を構えることにした決定はすごいですね。しかし、そのために多くの改造をしなくてはならなかったのです。この大改造が、徳川3代にわたって行われました。
家康は、徳川幕府を開く以前から、極めて大規模な都市改革を着々と進めていました。それは、家康が天下を取った後に、江戸を関東一というだけでなく、日本一の都市にすることを計画したのです。戦国時代の最後に政権を取った徳川氏は、数々の戦いの経験上、長期政権を維持するために、さまざまな工夫をします。それは、参勤交代のような制度などで人質を取っていただけでなく、地方大名の財政を苦しいものにしました。神田川の整備も、秀忠が、仙台の伊達藩の財政を圧迫するために計画したともいわれています。その結果、徳川の世が長く続くことになったのです。
江戸城は、当初本郷台地から攻めるとなると、まったく無防備でした。そこからのルートは、遮る堀もありませんでしたので、すぐに江戸城に入ってしまいます。そこで、二代将軍秀忠が、仙台城の伊達政宗に城を守るための普請を命じたのです。まず本郷台を分断するため、当時は神田台(神田山)と呼ばれた部分を川にまで掘り下げました。そして、掘ったために大量に出た土砂は、日比谷入江を埋め立てに使いました。入り江を埋め立てることは、当時、江戸城近辺まで氾濫することもあった洪水を防ぐことに役にたったほか、江戸時代に急激に江戸の人口が増加していったために、江戸の用地確保にもなりました。
そうして、1625年、仙台藩の力で大工事が完了しました。このときに、本郷台地が堀によって分断されたのですが、この分断された本郷台地の江戸城側は、家康付きの旗本(駿河衆)が家康没後に多くの屋敷をかまえたため「駿河台」と呼ばれるようになり、分断するための堀としての神田川は、この部分だけ、仙台藩が普請したため、江戸時代を通じて「仙台堀」と言われることになったのです。しかし、その普請によって仙台藩の財政を非常に苦しいものにしたのです。
神田台の掘割の西には水道橋が架けられ、神田上水は日本橋まで給水できるようになった。後に日本橋の旧平川河道と神田川は再び結び付けられ、日本橋川となります。しかし、高度経済成長期には、この川に生活排水が流れ込み、水質が悪化し「死の川」と呼ばれました。私が高校生の頃、通学にこのわきを走る電車を使っていました。本当に、汚い川というか、臭いのするどぶでした。私が、二十歳になったときに「成人の作文」という成人の日にちなんだイベントがあり、私は、東京都のこのイベントに作文を書いて応募しました。そして、6人の入賞者の中に入り、成人式の日に当時の皇太子から賞状を頂きました。この時の作文の最初は、「この川に電車が差しかかったとき、車内のある子が“わあ、汚い川”と叫んだことに対して、こんなに汚くした私たちの責任を感じたのですが、逆に考えてみると、この子は、きれいな川を知っているのだと言うことに気が付きます。怖いのは、川とはこんなものだと思う子が多くなることで、私たちは、きれいなもの、正しいものを見失わない目を持つべきである」というような内容だったと思います。
その後、神田川は、園の近くにある落合水再生センターなどの下水道網、下水道処理施設の整備が進み、また、この川の流域には、元々湧水が多いということもあり、非常にきれいになっています。園の近くの神田川では、毎年夏に子どもたちが入って遊ぶことができるような浅瀬をつくっていますし、鯉や鮎、鮒などが生息するようになってきています。

仙台堀” への6件のコメント

  1. 20歳のときの藤森先生の視点もすごいですね。自分は20歳のころ何を考えていたか思い出すのですが、とても皇太子から賞状をもらうことなんかできないですね。「きれいなもの、正しいものを見失わない目を持つべきである」という言葉は心に響きます。贋作を見破るための修業は、真作と贋作を両方見てよく比べることではなく、とにかく本物ばかりをたくさん見続けることだと聞いたことがあります。子どもたちが大人になったときにいい社会を作ってもらいたいと考えると、やはり今の生活も本物でなければいけないということも言えるのでしょう。

  2. 当ブログを読むと、なるほど!、へぇ?!、あっそうか!、ということが多いのですが、今回もありましたね。まず第一は、御茶ノ水の堀、あれが仙台伊達藩の普請であったこと、第二は、「駿河台」という地名の由来、そして藤森先生二十歳の作文(今上陛下より賞状賜る!すごい!)。作文趣旨の最後の「私たちは、きれいなもの、正しいものを見失わない目を持つべきである」とは本当にその通りですね。私たちが環境保全や世界、自然といったことを意識する時「きれいなもの、正しいももの」という視点は欠かせませんね。ところで、東京の河川はかつてに比べてきれいになったり、臭いがしなくなったりしていると思います。東京に関わって30年以上が経過します。30年前は隅田川など臭かったな、そんな思い出を持っています。

  3. 今日は「ブラヘイジ」の世界ですね。仙台掘は御茶ノ水の聖橋から眺めるとその深さが実感できます。ここからは仙台掘り誕生の秘話です。ある日のこと、徳川家康は伊達正宗との会見中、「そちならどこから江戸を攻めるか?」と尋ねた。正宗が「それがしなら本郷から攻めまする」と答えると、家康は「ならば本郷はそちに任せた」と言って敵が絶対越えられない堀を築かせました。この辺はさすが家康と思わせます。太田道灌の時代は、江戸城は海に向かって全く無防備だったものを、家康・家忠・家光の三代で天守と内堀・外堀を完成させ、水路に囲まれた鉄壁の城郭都市を完成させます。全国から集められた産物を載せた船が縦横に行きかって、「水の都」江戸は当時世界一繁栄した都市と呼ばれています。

  4.  小さい頃は、よく大きな川に釣りをしたり、遊んだりと過ごしていました。そういう意味で私にとって川の存在は身近な物でしたが、それは地方ならではかもしれません。東京のように、街中に大きな川が流れているわけでもないので、そこまで汚れないのでしょうか。ただ、地方だから自然が豊富で綺麗というのは、時間の問題かもしれませんね。東京のように浄水場の設備が進んだり、子ども達が遊べるような環境を用意したりなど、川を元に戻す活動が広がっているのを聞くと、地方も見習うべきのような気がします。

  5. 私のイメージは東京の川や海は汚いというイメージがついていたのですが、鮎や鮒が生息していたり、子どもたちが遊べるような場所があるというのに驚きました。私の生まれた実家の近くにも川はあったのですが、そこもどぶ川でしたし、大きい川もとても汚れていました。しかし、祖父や父の時代はそこで泳いで遊んでいたという話を聞いたとき羨ましかった覚えがあります。「怖いのは、川とはこんなものだと思う子が多くなることで、私たちは、きれいなもの、正しいものを見失わない目を持つべきである」これはとても大切なことですね。少しでもいろいろな環境に触れたり、つたえたりすることは大人の役目ですね。

  6. 私の実家の近くにも川は流れているのですが、子どもながらのイメージですが汚さを感じた記憶があります。逆に綺麗な川というのは、よく親に登山に連れて行かれたということもあるかもしれませんが、山間に流れているような川でした。やはり実際に入って遊んだりできるということがその区別になっていたかも知れません。そういえば私が小学生の頃、社会の公害についてのテストの中で、水質汚染されている例として実家近くの川が写真になっていたのを思い出しました…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です