隅田川と神田川

 私の園は、かぐや姫の歌で有名な神田川の近くにあります。神田川の吉祥寺にある井の頭公園が源流であることはよく知っているのですが、最後はどこに注ぎ込んでいるかということは意外と知らない人が多いようです。少し前に、職員数人と都内に買い物に行ったときに、私が「神田川の最後を見せてあげようか?」と言いました。神田川は、東京湾に注ぎ込んでいるのではありません。隅田川に注ぎ込んでいるのです。
gouryu.jpg
そのために、隅田川での涼を楽しむための屋形船や東京湾での釣りを楽しむための船が、何艘もこの合流地点あたりに浮かんでいます。
kandagawayakatabune.jpg
一度、この屋形船に園の職員厚生として乗ったことがあります。このあたりの船宿から乗りこんで、隅田川を下り、東京湾に出たところで停泊し、船の中で揚げた天麩羅を頂きました。そして、竹芝か日の出桟橋につけてもらい下船をしたのです。天麩羅は、食べ放題だったのですが、少し揺れる船の中ですので、そんなに食べることができなかった思い出があります。
また、神田川と隅田川の合流地点の地名を「柳橋」と言います。ここは、私の小学校の学区域内で、小学校の同級生が何人も住んでいます。町名の柳橋という名のとおり、そこには「柳橋」と称する橋があります。
yanagibas1i.jpg
柳橋という町名は、この橋の名からとられました。この橋のたもとには、石碑があり、そこにはこの地名の由来が書かれてあります。「柳橋の名は、江戸中期から花街として人によく知られ、橋のほとりには船宿が並んで賑わっていた。ひところは、料亭および芸者衆も多く、隆盛を誇ったものである。「柳橋」は、元禄11年(1698)に初めて架けられた。神田川が大川にそそぐところにあったことから、その当時は、川口出口之橋と呼ばれていたが、橋のほとりに柳が植えられていたことから、いつしか柳橋と呼ばれた。現在の橋は、昭和4年に架けられたものでローゼ形式の橋である。」若い人は知らないと思いますが、私が子どもの頃、昭和を代表する芸者歌手である市丸さんという人がいました。彼女はこの柳橋に住んでいて、その跡地が今は、ギャラリーになっています。
NHK大河ドラマ「江」に、将来、江の夫となる徳川秀忠が登場しています。秀忠は、家康と家光の間に挟まれ、それほど脚光を浴びてきませんでしたが、実はさまざまな業績を残しています。Sの一つが神田川に関係します。神田川は、もともと「平川」と呼ばれ、現在の日本橋川の分流点付近から南流し、現在の丸の内・日比谷に入り込んで、日比谷入江に注ぎ込む川でした。当時はこの平川が豊嶋郡と荏原郡の境界となっていました。天正18年(1590)に江戸に入府した徳川家康は、海辺で井戸によって真水を満足に得ることができない江戸の飲料水を確保するために平川を改修し、井の頭池と善福寺池、妙正寺池を水源とする神田上水を整備します。この改修により井の頭池を出て善福寺川、妙正寺川と合流する上流部分は現在の姿となり、神田上水は川の本流から目白で分流して小石川、本郷に水を供給したのです。私の園がある場所は、落合という地名ですが、神田川と妙しょうじ川が合流する(落ち合う)場所ということで命名されています。
徳川秀忠の時代に、江戸城の東北の守りを固めるために平川を天然の堀とすることが考えられました。そこで、小石川から南流していた流路を東に付け替える工事が行われました。この工事では、水道橋から東は神田台と呼ばれる台地が本郷から伸びていたため、これを掘り割って通し、現在の御茶の水に人工の谷を造成しました。そして、神田台の東では、元からあった川を利用して神田台から真東に浅草橋、柳橋の東で隅田川に合流するようにしたのです。この改修によって、平川の元の河道は切り離されて江戸城の堀となり、東に流れるようになった平川は「神田川」と呼ばれるようになったのです。
今の神田川の名の由来、その流れの道筋をつくったのが、徳川秀忠だったのです。

隅田川と神田川” への7件のコメント

  1. 学生の頃、東京駅から中央線か総武線に乗る機会が多かったので、お茶の水から四谷までの車窓から眺める風景は、大都会にしては緑が豊かなのでとても不思議でした。なかでも四谷と飯田橋の間は江戸城外堀の名残。外堀は徳川三代将軍家光の時代の寛永13年に、天下普請と言って全国の大名を総動員して作らせたそうです。江戸城防衛と治水と水運を考慮した大土木プロジェクトだったようです。今のようにパワーショベルもない時代に、人力だけの工事はさぞかし大変だったでしょう。明治になって、新宿から東京駅まで線路をひくときに、踏切が無いようにと外堀沿いに線路(甲武鉄道)を敷いたそうです。また、市谷と飯田橋間の外堀の下には地下鉄有楽町線が走っていて、秘密の留置線場が存在します。(ブラタモリでタモリさんが特別に案内されて大喜びでした)

  2. 譜面なしで今でもかぐや姫の神田川をギターで伴奏できます。
    2番の歌詞のAメロの「あなたはもうすてたのかしら、24色のクレパス買って」のクレパスは弊社特約のサクラクレパスが登録商標権を持っていて、当時の紅白でクレパスと歌えなかったというエピソードが有名です。
    小学校3年まで、野方というところに住んでいましたので、妙正寺川という河川名が懐かしいです。
    神田川世代ですので、高田馬場駅から下落合2丁目まで歩く途中の神田川の橋の上で時々見入ってしまいます。

  3. いつも感じることですが、藤森先生の地域の捉え方というか理解の仕方はとても勉強になります。そんな風に調べていこうと思っても、いつも中途半端で終わってしまう自分としては、反省させられることが多いです。地域を知るというテーマを掲げて今年が2年目。私自身の地域についての理解はほとんど進んでいません。掲げたテーマに対して私ももっと意識を向けなければいけないようです。

  4. 神田川の源流から神田川沿いを途中まで歩いたことがあります。神田川の河口を観るのは将来の楽しみにとってあります。かぐや姫の「神田川」を中学時代に聴いて育った私はこの川にあるイメージを抱いていたのですが、現実の神田川を見た時は何だか物寂しさを感じてしまいました。そして現実ということを思い知らされました。その時青春のワンシーンが消えてなくなったと思いました。「柳橋」にはまだ行ったことがありませんが、「柳橋」と聞くと即「花柳界」、と出てくるのは何の影響でしょうか。江戸を舞台にした時代劇の影響か?御茶ノ水駅脇の川、あれは「人工の谷」だったのですね。治水は政(まつりごと)ということがわかります。それから皇居の平川門の平川の由来もわかりました。勉強になりますね。

  5.  ブログを読みながら、神田川の最後と言うことは、川の下流・・・海に面しているのだと思っていましたが、そうではなく隅田川に注ぎ込んでいるのですね。私が東京で知っている川と言えば神田川と隅田川ですが、この二つの有名な川が繋がっているとは、私としては驚きの事実です。そして神田川が、現在の大河ドラマ「江」に関連しているそうですが、そういう情報や知識も自分の生まれた町の事をいかに知っているかですね。もっと自分が住んでいる場所の地域と向き合う必要があります。

  6. 神田川といえば通勤途中で見た桜がとてもきれいだったことを思い出します。都内に住んでいるため、神田川はよく目にしていましたが深くしることはありませんでした。しかし最近では短いですが一度井之頭公園から富士見ヶ丘までの川沿いを一人で歩いたことがあります。人気のないところや栄えているところを流れ、何本もの橋がありました。なぜか単純に歩いているだけで色々な物が目に入り歴史を感じてしまう川でした。都内に住んでいる限りこの川を知っておかないと恥ずかしいですね。またブログを読み、更に神田川の魅力にひかれていってしまいます。

  7. 神田川、隅田川は有名な川ですね。しかし、屋形船があるというのはびっくりしました。いいですね。なんとも風情がありますし、花火の季節になるととても賑わうことだと思います。また、川と川が落ち合うので「落合」というのも面白いですね。よくブログでは色んな土地やモノの由来が出てきますが、本当に面白いものです。どんなものにも意味があり、ドラマがある。人の営みが名前になるというのは素敵なことだと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です