住処

 今回の大地震の日のブログに「安心」というテーマで、「高度開発によってわれわれの住む社会が、知らず知らずのうちに脆弱になっていることも関係しているような気がします。」ということを書きました。そこでも書いたのですが、これからのまちづくりは、「安心・安全」がテーマになりそうです。これまでは、とにかく自然をコントロールし、それを抑制し、征服していた歴史があります。巨大な堤防を築き、海を埋め立て、山を削り、これが開発といわれてきました。しかし、今回の災害によって、住むところは、自然に逆らわず、自然と共生し、人も自然も共に心地よい住環境をつくっていかなければならないでしょう。
gangarakissa.jpg
 古代人は、長い歴史の中で、そんな場所を住まいに決め、生き延びてきました。もしかしたら、そうではない場所に住んでいた原人たちはそこで滅びてきたのかもしれません。そんなおもいのする原人の住処であっただろうと言われている場所に先週末行ってきました。そこは、1967年に沖縄で発見され、2008年の8月8日から一般公開されている、沖縄でもっともホットなスポットとして話題を集めている「ガンガラーの谷」です。ここは、太古の森と出会える秘境、守り慈しむべき聖地です。その谷で、約90分のヒトの起源と向き合える壮大なネイチャーツアーに参加しました。
gangarapanfu.jpg
ガンガーラの谷ツアーのパンフレット
この谷は、約1万8千年も前に生きていた日本人のルーツとされる港川人の居住区であった可能性が高いため国立科学博物館と沖縄県で共同の発掘調査が行われています。港川人は、新人(現代型ホモ・サピエンス)に属する南方系の古モンゴロイドの一派と考えられており、専門家の調査研究によりインドネシアのワジャク人(インドネシア)と類似していることから、海に沈んだスンダランド(タイ湾から南シナ海へかけての海底)からやってきたワジャク人が琉球に定着して港川人になった可能性が強いそうです。身長はおおよそ150cm前後で、現代人に比べると小柄です。その骨格から、森の中を歩き回りながら狩猟採集の生活をしていたであろうと推測されています。
gangaratani.jpg
太古の時代、日本人の祖先は、子を生し、森を歩き、食べ物をとり、暗闇に寝、この地で生を営んでいました。ここは、恵まれた亜熱帯の森で、豊かな実りをもたらしてくれる反面、同時に過酷な環境でもあったでしょう。それでも、この地で生き延び、他の地にも広がり、山を越え海を渡り、多くの命を犠牲にしながらも、世代を重ねて今、私たちの命に受け継がれてきました。
日本列島に、私たち“新人”(ホモ・サピエンス)が住み始めたのは、およそ3万年前からと考えられています。アジアの各地でさまざまな環境に適応し生き残った人々が、独自の文化をもって、いくつかのルートで日本列島にたどりつき、互いに影響を与えつつ融合して“原日本人”が誕生したといわれています。日本列島に到達した私たちの祖先が厳しい自然環境と共生しながら、技術・文化を築き上げてきたのです。
 現在判明している世界最古の人類は、アフリカ中部で発見された約700万年前の猿人トゥーマイで、その後、様々な人類が誕生し絶滅しました。そして、私たちホモ・サピエンスは今から20万年ほど前にアフリカで誕生し、10万?6万年前にアフリカを飛び出し、世界中へと旅立ったと言われています。そんな私たちは、きっと、これらの困難にも負けず、立ち直っていくでしょう。

住処” への5件のコメント

  1. 世界の洞窟遺跡というと、フランスのラスコー洞窟やスペインのアルタミラ洞窟などがその壁画の見事さで有名ですが、南イタリアのマテーラには、「サッシ」と呼ばれる洞窟住居があります。石灰岩質の渓谷に掘られた住居の数がなんと4000以上。旧石器時代の生活の痕跡も発見されています。人が定住し始めたのは8世紀頃。イスラム教の迫害を逃れたキリスト教の修道士が移り住んだのが始まりです。修道士は130もの洞窟の聖堂を掘り、ビザンツ様式のフレスコ画で内部の壁面を飾りました。16世紀には、人口増加に伴い洞窟の入り口に石を積み、建て増す住居が増え、箱形の住居が重なり合う特異な景観の都市になりました。1993年に世界遺産に登録されてから、世界中から観光客を集めています。現在でも洞窟住居をリフォームして住んでいる人がいるようですが、床暖房つきで冬でも暖かく、快適に暮らせるそうです。

  2. 今後自然に対してどのような対応がとられるかは分かりませんが、畏敬の念をもってあたっていくことだけは忘れてはいけないことだと思っています。受け止めるのは辛いことではありますが、自然はいつも答えを示してくれています。そこから、問われているものは何かを考えることが私たちのすべきことのはずです。共生という考え方をもっと形にしていかないといけませんね。

  3.  沖縄という場所は日本であっても、なにか違う雰囲気を漂わせている印象です。ブログの写真も日本じゃないような気がします。そして実際に生活をしていたのですね。人類は基から自然に逆らわず、自然と共生して生きてきたのに、技術や科学が進歩してくると、人が住めないような場所を無理やり住めるような環境を作ることで、自然に逆らってきました。それが、今回の災害に大きな被害をもたらしたのかもしれません。いくら、人類が進歩し科学、技術が進んでも、自然の力には全く無力でした・・・。ただ私たちは、これだけ進歩してきたという自信があると思います。藤森先生が言われるように、これから困難にも負けず、立ち直っていくと、私も思います。

  4. 高度発展に際し、人間の生きる環境は脆弱になっている。というのはまさにその通りですね。もしくは人間はまだ脆弱な環境しか作れず自然は勝てないということが今回の地震ではっきりしてように思いました。最近の異常気象や災害が大きくなっているのは地球からの警告であるように思います。人間はまだ地球の歴史でみるとまだまだ歴史の浅い生物です。しかし、地球の環境に与えた影響はもっとも大きいように思います。これからは「共生」という言葉がよりクローズアップされていくでしょうね。人も自然もうまく付き合っていけるような環境づくりが今後の課題ですね。われわれも自然をもっと知り、これからの進歩を見守って生きたいですね。

  5. まだ沖縄には行ったことがありませんが、ガンガーラの谷やグスク、神聖な場所の体験を沖縄でできる、と思うと東京にいる間に沖縄を体験しなければなりません。日本人のルーツとされる「港川人」の存在はお話を聴くまで私の知識の中にはありませんでした。人類学、考古学も日進月歩ですね。知ることに貪欲にならないと現代における過去の遺物にしがみ付いておしまいということになりかねません。約1万8千年前の人類。この「1万8千万年前」ということを想像することは決して容易ではありません。いわゆる歴史でせいぜい2千年くらいしか経ていない私たちは10万年、20万年、あるいは700万年、などおよそ考えられない世界です。地球の時間は45億年とも言われます。それは自然の時間でもあります。私たちの小賢しさを今回の大震災は嘲笑ったかのようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です