左右脳

 2月5日の日経新聞の夕刊に「脳にみる男と女 北澤茂さんに聞く」という特集がありました。サブタイトルは、「助け合ってこそ能力輝く 気配りは女性が得意」というものです。北澤さんは、神経生理学者で、最近、主に脳のなかでの情報統合の研究に携わり、男女の脳の使い方の差や自閉症の解明、治療法の開拓に取り組んでいます。
 北澤さんは、脳の使い方が違う背景には進化も絡んでいると考えています。「いまはイクメンがはやり始めていますが、人類の長い歴史では育児、子供の面倒は女性が担ってきた。言語能力が未発達で泣くとか片言しかしゃべらない幼い子供の意図を読み取って、コミュニケーションをとる。赤ちゃんに抑揚豊かに語りかける。右脳を使いその能力にたけた女性のいる集団の方が子供の言語能力が発達し、集団として力を持つ。そんな流れがあったとしても不思議はありません。」
 10年ほど前に、男女の違いについての論文を書いたのですが、当初、反論もあったそうです。男女平等であるということが、男女同質であると思われていたり、差を認めることは差別につながるとして否定されたりしていました。しかし、最近は、男女の違いを示す結果が、次々と報告されています。「脳の言語機能は左脳というのが100年以上続いた通説でした。朗読の声を聴かせてみると、確かに男性はほとんどが左脳だけで話を聴いている。ところが、大半の女性は話を聴いている時に右脳の対称的な部位も使っている。時間的に短い音や単語レベルの言語処理はもちろん左脳ですが、時間的に長い文章全体の理解となると左右両方の脳を使っているのです」という理由が、先の長い間女性が担ってきた育児に関係があるのではないかというのです。
 「男性と違い、女性は腕力にものをいわせるわけにはいかない。対立を極力回避して賢く生きることができるように、話し方から相手の心、気持ちをしっかり読み取る能力を高める方向に行ったとも考えられます」この違いを理解することが相手を認めることにつながるのです。「違いから言えるのは、お互いの理解が大事ということです。男性は時に女性が論理的に話をしないと言ったりします。でも、実際は全体の状況が見えているのは女性なのに、男性は左脳で言葉通りにしか話を聴く力がなくていらいらしているのかもしれない。女性も男性は相手の気持ちを読むのが不得意なのでデリカシーに欠けると分かれば、鷹揚になれるでしょう」
どうしても相手に対して何も分かっていないと腹を立てることがありますが、実は、それらはお互いに悪気でしているわけではないのです。社会を考えれば、これまで以上に「お互いを知って補い合うことが何より重要でしょう」と北澤さんは言います。「ざっくり言ってしまえば、相手の気持ちを読むのが得意なのが女性。一方、男性は左脳だけを使い、抑揚とか連想にとらわれずに、言葉通りに受け取って判断する。その場の空気に左右されず、冷静で決断力があるとも言えるし、鈍感と言ってよいかもしれない。個人差があるからあくまで平均的な話ですが」
 「自分たちの脳を知るのは社会を知ること」とする北澤さんは、「すべてにおいて完璧な脳はありません。男女だけでなくだれでも脳に違いがあり、どこかに得意、不得意がある。それが様々な才能、ダイナミックな社会につながっている。社会の根底には脳があります。よりよい社会をつくるには自分の脳を知ることが大事だと思います」とまとめています。
 この言葉は、私は、「脳」という生理学的な表現ではなく、「特性」「個性」に置き換えてみるといいと思います。「子どもは、必ずどこかに得意、不得意があります。それが様々な才能、ダイナミックな社会につながっていきます。社会の根底を人それぞれの特性が支えています。よりよい社会をつくるには、我が子の特性を知り、それを活かすことが大事だと思います。」ということは、今日の保護者に向けての講演で話したことです。

左右脳” への5件のコメント

  1. 藤森先生のところは夫婦円満のようですから、そんなことは無いと思いますが、うちは普段は仲がいいのですが、些細なことで意見が食い違って、家内が怒り出すことがあります。なんで?と思っていたのですが、脳の働き方の違いが原因だとわかって納得。怒った家内の「あんたは理屈屋やから嫌いや!あんたには配慮っちゅうもんがない!」のセリフ、今まで何度聞かされてきたことか(笑)。反省の気持ちを表明するために、今日の藤森先生のブログを紹介したら、また怒られました。脳の働きの違いという理論でごまかそうとしたことが、かえってまずかったようです(笑)。まだ、気配りが足りません。

  2. 女性と男性の脳の違いの話は、聞くたびに反省させられることがでてきます。分かっているつもりでいるんですが、実際の振る舞いの中ではその違いを認められずにいることに気づかされます。誰もが同じであることを求めたり、同じ役割を目指したりする社会は壊れやすいというのは実感しています。いろんな役割があって、しかもその役割も固定ではなく、場面に応じて役割が変わっていく柔軟さが強い社会を作っていくんだと思っています。意識せず、自然とそのような受け止め方ができるようになるには、まだまだ時間はかかりそうです。

  3.  左脳と右脳。同じ脳なのに役割が違うというのは、何かのテレビで見ましたが、それと同じように男女も同じ人間なのに、役割が違うのは当然だと思います。ただ、藤森先生のお話を聞くまでは、男女の違いというのは外見だけだと思っていたので、まさか中身が全く違うという話しは驚きました。しかし、これにより気が楽になる人もいるのではないかと思います。とくに、保育園や幼稚園で働いている男性は、やはり女性が多い職場という事もあり、色々な面で女性と比べてしまい、自分が劣っていると感じていまうかも思います。男女が同じ人間なのに、脳の作り、性格などの中身が違うのには、何か理由があるわけで、それは男女お互いが協力をして社会というのを作り上げていくことが大切なんだと思いました。

  4. 男性と女性は脳の使い方も違うんですね。北澤さんの言葉で「なるほど」と思いつく節が多くありました。保育の世界というのは女性の多い社会です。その中で男性の保育者は同じ男の先生と比べることができない分、女性と自分を比べて自信を失くしてしまうことが多いです。なかなか、そこをバランスよくできるようにすることは難しいですが、お互いの特性を相互理解することは保育をする上で必要なことだと思いました。人格形成を目的とした教育なだけに、色々な人間がいて、お互いを補っているというのを感じるようにしていけば子どもたちもそういった社会を自然と作り上げてくれるように思います。そのためには自分自身も変わっていかなければいけないと思いました。

  5. 脳科学の成果は注目に値します。特に、子どもたちの育ちに寄り添う大人は是非その成果から学ぶ必要があると思います。保育士や幼稚園教諭、あるいは小中高の教諭の養成課程には、この脳科学の成果を学ぶ講座があってもいいですね。選択でもいいからあったほうがいいと思います。従来古い教育学に則って学校教育等を行ってきましたから、さまざまな問題が出来してきています。小1プロブレムや不登校、引きこもり、学習意欲の低下、無気力、いじめ、などなど。特に、この脳科学の成果は乳幼児期からしっかりと応用され現場に反映される必要があります。そしてその乳幼児期を土台にしてその後の小中高の学習形態を創り上げていく。現在は大学から高校、高校から中学、中学から小学校、そして小学校から保育園幼稚園という影響の流れがあるようですからこの不自然な流れを変えるためにも脳科学の習熟を人生の初期からその後へとつなげていくシステムの中で創り上げ、もって学びの流れを順序よくしていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です