停電

 私の住まいがある八王子では、ほぼ毎日計画停電があります。第2グループに入るため、18:50頃から22:00頃までの予定で、計画停電が実施されます。そのために市役所から、「照明灯、信号が消えている場所、踏切等では十分注意してください。ろうそく等を使用する場合は火の元の管理、火の始末などを徹底してください。」というような注意があります。計画停電で交通事故による死者が出るなど混乱が続いていますが、先日、市内で停電実施中に、自宅で発電機を使用し、一酸化炭素(CO)中毒とみられる死亡事故が起きました。ほかにも七輪などの使用中に中毒になったとみられる事故も起きているようです。また、同時に断水も起きているところまあるようです。停電は、ただ電気が消えているだけでなく、いろいろと生活に支障をきたすようです。
 この計画停電(輪番停電)ですが、今月の22日の東京電力の発表では、今夏だけでなく、今冬も続けなければならない、との見通しが明らかにされました。東電幹部が朝日新聞の取材に対して、夏冬の計画停電で家庭や職場の冷暖房の使用が厳しく制限されるのは必至だということで、夏の計画停電は、気温が高い午後2?3時を中心に実施される見通しということのようです。そして、停電規模は、気温の上がり方次第で大きくなる可能性があり、首都圏への電力供給が長期間制限されることで産業界も大打撃を受けそうだと朝日新聞の記事に掲載されていました。昨年の夏幼な猛暑が毎日続くと、熱中症になる子が多くなりそうです。
 最近の国民の関心事は、福島原発の事故についてで、原子力発電についての是非が問われていますが、じつは、この原発問題は、放射能の問題で、電力不足とは、直接関係はないようです。今回の東日本大震災の津波で、福島県と茨城県の大規模火力発電所が、現時点で復旧の見通しが立たないほど壊れていることが分かったためなのです。大きな被害がわかった火力発電所は、広野火力発電所(福島県広野町)と、常陸那珂火力発電所(茨城県東海村)で、発電所の設備や、石油や石炭など燃料の貯蔵施設が津波で壊れたのです。両発電所の合計出力は480万キロワットで、同じく津波で損壊した福島第一原子力発電所(福島県大熊町・双葉町、469.6万キロワット)に匹敵するのです。
 2800万世帯に電力を送る東電管内のピーク需要は、冷房が必要となる夏場が6000万キロワット前後で、暖房需要が高まる冬場が5000万キロワット前後に対して、東電の現在の供給力は3500万キロワット前後しかないのです。電力は、水やガスのようにタンクに大規模に貯められません。そのため、需要分だけ供給力を用意する必要があるのです。よく、西日本の電力会社から回してもらえばいいと言われますが、周波数の違いから、受けられるのは100万キロワットまでだそうです。北海道電力からも送電技術の限界から60万キロワットしか受けられないそうです。
 今日、沖縄に来ていますが、宿泊しているホテルは、東京同様薄暗くなっていて、節電中とあります。「沖縄で、なんで?」と思ったのですが、実は火力発電に使う原油を節約して、東北地方の火力発電に送るためだと書かれてありました。火力発電では、燃料として石油、石炭、天然ガスなどが使われます。しかし、石油を使うことはオイルショック以来あまり依存をしないようにしています。また、石炭への依存度は今でも非常に高いのですが、温室効果ガスの排出量が最も多く、地球温暖化対策では問題が多いようです。水力発電も、ダムの問題から望ましくないし、なかなか難しいですね。

停電” への5件のコメント

  1. ドイツの環境首都フライブルク市は、「エネルギー自立都市」を目指して様々な取り組みをしています。反原発の対案として生み出されたこの政策のコンセプトは以下の3点ー。
    ?「省エネルギー政策」
     *市民に市役所から省エネランプ(20w)を無償で配り、節電を啓蒙する。
     *省エネ対策はまず公共施設から。建物を徹底した省エネ構造に変える。
    ?従来型のエネルギーの新しい利用形態を開発。
     *ごみの埋め立て地から発生するメタンガスと天然ガスをコジェネレーションシステムで発電と給湯を同時に行い、市内の一般家庭にエネルギーを供給。(エネルギー効率は70?80%)
    ?太陽光発電の利用
     *市内に太陽光発電装置は60か所、最高出力340kw。余剰電力は電力会社に売電。
     *ブンデスリーガのホームスタジアムの屋根にソーラーパネル。市民が出資者。売電の利益を還元。
     *太陽光発電による「エネルギー自給住宅」への取り組み。
    大震災がきっかけに起きた「計画停電」。電力会社の責任は大きいですが、持続可能な社会、環境にやさしい街づくりを考えるいい機会になればと思います。

  2. 電力の問題はこれから明らかになってくることはまだまだありそうですね。サマータイム制を導入して電気の使用のピークを分散させるなどの案が出ていたり、電化製品も省電力のものを作り出さなければいけないとか東西相互に電力を供給し合えるように周波数をそろえたりという話が出ていたりと、ずいぶん大きな変化がありそうです。一人ひとりが自分の問題として考える、そうした意識は必要なんでしょうね。変化を受け入れることの大切さを共有したいと思っています。

  3.  関東での計画停電。とても、停電の時間はとても不便な生活をしていると思います。ブログにも書いてありますが、停電中に一酸化炭素中毒で死亡した人もいるので、注意が必要ですね。もちろん街中を歩くのにもかなり注意が必要です。長時間の停電は経験した事が無いので、実感が湧きませんが、やはり大変でしょうね・・・。ただ、地震や津波の被害に遭い避難所生活をしている人は、もっと大変な生活を強いられているのを考えると、少しくらいの停電は・・・と思います。これから先も計画停電が続くようですが、確かに夏や冬などの季節はエアコンが使えないのは辛いかもしれません。ただ、それによって、多くの人が助かるのならば、遠慮なく電力を必要な地域に回して欲しいと思います。

  4. 今回のこの事態によって日本の電力事情についての情報がとても多く、少しづつ日本がどういった状態なのかというのが分かってきたように思います。それにしても沖縄まで節電をしてくれているというのはとてもありがたいことですね。日本各地が協力しているというのが分かります。それだけ大きい災害だというのも改めて感じました。はやく電気や原油の施設が回復し、復興が早くなるといいのですが、なかなか難しいものですね。今こそ、新たな電気供給源がでてくるといいですね。

  5. 「計画停電」はさまざまな影響を停電地域のみならず日本全国そこかしこに影響を及ぼしています。未曾有の災害に見舞われたので致し方がないと言えばそれまでですが、国難の今、私たちがやるべきことを明確にしておく必要があると考えます。電力については震災以降「節電」があちこちで行われています。節電による暗さに慣れることもそうですが、電力使用の無駄をいちいち意識していくだけでも電力需要を抑えることができるような気がします。ここは踏ん張りどころです。被災していない人々は節電やわがままの我慢や他者への思いやりを強くすることで被災者と共感することが求められていると思います。これから夏場を迎えます。エアコンの冷風に当たる前にどれだけエアコンに頼らずにすむか、健康な人々はためしてみるのもいいかもしれません。私も頑張ってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です