変化の時

 外国人から見た日本人は、普段の生活態度や感性だけでなく、今回の大地震などの災害や困難にぶち当たった時の行動や精神にも感心しています。1873年(明治6年)から1905年(明治38年)の間、日本で教師として活躍したイギリス人のバジル・ホール・チェンバレンは、「日本事物誌1」にこんなことを書いています。
 「日本人の間に長く住み、日本語に親しむことによって、この論文の後半において簡単に述べた最近の戦争や、その他の変化の間における国民のあらゆる階級の態度を見ることができたが、これらの外国人すべてに深い印象を与えた事実が一つある。それは、日本人の国民性格の根本的な逞しさと健康的なことである。極東の諸国民は(少なくともこの国民は)ヨーロッパ人と比較して知的に劣っているという考えは、間違っていることが立証された。同様にまた、異教徒の諸国民は(少なくともこの国民は)キリスト教徒と比較して道徳的に劣っているという考えは、誤りであることが証明された。」
 変化の間での態度に感心しています。変化は、誰にとってもストレスを感じることであり、変化することを避けようとするものです。しかし、いつの時代でもターニングポイントがあり、そのポイントでどのような態度をとるのかに知性を感じることができるのです。その時の日本人の態度を「根本的な逞しさと健康的」と感じています。それは、十分に姿勢が感じられ、道徳的にも優れていると感じています。
 また、違う部分の記述で、バジル・ホール・チェンバレンは、「過去半世紀間、この国のいろいろな出来事を充分に知ってきたものは誰でも、ヨーロッパの総てのキリスト教国の中に、日本ほど前非を認めるのが早く、あらゆる文明の技術において教えやすく、外交においては日本ほど率直で穏健であり、戦争に際してはこれほど騎士道的で人道的な国があろうとは、とうてい主張できないのである。もし少しでも「黄禍」があるとするならば、ヨーロッパ自身の良き性質にもまさるさらに高度の良き性質を、その新しい競争相手が所有しているからにほかならない。このように驚くべき成果が生じたのは、日本人が苦境に立たされていることを自覚し、断乎として事態を改善しようと決意し、全国民が二代にわたって熱心に働いてきたからにほかならない。」と書いています。「過ちて、改むるに憚ることなかれ」という言葉です。そして、今回の災害に対しても、日本人に対して感じたように「日本人が苦境に立たされていることを自覚し、断乎として事態を改善しようと決意し、全国民が二代にわたって熱心に働いてきたからにほかならない。」を実践してほしいですね。
「ヨーロッパが日本からその教訓を新しく学ぶのはいつの日であろうか――かつて古代ギリシア人がよく知っていた調和・節度・渋みの教訓を――。アメリカがそれを学ぶのはいつであろうか」とチェンバレンが言っているように、今、日本も「峻烈な気候と貧しい国土にあって、敢然とその任務に当ってきた」ような「かつての日本人がよく知っていた日本人としての素晴らしさ」を新しく学ぶ時かもしれません。それは、大変な時、変化の時、やり直そうとするときこそ学ぶチャンスです。

変化の時” への5件のコメント

  1. 過去の日本が国難ともいうべき歴史の転換点に立った時、勇気ある決断と類まれな指導力でどん底の危機を救った人物が現れたことも事実です。20日付の産経抄によると、『大正12年の関東大震災の直後、内務相の後藤新平は何と地震の5日後には「帝都復興の議」を提案。帝都復興院設置し、自ら兼任で総裁に就く。ここに、内務省から優秀なスタッフを引き抜き、猛烈なスピードで復興案(復旧案ではない!)を練り上げる。その帝都復興案は100m道路など東京を欧米の最新都市のように造り変えるものだった。国家予算が15億円ほどの時代に40億円はかかるといわれ、議会の猛反発を受け、最後は大幅縮小される。だがその前向きな案は、後藤の人気と合わせ被災者に大きな希望を与えた。』人の人生においても、一国の歴史においても、「ピンチはチャンス」の方程式は変わりません。後藤新平は、震災で焦土と化した首都の50年後、100年後の姿を思い描いて帝都復興に奔走しました。彼は日銀総裁の井上準之助に「身命を賭して御奉公するのは、今の時だよ」と諭したといいます。さて、平成の今、日本のリーダーたちにその覚悟ありやー。

  2. 変化の時、今はまさにそうですね。今をどのように受け止めてどう行動していくかで、これからの日本は大きく変わってくるというのが多くの人が感じていることだろうと思っています。こんなときにどんなビジョンを持って行動するかはとても大切で、我に縛られてしまっているときではないはずです。日本人の素晴らしさを考えどんな日本を目指すのか。そしてどんな大人の行動を子どもたちに見せていくのか。「共生と貢献」を今こそ自分のものにしていかなければと思っています。

  3.  「大変な時、変化の時、やり直そうとするときこそ学ぶチャンス」本当にその通りだと思います。震災から二週間が過ぎましたが、今だ物資が足りない地域、電気が通らない地域、放射能で生活が脅かされている地域など、まだまだ大変な地域がたくさんあります。そんな時こそ、じっと我慢するのでなく、自ら動いて変わろうとする力が大切なんですね。今こそ、日本全体が一つの為に動く時のような気がします。かつての日本人の良さを学びなおすチャンスですね。ある漫画で出た有名な言葉ですが「One for all All for one」一人はみんなのために、みんなは一人のために。

  4. 新聞やネットでも諸外国から日本の国民の姿勢が評価がいいという話は最近聞くことが多いですね。昔から言われていることが国民性として少しでも残っているということにどこかホッとしています。CMや他県でも節電や救援物資の移送各地で取り組みが行われています。そういったこういった災害時における対応はまさに人間を試されているように感じます。こういった事態でしか感じられないとういうのは良いことではないのでしょうけど、これを機に色々なことを見直して、勉強し、日本人の本来の良さをもっと磨いていけるようになるといいですね。

  5. 今回の東日本大震災は日本という国に変化を求めています。現象的には原子力に依存しようとしてきた私たちのライフスタイルの問題であり、根源的には、教育をはじめとするわが国の国民一人ひとりの人間性形成の問題です。藤森先生が言われてきた「変えてはならないものを変えないために、変わる」ということが思い起こされます。「変えてはならないもの」、それは「日本人の国民性格の根本的な逞しさと健康的なこと」、「率直で穏健」また「騎士道的で人道的」さらに「調和・節度・渋みの教訓」、「かつての日本人がよく知っていた日本人としての素晴らしさ」ということです。少子時代、高齢者時代、情報時代、グローバル時代という環境の変化にあって私たちが今選択すべきは根本的価値観の保守のためにこれまでの有り様を見直すということです。たかだか数十年前を振り返り懐かしみそこに回帰しようとすることでは同じ過ちをくり返すことになります。論語衛霊公第十五の三十には「過ちて改めざる、これを過ちという」とあります。「改める」とは「変わる」ということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です