子育て支援と父親の役割

 「子育て支援」の必要性が長く叫ばれてきました。それは、子育て支援センターのような施設だけでなく、保育園、幼稚園でもそのような機能が求められています。しかし、どのような親に対して、どのような支援をするのかということは、少しずつ変わってきているように思います。それは、親が置かれている社会の変化だけでなく、母親が子育てするのは本能であるという考え方が変わってきていることもあります。また、子どもは母親のもとで育てられるべきだという考え方も変わってきています。私も、今度「子育て支援」についてのシンポジウムに参加するのですが、そのテーマは私にとってはなんだか懐かしい気がします。そこで、チンパンジーの研究から、子育て支援、父親の育児参加を見てみたいと思います。
 「授乳をすることが哺乳類の一番重要な特徴ですが、自然にその種にふさわしいような形で、授乳も含めた育児行動をどの個体もできるようになるかというと、多くの種でそうではありません。」と言われているように、誰でも子育て能力は本能的に備わっているわけではないのです。それは、チンパンジーにおいて、さらにヒトにおいてもさらにそうではないのです。ですから、それを補っていくのが、その種それなりに、上手に育てないお母さんをどんなふうにサポートしていくかという行動の進化だそうです。京都霊長類研究所では、研究する中で、こう思ってきたようです。「チンパンジーのお母さんは、基本的には子どもを自分だけの力で育てます。けれども、ヒトの場合は、それをするには、あまりにもたいへんな子育てがお母さんに課せられてきました。これはヒトとなった時からそうなのです。独力で育てることの困難なお母さんに対して、ヒトという種は、その子育てを支える、援助する行動を種の特性として育んできたと考えられます。」
チンパンジーの子育てから、人間だけに見られる特性を感じるようです。その内の一つが、「物を共有する、食べ物を共有する、そのお母さんの強く熱い姿勢であるということであったし、さらに周囲の人間は、そうやって熱く、そして苦労して子育てしているお母さんを支える。」ということにあるようです。
また、チンパンジーにおける父親の役割ですが、その動機が面白いですね。「チンパンジーは野生の場合は、複雄複雌で数十頭の群れで生活をしています。その群れの中で、いろいろな男性がいろいろな女性と、いろいろな女性がいろいろな男性と交渉を持つことは可能です。というわけで、生まれてきた子は、その群れの男性の誰かの子どもです。ということは、男性側からすると、そこの群れにいる女性から生まれた赤ちゃんたちは、自分が交渉を持った相手から生まれてきた子どもである限りは自分の子どもの可能性があるわけです。しかも、チンパンジーの群れは、女性がよその群れにお嫁入りに行きます。男性は、生まれた群れに残ります。ということなので、結局自分が父親でなくても、自分の兄弟とか従兄など、要するに血縁の者が、生まれた子どもの父親であるので、どちらにしても、生まれた子どもは自分たちにとっては大事な子どもであるのです。ですから、特定の子どもの父親として、特定の子どものケアを引き受けて、がんばって育児するのではなくて、その群れの子ども全体の保護をします。」
では、父親は子どもにとって、どんな役目を引き受けるのでしょうか。ただ、熱心に面倒を看るかどうかは個体差があるそうですが、基本的には、父親としての役割をその群れに生まれた子どもに対してはどの子に対しても果たすようです。では、群れでの父親としての役割は何かというと、「腕白に元気に発達してきた子どもが遊びかけてくるので、このようにいろいろと関わり合いを求めてきた子どもを優しく受けとめてやって相手になることでしょうか。」
お母さんが圧倒的にワーキングマザーで、母子家庭であるチンパンジーの子どもは、不特定の父親と接し、お母さんがいて、赤ちゃんがいて、お兄ちゃんがいて、小さい子どもが離乳したら、また引き続いて次の子どもが生まれ、生涯の中で順々に育てられていくことのようです。

子育て支援と父親の役割” への5件のコメント

  1. 純粋に自分の力だけで子を産み育てているヒトのお母さんはいないでしょう。子どもを産む時も余程の例外を除いて他者の手を借ります。そしてわが子を育てる時でも必ず誰かの手を借りて育てているはずです。常に他者と共に子を育てることが私たちヒトの特性と言えるのではないでしょうか。ヒトにも男と女という性差があって、それぞれの役割を果たしています。子どもをつくるだけの男もいれば、つくった子どもと一緒にいてその子のモデルになる男もいます。時にはその子の反面教師となる男も存在します。子が長じれば共に過去を振り返りながら懐旧の念を共有する男もいます。男は時にわが子以外の子たちと共にいることを楽しむことができます。ヒトの男は社会的に子たちを育てる存在です。わが子でなくても育てられます。ヒトの大人の男は子のあるなしにかかわらず社会的に子たちの行く末に責任をとれるのでしょう。大人の男たちよ、子たちの将来のために、逃げずに、より良い社会を恐れずに創り上げていきましょう。

  2. 母親の役割と父親の役割について、役割が一緒だと考えてしまうとおかしなことになってしまうんだと感じています。父親も育児にもっと参加しましょうという話になると役割の違いについてはあいまいなまま話が進んでいくので、結局何をすればいいのか分からず参加できない状況が続いているというのが今の問題点でもあるように思います。母親・父親だけでなく、様々な役割が子どもにも社会にも必要なんだということをまず共通認識するとこから始めると、変わっていくことはたくさんあるんだろうと思っています。

  3. 子育てにおける父親と母親の役目というと思い出すのが、心理学者の河合隼雄先生の「父性原理・母性原理」という概念です。『母なるものの力は、「包含する」力であり、すべてのものをよきにつけ悪しきにつけ包み込む。これに対して、父なるものは「切る」力を持っている。これは、物事を上と下に、善と悪に、物質と精神に、などど分けて考える。・・・母親は確かに子供を産み育てていくものであるが、母親が子供を抱きかかえすぎるときは、子供は成長していっても独り立ちすることが難しくなるものである。子供が自立していくためのモデルとなる父親像の弱さが問題なのである。』これは実に30年以上前の河合氏の指摘ですが、核家族で子どもが母親と向き合って育つことの多くなった今こそ、父親の役割の再認識が大切になっているのではないでしょうか。

  4.  自分の子どもを親だけで育てていくのは、不可能ですね。父親か母親のどちらかが仕事をせずに、ずっと子どもと家の中で1対1の関係が出来たのならば、可能かもしれませんが、それはある意味虐待になります。わが子を必死に育てようとしている、親を周りが支え、一人の子どもを回りの皆で見守り、そういう関係がとても素晴らしいと思います。どうしても我が子が面倒見れない場合は近所の人がしばらく見てくれたり、今度は逆に見てあげたりと、支えあいながらの関係を築けていきたいと強く思います。チンパンジーの父親の役割から、大切な事を学んだような気がします。

  5. 母性と父性とはよく言われます。ということはやはり男性と女性では子どもとの関わり方は違って当たり前なのでしょう。どうしても「子育て」と一括りにされると「お母さん」を求められがちです。それでは社会はうまくいきません。少子化になってから特にそういった子育ての考え方が多くなっているように思います。親同士が支えあい、家族で支えあい、地域で支えあうということが人間の営みの中で当然だったのが、だんだん変わってきています。その中で保育園や幼稚園が変わらなければいけないところは多くあります。子どもたちの生きる環境、社会をもう一度再認識しなければいけませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です