言葉のニュアンス

 どの国も言葉にも、その国の言語における心地よいリズムがあると思います。今年の園からの子どもたちへのクリスマスプレゼントは、職員で考えた、園を読み込んだ「かるた」です。職員で読み札を考えたのですが、その文章がしっくりと読むことができるものと、なんとなくぎくしゃくするものがあります。どんな言葉がなんとなく気持ちよく聞こえるかというと、どうも5音と7音が安定するような気がします。これは、日本人は誰でも感じるようで、古代歌謡では音数がなお不定のものもあったようですが、万葉集以降は、およそ五音と七音が基本単位となったようです。それに対して、たとえば中国語などでは、「押韻」という同一または類似の韻をもった語を一定の箇所に用いることでリズムを作り、響きの心地よさや美しさを作り出します。また、他の国ではアクセントによってその言葉の心地よさを与えることもあります。
このアクセントや押韻などによるリズムよりも日本では、音数に基づく「律」である「韻律」という言葉のリズムが心地よさを与えるために著しく発達します。そして、規則正しく反復する音において、音律は認識されます。それを音数律と呼びますが、その音の数は、同じ数の言葉が続くよりも、異なった言葉が繰り返される方が心地よさを感じます。ですから、5音、5音というよりも、5音、7音と続いた方が心地よいリズムを感じるようです。それが、五七調という五音に七音が続く二句がまとまりをなすときの調べや、七五調という七音に五音が結合するときの調べが生まれてくるのです。
言葉というのはとても微妙なもので、五七調か七五調かで感じ方が違ってくるようです。五七調と七五調を比べると、七五調のほうがずっとリズミカルに感じるようです。それは、五七調では、2拍の繰り返しが2回しかなく、十分リズムに乗りきらないうちに、間延びのする七に移るため重たい感じになるようです。これに対して、初めに2拍を3回繰り返す七五調では、十分に助走がついた上で、下を5拍でコンパクトにまとめることができるからのようです。ただ、七五調の難点は、調子がよすぎて、ともすれば軽薄な感じがしてしまうことであり、逆に、重く沈んだ気持ちを表現するには五七調のほうが向いていると言われています。
また、日本語には、言葉のもつ微妙な感じとか、言葉から受ける主観的な印象に「語感」ということがあります。 今月16日の朝日新聞の天声人語にこんな文が掲載されていました。「谷川俊太郎さんに『おならうた』という愉快な詩がある。〈いもくって ぶ/くりくって ぼ/すかして へ/ごめんよ ば/おふろで ぽ/こっそり す/あわてて ぷ/ふたりで ぴょ〉。豊かな「音色」は、詩人が母語の常識から解き放たれ、心の耳で遊んだ産物だ。擬音語に限らず、何かを伝える前には言葉を選ぶ作業がある。とりわけプロポーズや面接のような勝負時、私たちは知る限りの言い回しから、思いと常識が折り合う言葉を絞り込む。適切な表現にたどりつくには、意味と語感の二つの道があるという。意味には字引という案内人がいるが、語感には道しるべもなかった。近刊『日本語 語感の辞典』(岩波書店)の著者中村明さんが、先頃の読書面で出版を思い立った理由をそのように語っていた。『言葉を選ぶ時に多くの表現が思い浮かぶのは、ものの見方が細やかということです。ものの見方を磨かないと、表現は増えません』。中村さんの指摘は、言葉を生業とする者すべてに重い」
意味は一様であっても、その言葉の語感による違いがあります。中村さんは、「日本語 語感の辞典」の中でこんな例をあげています。「発想・着想・思いつき」「心得・素養・たしなみ」「感激・感動・感銘」などです。今、幼保一体化の議論の中で、「教育」という言葉の定義が問題になっています。この言葉からは、どうも何かを無理やりにたたき込んでいるというイメージを強く持ち、持っているものを引き出していくというエデュケーションというイメージはわいてきません。