熊本から長崎

 NHK大河ドラマ「龍馬伝」を見て感心するのは、当時活躍している人の行動範囲の広いことです。テレビでは簡単に江戸から京都、そして長崎と画面が変わりますが、その移動には飛行機ならわかるのですが、新幹線を使ってもかなり時間がかかります。それを、当時おもに歩いての移動ですから、大変だったと同時に時間がかかったでしょう。坂本龍馬に限らず、いろいろと活躍した人の足跡を見ると、その移動距離はすごいものがあります。ただ、テレビで見るほど、何回も行ったり来たりはしていないかもしれませんが。
sattyo.jpg
最近の龍馬伝の舞台は京都です。先日も今日の薩摩屋敷が放映されていました。薩摩屋敷は、現在の同志社大学の構内の中にありました。敷地は、5800坪(19000?)9棟の建物もあるほどの広さだったようです。一方、長州屋敷は、木屋町通、御池通の北に京都藩邸がありました。現在は京都ホテルオークラが建ち、桂小五郎像と長州屋敷跡の碑が建っています。もう一つの舞台は、寺田屋がある伏見です。ここを行ったり来たりしています。
katurazo.JPG
 また、少し前までの主な舞台は長崎でした。坂本龍馬が亀山社中を立ち上げた長崎です。その前は、江戸でした。そして、江戸から神戸へと移ります。勝海舟の海軍塾の塾頭だった坂本龍馬は、英仏米蘭4カ国連合艦隊の長州攻撃を阻止するために、海舟とともに外国勢との調停役としての幕命を帯びて、当時海軍塾のあった神戸から長崎へと旅立ちます。その時の道中のことが、勝海舟 による「海舟日記」に書かれています。
往路では、10日間かかり、復路は9日間かかっての旅のようです。まず、往路についてこう書かれてあります。
「元冶元年 (1864年)2月14日神戸を出港」とあります。まず、瀬戸内海の海路を進みます。当時の乗り物の第1は、船利用です。日本は、海で囲まれ、国土の中を川が走っています。水路利用は、さまざまな商品を運ぶ上でも重要であり、その為に、栄えた町は港とか、川に沿ってありました。その船は、「15日佐賀関に入港。徳応寺に止宿」とあるように、大分県に着きます。現在でも、国道九四フェリーが九州大分県佐賀関と四国愛媛県三崎(佐田岬半島の先端)を最短航路(31km)をわずか70分で結んでいます。また、この間の豊予海峡で捕れる関アジや関サバは有名です。徳応寺 にある第10世住職によって書かれた「日本人物誌」には、勝海舟 が 佐賀関 に上陸したことを絵入りで紹介し、宿泊 したことが記載されているようです。
その後は、九州横断の陸路を取ります。「16日豊後鶴崎の本陣に宿泊。17日野津原に宿泊。18日久住に宿泊。19日内の牧に宿泊。20日大津宿を経て熊本城下新町の本陣に宿泊」とあるように、肥後街道を歩いていったようです。龍馬は、各宿泊地では偽名で泊まったようです。熊本に着いた龍馬は、海舟の使いで横井小楠を訪ねています。その後何度かここを訪ねるのですが、先週末、講演の合間に横井小楠記念館に連れて行ってもらいました。彼については、明日書いてみようと思います。
そして、「21日夜大津宿より乗船。島原へ渡る。21日払暁、島原へ着船。城下本陣へ休息。直ちに出立。」とあります。先週末、私も龍馬同様、熊本から船で島原に上陸しました。私が上陸した港の近くに、坂本龍馬が上陸した碑が建っていました。その前の日のNHK大河ドラマ「龍馬伝」では、「薩長同盟」を結んだ日のことをやっていましたので、感慨深いものがありました。
joriku.jpg
「此地より長崎迄は、土地磽かく、田畑の間大石雑わり、小石、道路満ちて甚だ悪し、雲仙の嶽噴火せしによるか、西洋に云うラアの之年を経しものあらむ。22日会津(愛津)に宿す。23日長崎着、日見峠甚だ難所、直ちに奉行之御役宅へ行き面会、洋船未着之由を聞く、福済寺旅宿となる。」こうして、長崎に着いたのです。私も今日まで長崎で研修です。