眠くて

園では、お昼寝がしたくない子が何人かいます。それは、もちろん子どもによってはそれほど昼間の睡眠時間が必要でない子もいますし、また、その日の昼間の活動によって休息の量や質は変わるはずです。それを、個人差や活動量を無視して、みんな一斉に昼寝をさせようとしたり、もう年長さんなんだから寝る必要はないと思いこんだり、園の昼寝は大人の都合で寝かせたり、寝かせなかったりしているところが多く見られます。もう少し、自由にさせてあげたらいいのにと思うことがあります。少し前の5月の連休後に、私の園に昼寝の取材が来たことがあります。それは、昼寝をしたくない子が、みんなが寝ている間、寝ないで本を読んで休息している写真を撮りたいということでした。事前に問い合わせがあったのですが、毎日寝ない子が5?10人くらいいるので写真は取れますよということできてもらいました。ところが、いざ、写真を撮ろうとすると、誰ひとり起きている子はいず、全員寝てしまっていました。職員に聞いてみると、子どもたちは全員連休中にいろいろな所に出かけて、1日中動き回っていたので「疲れたから寝る!」と言って寝てしまったそうです。私の園では、普段から寝ても寝なくても自由なので、子どもたちは言われてではなく、自分の体に聞いて選択しているようです。
それにしても、私がいつも一緒出かける職員はよく寝ます。昼間であろうが、人の話を聞いている時であろうが、すぐ眠り始めます。すると、R25という雑誌の特集記事「いくら眠くても就業中は寝てはならぬーーそれが社会人というものです。わかっちゃいるけど、ランチの後から午後3:00ごろにかけての睡魔はキョーレツ! 午後になると眠くなるのはどうしてなんだ?」というのを見つけました。
どうも、それは、普通のことのようです。「午後1?3時に感じる眠気は『ポストランチディップ』と呼ばれ、もともと人間はこの時間帯に強い眠気を感じる生体リズムを持っている」そうです。昼食をたべた後、だれでも引き込まれるような眠気が生じるのは、昼食による満腹感と結びつけて考えられていたのですが、最近では、この眠気が昼食の有無にかかわらず生じていることが明らかになり、ヒト固有のリズムとして認識されるようになったようです。この午後の眠気を、ポストランチ・デープ(post-lunch deep)とかポストブランチュアル・ディップ(post-brunchial dip)といいます。人は、1日24時間を単位として行動しています。しかし、人間の体は、12時間を単位としてリズムをとっているそうです。それを、サーカセミディアンリズム(半概日リズム)というそうです。
R25という雑誌の特集では、「だかといって「じゃあしょうがないよね!」とはいかないのがビジネスの現場。眠気に負けない方法ってないのかな?」という特集でした。そこに書かれてあったのは、もともとおやつの語源は「八ツ時」(午後2時ごろ)からきているのは、昔の人もちょうど眠くなるこの時間帯に、お茶うけを食べてアゴを動かし、お茶でカフェインを摂っていたからだそうです。一時的な対処方法ですが、カフェインを摂る、ガムを噛む、冷たい風をあびる、顔を洗う、周囲を明るくする、体を動かす、などがありますが、その中で特に効果的なのは、「おやつ」を食べることだそうです。
大人も、昼寝かおやつが必要なようです。

眠くて” への5件のコメント

  1. 子どもの昼寝については自分たちの中でもよく話題に上がってきますが、みんな昼寝をするものと考えるのではなく、昼寝が必要な子もいると考えなければいけないというところにいつも落ち着きます。昼寝をしたいと思う子が、それができる環境を用意することが必要なのであって、この子は昼寝が必要で、この子は必要でないと大人が決めるのとも少し違っているんだろうと思っています。やはり睡眠は自分で必要と感じてできるようになりたいものです。そういう意味で考えると、藤森先生と一緒に行動される職員さんは、良い悪いは別として、人間の生体リズムにまっすぐ向きあっておられるんですね。

  2. ワールドカップの中継に夢中になっているせいで、寝不足で頭がぼんやりしています。う?ん、昨夜のオランダ戦は惜しかった!あんなロングシュートが本番で決められるところが、優勝候補といわれる所以ですね。デンマーク戦に期待しましょう。私も、昼食の後は営業車の中で大体30分くらい昼寝をします。気持ちいいですね。ただしあまり長くなると、寝起きが悪くなります。うたたね程度がちょうどいいようです。ブログを読んでいて気になったことですが、園のお昼寝で期待に反して全員が寝てしまった時、撮影はどうなったんでしょう。こんな時でも、寝たい自由を大事にされたんだとおもいますが…。

  3.  私は幼稚園でしたので、昼寝はしませんでした。ただ親の仕事の都合で、延長のときは昼寝があり、とても大嫌いな時間でした。全く眠くないので、起きたら先生に怒られました。嫌な思い出の一つですね。ただ今は眠くて仕方がありません。とくに給食の後は動いていないと本当に寝ます。それが生体のリズムだと知って少しは安心しましたが、そうは言っても仕事中ですので、眠るのはいけませんね。濃いコーヒーを飲んだり、ガムやお菓子を食べたりなど、それなりに対応しようと思います。

  4. 昼寝というのはただ、昼食による満腹感からくるだけではなく、生体リズムも関わっているということにびっくりしました。たしかにその時間帯は眠たくなりますね。子どもたちを寝かしつけながら、ついウトウトとしてしまうことが多くあります。だから、おやつの時間くらいに珈琲を飲みたくなるのは生体リズムと理性せめぎあっているからかもしれませんね(笑)仕事に支障がないようにうまく自分の生体リズムと付き合っていこうと思いました。

  5. 他の保育園にお願いした我が子がお昼寝をとても嫌っていたという主任保育士さんを知っています。しかしその主任さんはほぼ何の疑問も持たず園の子どもたちを1人の例外もなくお昼寝をさせていました。おそらくその園の伝統及びお昼寝は必須並びに職員のお便り帳記入時間の確保というところがその強制の根拠でしょう。ところで私自身も途轍もなく苦しい睡魔に仕事時間中襲われることがあります。あの眠気は本当に辛い。このままどこかに横たわりたいと思いつつわが身に鞭打って歩きまわることにしています。コロコロで床を掃除したりしていることもあります。あるいは、あればせんべいをカリポリ食べます。脳に刺激がいくせいでしょうか眠気が一時的に消えうせます。しかし残念ながらデスクについてお役所文書を眺めていると再び「眠りの森のおじさん」となってしまいます。お昼寝の課題は今後とも忘れず追求したいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です