花の色

 季節ごとにいろいろな花が咲きます。また、地域ごとにもいろいろな花が咲きます。そして、地域や、出来事や、人物にも花が関係することがあります。昨日訪れていた長崎市の花と言えば、「あじさい」です。オランダ商館医として出島に赴任したシーボルトが愛する女性「お滝さん」にちなみ「オタクサ」と名づけヨーロッパへ伝えた花です。今、ちょうど、「ながさき紫陽花まつり」が行われ、市内各所は10種類約4000株のアジサイで彩られ、さまざまなイベントが行われていました。
 長崎の市内巡りの方法「さるく」は、何度かブログで紹介しましたが、今、長崎での「さるく」のテーマは、龍馬関係で何種類も組まれていますが、今回は、期間限定通さるくの「ながさき紫陽花さるく」を講演の合間に少し歩いてみました。そのコースは、出島 →楠本イネ宅跡 →銅座跡 →旧柳通り(ベルナード観光通り) →清風亭跡 →アルコア中通り →袋橋 →眼鏡橋 →興福寺と巡るコースです。
出島を出て、楠本イネ宅跡を探したのですが、どうも見つかりませんでした。また、このコースは、どうもアジサイを楽しむというより、アジサイにちなむシーボルトに関係する場所を歩くコースのようで、なかなかアジサイを見ることができませんでした。しかし、しばらく行って、中島川のほとりに出ると、そこには、少し盛りを過ぎたアジサイがたくさん咲いていました。
maganebasiajisai.JPG
この中島川には、「中島川石橋群」として12もの石橋が架けられており、その中でとくに有名なのが眼鏡橋で、その第10橋にあたります。中島川に架かる日本最古の石造アーチ橋で国指定の重要文化財に指定されており、日本三名橋の1つです。眼鏡橋は、水面に映るその容姿から昔から人々に「めがね橋」と呼ばれていましたが、明治15年(1882年)に正式に「眼鏡橋」として命名されたそうです。
 そこを少し下っていくと、光永寺という寺がありました。そこには、「慶応義塾創立者、福沢諭吉ゆかりの寺」と書かれてあったので、中に入ってみました。安政元年(1854)、同藩下級武士の出であった、当時19歳の諭吉はこの光永寺を頼って来崎し、蘭学学習の第一歩を踏み出したのがこの寺で、約1年この寺に留まって勉学に励んだと云われています。
また、この寺の庭には、とても珍しい花が咲いていました。娑羅の木が花を咲かせていたのです。
sarasoju.jpg
この木の花を誰でもすぐに思い出すのが、「祗園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 娑羅双樹の花の色 盛者必滅の理をあらはす おごれる人も久しからず ただ春の夜の夢のごとし」という「平家物語」の冒頭の文に出てくる文章です。ここで言われているように、この白い花は朝に咲いて夕方には散ってしまうことから、無常のたとえとして古来より使われてきました。もうひとつ、この木で思い出すのは、釈迦が亡くなったとき(入滅のとき)に、この木がその四方を囲んでいて,それぞれに2本ずつ,対になって生えていたことから,双樹と呼ばれるようになったのですが、入滅したとき、この木が枯れて鶴の羽根のように白くなったとの伝説があります。このことから、娑羅双樹の木は、仏教では聖木とされています。しかし、娑羅双樹はインド原産の常緑樹で熱帯樹の為、日本では育たないようです。ですから、平家物語に登場する沙羅双樹や、日本で見かける娑羅双樹の木はツバキ科落葉樹の「夏椿」や「姫娑羅」のことのようです。私が光永寺で見た花は、「姫娑羅」だそうです。
 花のいわれや、その花にまつわる逸話を知ると、その花を見る目が変わります。

花の色” への5件のコメント

  1. アジサイの花というと、男はつらいよの「寅次郎あじさいの恋」を思い出します。印象的な名シーンをひとつ。
    丹後半島、伊根の舟屋。寅さんはかがり(いしだあゆみ)に会いにやってくる。
    失恋したかがりを慰める寅さん。そして寅は帰ろうとするが、船の最終便は出て行ってしまった。仕方なく、寅はかがりの家に泊まる。静かな夜にかがりと寅は二人きり・・・。寅が布団に入っていると、かがりが部屋に・・・。(うん、いよいよか!)
         「寅さん・・・もう寝たの・・・」
    なんと寅は狸寝入りでごまかす。(う?んじれったい!)かがりは寅さんに惚れ、寅さんはその女ごころを受け止められない。翌朝、船を見送るかがり。
         「寅さん・・・もう会えないのね…」
         「いや・・・ほら風がな、風がまた丹後の方に吹いてくることもあらあな…」
    どこまでもええかっこしいの寅。この後、例によって恋の病にかかった寅であったが、鎌倉のあじさい寺で二人でデートのはずが、満男を連れていく始末で、あえなくふられてしまう。最後にいつものように旅に出ていく寅ではありました。
         白でなく 紫でなく薄紅の 寅に哀しきあじさいの花

  2. いわれを知ったり、何か特別な体験とセットになったりすることで、見方が変わるという体験はいろいろとしてきています。ある瞬間の見方や捉え方は絶対的なものではないということを、そんな体験をする度に感じます。他のモノとの関係によって、捉え方が豊かになっていくようにも感じます。そう考えると、人との関わりもいろんな人との多様な関係性をもった方が、自分の心を大きくしてくれるのかもしれないと、花とは全く関係ありませんが、そんなことを思いました。

  3.  保育園のアジサイも咲き始めました。アジサイのことは詳しくは分かりませんが、土によって花の色が微妙に変わると聞きました。写真のようにアジサイがたくさん咲いている風景はとても綺麗ですね。ただ別名というか「オタクサ」と呼ばれていたのは初めて知りました。とそして二枚目の写真の娑羅は初めて見たというか、もちろん「祗園精舎の鐘の声?」の文章を思い出しました。お釈迦様が亡くなった時に、娑羅の木で四方を対で囲んだことから双樹。鶴のように木が白くなった伝説から「聖木」と呼ばれるようになった。花を見ると、まずは綺麗だなと感じますが、由来や逸話までは知ろうと思い立ちません。知ることで、その花の見方や印象が変わり、楽しくなりますね。

  4. 平家物語の冒頭での「沙羅双樹の花の色」ですが、習ったときはどんな花なのだろうと思っていましたが、こういう綺麗な白い花だったんですね。しかも、ひとえに「沙羅双樹」といっても、お釈迦さまの入滅するときに咲いていたのが「沙羅の花」で二つづつ咲いていたから「双樹」と由来があり、平家物語の冒頭のほんの一部の単語にも関わらず、そんなに深い意味合いが見えてくるというのが勉強になりました。以前「湯の花」や「高尾山」でのブログでもありましたが、そのものの由来や逸話を知ることで、より見識を深めたり、ただ感心する以上の楽しさを得ることもできますね。

  5. 当臥竜塾ブログのおかげで花や植物にも関心を抱けるようになりました。紫陽花も今の季節の花ですね。園の入り口付近にも紫陽花がその花を咲かせていることをこの前知りました。シンガポール教育省の方をお迎えした時のことでした。教育省幼児教育課長さんが?hydrangea!”と同行の方々に花の存在を知らしめたのです。私も「あ?アジサイ」と心中反芻しました。平家物語の冒頭はいいですね、「沙羅双樹の花の色」そして盛者必衰の理」、なんとも無常を感じます。写真で紹介されている「姫沙羅」の花、可憐で美しい。こうした写真を観るとホットします。老荘の話の合間にこうしたブログがあるとちょいと一休み、無心で花を愛でましょう、といった感じになりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です