ドイツ研修1日目

 ドイツでの1日目の研修で、気がついたことを報告します。今日午前中に行った園のコンセプトは、「遊具を減らすプロジェクト」に取り組んでいる園でした。ここは、キンダーがーテンと言って、3歳から6歳児まで75名が在籍しています。保育時間は、7時から17時までです。75名の子どもたちは、異年齢の三つのグループに分かれています。それは、昼食前後に戻るグルーうであり、活動における集団は、75名が自分が選択をしたグループ活動をします。
この園の取り組みである「遊具を減らす」というのは、何を目指しているかというと、簡単にいえば「発見し楽しみながら学ぶ」という意図からのようです。そして、今日の保育は、次の三つの中からの選択です。
一つ目は、厚紙に穴をあけて、その穴にひも通しをするというものです。
himotoosi.JPG
二つ目は、料理です。火を使うところ以外は、切るところからすべて子どもたちがやります。そして、作ったものをみんなで午前のおやつとして食べるというものです。
tukuttamonowotaberu.JPG
三つ目は、フェルトをせっけんでよく洗い、それを丸めてボールを作るというものです。
ferutotukuri.jpg
どれも、遊具は使いません。素材を手で感じ、自発的に行動させようとするものです。そのほかにも、年長児だけが毎日3時間森に行くプロジェクトをしています。これは、今回、午後の見学予定の主ターナー幼稚園、他の日に見学が予定されているところでも「森のプロジェクト」に取り組んでいる園があります。それは、OECDにおけるスターティングストロングの中で指摘されている次の内容が影響されている気がします。
「(幼児教育として適切でないと指摘されている園では、子どもの遊びを)しばしば机上のゲームに限定される。屋外での発見遊びや北欧の就学前学校の特徴である諸活動の中からの広い選択肢はほとんどない。」ここで重視されているのは、「屋外での発見遊び」です。また、幼児の本質的学習戦略を、「遊び、屋外の探索、行動の自由、クラス室内での他児童との関係や話合い」として挙げ、これらが奨励されていない園も多いことを指摘しています。
ただ、今回見学した園では、最初、すべての遊具を無くしたところ、子どもの育ちが必ずしも保障されないところがあり、職員、保護者の意見もあり、今は、少し、緩和されているようです。
しかし、それがっていされている園を午後見学しました。それは、シュタイナー幼稚園です。見学した園は、2歳から6歳まで60名の園児が在籍し、7時30分から15時30分(木曜日は17時)まで保育しています。この園での遊具はすべて天然素材で、流木、木切れ、木の実、石ころ、布などです。そこの園長先生が、半月型をした木切れを耳に当て「電話」をかけている真似をし、もう少し大きな木切れは、それを押してパソコン、眺めてテレビというように見立てをしてみせました。
denwatoterebi.JPG
自然物を見立てて遊ぶことで、個々の創造性を養うことができるというものです。反面、ゲーム類は、「遊び方」があるように遊び方を限定し、その為のルールがあることは創造性は養えないというのです。
簡単に何でも買えばそろうという考えかたから、工夫や創造性をどうつけていくかという点から遊具や、その素材を見直すことは必要かもしれません。
funetoumi.JPG
ただ、今回の園では否定されていたコンピューターなどはフィンランドでは重要な保育教材ですし、集団を作るためのボードゲームなどの必要性も言われていることはどうなのでしょうか。