生活から産業へ

何回かブログでテーマに選びましたが、「グッドデザイン賞」という賞があります。この賞を、私は二度受賞していますが、その歴史は古く、1957年に始まっています。その制度が、50年以上もたっても、今日までもなお存続し発展を続けているのでしょうか。それは、時代によってあまり必要がなくなったものではなく、ますますデザインが重要になってきたからです。私のブログでも、たびたび取り上げるのも、デザインという定義は、時代によって変化をし、その変化が、他の分野にも影響を及ぼしているからです。デザイン賞とは、応募された対象の中から「優れたデザイン」を選ぶものですが、この「優れたデザイン」というものが変化しているのです。
「グッドデザイン賞(Gマーク制度)」発足当時の文書には、その目的について「商品の良質化により国民生活の向上、産業の発展及び輸出貿易の振興を図るため・・・グッド・デザインを選定公表する」と記載されています。当時、教育の目的にも似たようなことがありました。目的に「産業の発展」があるのです。当然、国を復興させ、国を富ませる課題はいつの時代でもありうることです。国が富むことによって、国民の生活が富んでくるという発想です。そのために、個人の思いはあと周りになり、一生懸命に働き、産業が発展してきました。それは、物だけでなく、建物、道路造りなどにも反映され、いろいろなものが作られてきました。それを後押しするかのように、いろいろな施設が作られました。私は、その一つが「保育園」出会ったような気がします。子どもにとっての施設というよりも、産業を発展させることを支えてきました。
ところが、2008年、グッドデザイン賞は大きな変更をおこないました。それは「産業から生活へ」を「生活から産業へ」と踏み換える改定です。産業を発展させることで、生活が良くなるのではなく、人々の生活が豊かになることで、産業が発展してくるという発想の転換です。それには、デザインのもつ「近未来を描く力」を、まず生活者である人々が感じてもらうために、デザインが生活者の意志をくみ取り、その支持を得うる具体策を提示していこう。そのすることによって、デザインは社会全体を推し進める大きな力となるのではないかという発想です。今日のグッドデザイン賞は、人間活動の様々な分野領域でデザインが新しい解答をもたらすことを示しながら、「明日の生活」を実現する手がかりを生活者、産業、そして社会全体に提供していこうとしています。
では、保育園という施設はどのように変貌を遂げたのでしょうか。「明日の生活」を実現する手掛かりになっているのでしょうか。もちろん、保育所保育指針には「子どもの最善の利益を考慮し」と書かれています。しかし、議論の論点は、少子時代における子どもたちの育ちをどう保障するのかという言葉よりも、「親の仕事と育児の両立支援」というように、「育児」という言葉も、親の行為です。ここ数日書いている江戸時代の子育て観も、子どものために「親の愛情」という言葉に隠れた「親の都合」を振り切ってまでも子どもをどう育てるかを考えています。子どもにとって、親が一番、親の元が一番ということでもなく、親が自分のことをするために子どもを誰かに預けるのでもなく、子どもを国の宝とし、さまざまなところで子どもの育ちを支えましょう、社会みんなで子ども中心に考えていきましょうという気概を感じます。それが、結局は産業を支えることになるのです。