幼児教育

幼児教育は、人生においてどういう意味を持つのでしょうか。2000年にユネスコが「万人のための教育」というのをまとめ、それと時を同じくして21世紀の「知識基盤社会」に対応した人材育成を目指して、OECDの教育委員会によるプロジェクトである「乳幼児における教育と養護(ECEC)政策に関する調査」をしました。その結果、乳幼児教育を「生涯教育」の第1ステージとしてとらえることにしたのです。そして、その第1ステージの出発点である乳児期において、より強固にスタートさせようということで「スターティングストロング」という、乳幼児における教育と養護(ECEC)において、保育の「質」に重点を置いた「出発点を力強く」と就学前教育の質改善に向けての政策提言をしています。乳幼児教育を、人生という長いスパンからどういう位置づけにするのかを考え、単に学校への準備期としてとらえないことを提言しています。「江戸の教育力」(高橋敏著 ちくま新書)の中にこんな文章があります。
「教育を長期スパンで考えるなら、文字を介さず耳を駆使し、声・語りの言語を通して有史以来、人類の歴史とともに行われてきた。この人類共同事業の教育にさまざまな異分子が発生、近代以降膨張しては細胞分裂し、複雑怪奇な教育現象を引き起こしているのが現況と考えてもおかしくない。事実、地球規模でいえば格差や差異は大きく多様であるが、世界中の誰もが辿る子どもから大人への、文字を介さない音・声・語りの非文字教育の意味を問い直すことが今求められている。江戸の教育力を支えていたのも、「一人前にする」という、有史以来綿々継承されてきた社会共同の非文字教育である。文明化、グローバル化の今の日本でも、どんなに変容、解体されようが、この赤子から子ども、そして一人前への非文字教育コースを通過しないものはいない。」
幼児教育から学校教育につないでいこうとするとき、学校の多くは、「教育は学校から始まる」と思っている節があります。確かに、文字教育は学校からかも知れません。しかし、子どもは生まれながらにして教育される権利があるのです。また、多くの教育は、地域の中で、地域の触れ合いの中で、地域の年中行事や冠婚葬祭、儀式の中で行われてきたのです。決して、親だけで、特に母親だけで子育てが行われてきたわけではないのです。また、学校だけで教育されてきたわけではないのです。
武蔵国北多摩郡狛江村和泉の玉川付近の出身であったことから自ら「玉川(ぎょくせん)」と号した小町雄八という人がいます。彼は、農民出身だったのですが、学問を重ね、晩年に心学道話を説きました。その講説をまとめたものが「自脩編」別名「玉川道話」です。その中に、親としての心得が書かれてある部分があります。
「子どもは、大人の言葉を聞いて決して忘れないもので、その見聞きしたものが、全て子どもの心を形作るのである。どんな些細なことであっても子どもに嘘をついてはいけない。また、子ども同士がケンカをして泣いた時に、わが子を贔屓することは、わが子をダメにすることである。子どものケンカの是非善悪を正す必要はない。親は自分の子どもを叱って連れ帰るべきである。」
「親子は同じ家で生活するために、子どもは親の良い面も悪い面もよく見ている。親といえども完全な人格者ではないため、子どもには親の非を咎める心が生まれるように、親子では道が行われにくい面がある。従って、良き師匠や友に子どもを託して道を学ばせるのである。」
「もともと、親は子どもに良いことを教えたいと思い、子どもは良いことを学びたいと思う心がある。その良いこととは、結局は「職業を身につけること」と、「父兄に仕えること」である。この二つは生きていくための根本である。考えてみると、田圃を耕すことも学問であり、文武諸芸を学ぶことも学問である。『論語』にあるように、学ぶことは行うことであり、行うことは学ぶことである。」