3歳

3歳児神話について、柏女霊峰氏が、著書「現代児童福祉論」の中で述べています。
「3歳児神話」とは,「3歳までは児童のその後の発達にとってきわめて重要な時期であり、母親が家庭で育てるべきである」とする考え方である。精神医学の領域では古くから、児童とりわけ乳幼児の発達にとって母親の存在がきわめて重要であるとする見解が主流になっていた。特にボウルビーらによる世界保健機構への研究報告が乳幼児期における母親からの分離経験がその後の児童の発達を阻害する危険性を提唱して以来、主として精神分析学者からのマイナスの影響にかんする指摘が続けられていた。」
この考え方は、世界における施設保育の是非を問う時に持ち出されます。また、保育園が持つ機能である「発達」「集団保育」「養護」にどのような関係するかということが議論され、ホスピタリズム論争をもたらしているのです。その影響は、今でも研究され、女性の社会進出が進む中、より重要な課題なのです。しかし、これは、アメリカでも研究された結果や、2001年から提案されたOECDによる、乳幼児期における用語と教育(ECEC)に示されたように、どうも「質」の問題ではないかということになっています。母性的養育の量よりも質的な欠如に問題があるとか、単に母が子どもから物理的に離れることの影響を問うのではなく,親子の相互交流の発達や質,子ども自身の特性・ストレス耐性などの諸要因を絡めた研究の重要性が主張されているようです。
柏女氏は、著作の中に「ホスピタリズムにみられる乳幼児の発達遅滞や障害は母性的養育の剥奪の結果によるものか、あるいは施設の養育環境自体の問題であるのかその検討が不十分である」とあるように、子どもへの影響は様々な要因が重なって表れるもので、何が何に影響しているのかは決めにくいものです。それは、良くも悪くも、どちらも決定づける結果は出ないような気がします。それは、最近の脳における前頭葉の発達における影響が何によって損なわれ、促されるかという研究でも同様なことがあります。たとえば、子どもがキャンプなど屋外活動をすると、前頭葉が活発に使われることはわかりますが、その中の何が促しているのかは、よくわかっていません。人は、さまざまな環境が複合的に絡み合って影響を受けていくからです。ですから、家庭がいいのか、施設がいいのかは簡単には言えないのです。
それなのに、柏女氏はこう言います。「一般にはいわゆる「3歳児神話」として定着し、これが一方では保育所に乳幼児を預けて働く母親の罪障感を生み、また、女性を家庭に留め置きたい男性側の、あるいは、女性のパート労働と同様、専業主婦の雇用調整のためのレトリックとしてしばしば用いられ、いわゆゆイデオロギー的性格をもつ結果となっている。わが国における女性就労のいわゆるM字カーブの存在もこの考え方が男性のみならず女性も含めて社会一般に受け入れられている、あるいは、受け入れざるを得ない状況に置かれている結果としてみることができる。」と分析します。
最近の研究では、むしろ保育環境(保育者と保育を受ける乳幼児との数比、保育者の質,提供される保育の内容)と家庭環境(家庭環境と安定性,保育経験前からの母子環境の状況,保育以外の日常生活経験)および乳幼児の特性等との相互的な関わりのあり方のなかで決定されると考えることが必要であるとしています。
私は、乳幼児教育の必要性は、少子社会における子ども環境の変化、子どもを支える社会の変化を考える必要があると思っています。