東京も梅雨に入っています。今日は晴れていますが、明日から雨の日が続くそうです。子どもたちは外に行けず、体を持て余し、ストレスがたまってしまいそうです。そんな心情を歌った歌が、北原白秋作詞・弘田龍太郎作曲の「雨」です。「雨がふります 雨がふる 遊びにゆきたし 傘はなし 紅緒の木履も 緒が切れた」遊びに行きたい子が、雨を恨めしそうに見ている姿が目に浮かびます。「雨がふります 雨がふる いやでもお家で 遊びましょう 千代紙おりましょう たたみましょう」この歌詞を読むと、子どもの気持ちがわかります。まず、「いやでも」とあるところを見ると、本当は子どもというのは、外で遊びたいのです。では、仕方ないので家で遊ぶとしたら、千代紙を折ったり、たたんだりして遊ぶところを見ると、女の子かもしれません。ということは、女の子でも外で遊びたいようです。それは、刷り込みかもしれませんね。その子が折り紙を折っていると、外で声がします。その声は、なんと、「雨がふります 雨がふる けんけん小雉子が 今啼いた 小雉子も寒かろ 寂しかろ」小さいキジのようで、「ケンケン」とないています。それは、雨に当たって、寒いからなのでしょう。キジの鳴き声は、雨の日の寂しさを強調しているかのようです。何も音がしないよりも、静寂さを感じます。そろそろ折り紙にも飽きました。というより、千代紙は貴重なので、1枚おれば終わりなのでしょう。まだ、雨はやみそうにありません。そこで、人形を寝かしつけます。「雨がふります 雨がふる お人形寝かせど まだ止まぬ お線香花火も みな焚いた」まだ雨はやみそうにないので、線香花火をやって止むのを待っていようとしたら、すべての線香花火をやり終えてしまった。どうして、雨の日に線香花火なのでしょう。それは、その燃え方が、寂しさを増すからなのでしょう。あくまでも、女の子の遊びの種類は、寂しさ、静けさを強調するための小道具なのです。
昨日、フィンランド在住の女性の方と、保育についてのシンポジウムを行いました。その発表の中で、フィンランドの幼児施設では、ほとんど毎日森に行きます。雨が降っても、室内で遊ぶことはしないで、レインコートを着て出かけるという報告がありました。子どもにとっては、雨も教材であり、遊び道具なのです。雨には雨の良さがあると考えるようです。こんな言葉がスクリーンに映りました。「天気に良いも悪いもない。悪いものがあるとしたら、その天気にそぐわない服装をすることである。」というものでした。検索で、「雨の日 遊び」を入れてみると、「雨でも目一杯遊びたいですよね。梅雨時に便利な室内施設を集めてみました。雨降りなんかに負けずに遊びに行こう!」やっぱり、室内です。
しかし、雨の日も子どもにとっては魅力的なものです。雨の時の子どもの心情を歌った歌「あめふりくまのこ」(鶴見正夫作詞、湯山昭作曲)があります。この歌詞は、すべてひらがなで、5連からなっています。第1連は、山に雨が降りだし、だんだんと本降りになり、地面に川筋ができました。その川筋は、小川みたいな川筋になり、あちこちに水たまりもできていることでしょう。第2連で、熊の子が登場してきます。川遊びごっこをしてあそびます。まず、雨降りでできた川筋の小川の覗き見します。魚がいるかなあと覗き見します。第3連は、できた小川には何もいないことが分り、熊の子は水を手ですくって飲みます。第4連は、それでもどこかに魚か小さな生物か何かがいるような気がして、落ち着きません。気がかりなのです。ですから、もう一度のぞいて見ます。第5連は、雨はなかなか止みません。そこで、熊の子は葉っぱを自分の頭上にかぶせて、自分の体が雨にぬれるのを防ぎます。
なんて、雨の中の子どももかわいいことでしょう。