生態

 今日、園の職員たちと、「エコ」って何かという話題になりました。エコは、エコロジーの省略形ですが、和製英語です。このエコロジーというのは、生態学と言い、生物と環境の関係を研究する学問のことを言います。同じようにエコノミーを略して「エコ」ということもあります。これは、経済という意味で、エコロジーとは全く関係ない言葉と思いますが、実は関係があります。それは、エコロジーもエコノミーも、その語源はともに古代ギリシアの市民の家政機関である「オイコス」に由来しています。OIKOS(オイコス)とは、ギリシア語で「家・棲家」という意味です。エコロジーとは、「自然界の生物の生存のための活動は、オイコスを成立せしめる論理を究明する学問」ということです。それが、
環境破壊や公害問題が表面化するにつれ、それを解決する学問分野であるとして生態学が注目を受けるようになりました。そこから、生態学的判断によって、それらの問題に対して必要と考えられる対抗策や、それまでの方法論への変更、見直し等を行なう運動が起こり、それらをまとめて表す言葉としてエコロジー運動(エコロジズム、エコロジスト)といった言葉が使われるようになった。そこから、次第にそれらの方向における運動や活動にエコロジーという言葉が使わり、環境を守る言葉としてエコという言葉が生まれたのです。
 生き物というものは不思議なものです。以前ブログでも取り上げられましたが、すべての生き物は、それぞれ己の遺伝子を子孫に残していくような遺伝子が組み込まれています。しかし、己の遺伝子を残すという非常に利己的な行為であっても、結果的に己だけでは生きていけないことを悟るのです。生き物は、環境に影響を与え、環境は生き物に影響を与えるます。そこには、相互作用があります。また、それぞれの生き物は、それぞれに役割があり、その役割はそのうちのどれかがなくなっても全体が成り立たなくなることが多いのです。そのお互いに強制して成り立っているということは、なにも地球、宇宙規模だけの話ではありません。「荘子」斉物論では、こんなことを言っています。「百骸、九竅、六臓、かねて存す。われ、たれとともに親(しん)たらん。なんじみなこれを説(よろこ)ぶか。それ私するありや。かくのごときはみな臣妾たることありや。それ臣妾はもってあい治むるに足らざるか。それ逓(たがい)に君臣とあいなるか。それ真君ありや存せりや。もし、その情を求め得ると得ざると、その真に益損なし。」
人間の体の中の話を例に出しています。私たちの身体というのは非常に不思議なもので、心臓も肺も胃腸もそれぞれの役割があり、それぞれがそれぞれの役割をしていることでうまく機能しています。しかし、私たちは、それを意識しているわけではありません。そんなことは考えてもいません。それぞれを動かしている筋肉は、不随筋といって、意識を持って動かしていないのです。それなのに、健康であればちゃんと動いてくれます。また、それぞれの機能は、それぞれ関連し合っています。身体の諸器官は単にそれぞれの働きをするだけでなく密接に連携しています。しかし、この連携も、意識して行っているわけではありません。しかし、どこかで働きを統括していなければまとまりがつかないはずです。きっと、どこかに私たちの理解を超えた「真君」が居るのではないかということを、荘子は考えます。考えようと考えまいと、私たちの身体が統一をなしているという事実には何の変りもないわけです。それが、生きる上での「道」であるというのです。