ターニングポイント

 それぞれの時代には、ターニングポイントと言われる変化のきっかけとなる出来事があります。私たち日本人は、よく「戦前、戦後」といういい方をしますが、終戦の時期が大きなターニングポイントで、その前と後では、教育や生活、経済などあらゆる面で変化をしました。今、南アフリカでサッカーのワールドカップ(W杯)が行われていますが、この大会が南アフリカにおいてターニングポイントになるであろうと言われています。今後、南アフリカでは、私たちが「戦前・戦後」と使うように「大会前・大会後」という言葉が使われるであろうと言われています。
 今、NHK大河ドラマで放送されている「龍馬伝」の時代の大きなターニングポイントは、明治維新でした。維新前と、維新後では大きく変化します。それは、江戸時代から、明治時代への変化でもありました。それはまた、幕府から朝廷への政権の変化でした。その時期を迎えるにあたって、その前には生む苦しみというような、様々な犠牲者を出します。そして、その犠牲者を多く出した出来事が、ターニングポイントとなる時期を早めたり、遅めたりします。
 昨日と先週に放映された「龍馬伝」では、その大きな出来事としての「池田屋事件」が取り上げられていました。この事件によって、明治維新が1年遅れたとも、尊攘派を刺激してしまい維新を早めたともいわれています。司馬遼太郎の新選組副長土方歳三の生涯を描く長編小説、歴史小説である「燃えよ剣」の中には、こう書かれています。「池田屋の変によって新撰組は雷鳴をあげたが、歴史に重大な影響をもたらした。普通、この変で当時の実力派の志士の多数が斬殺、捕殺されたために、明治維新が少なくとも一年遅れたといわれるが、おそれく逆であろう。この変によってむしろ明治維新が早く来たと見るほうが正しい。あるいはこの変がなければ、永久に薩長主導によるあの明治維新は来なかったかもしれない。革命には、革命派の凶暴な軍事行動が必要だが、当時の親京都派諸藩のいずれも、それへ飛躍する可能性も気分も無かった。どの雄藩の首脳も、幕府に盾をつくなど考えもしていなかった。ひとり、三十六万石の長州藩という火薬庫が爆発したのである。」
 この事件は、一方では、新撰組が、その名前を高め、その存在を認めさせるために利用したとも言われていますが、結果的に新撰組の命を縮めたことになったのです。今年の初め、妻と池田屋を訪ねてみました。現在、池田屋は、京都三条木屋町の旅籠の雰囲気をリアルに再現していますが、なんと、居酒屋としての再現です。まあ、仕方ないかという感じです。
ikedaya.jpg
 この事件をきっかけに「禁門の変」が起きます。この事件は、別名「蛤御門の変」ともいわれていますが、その蛤御門は現在の京都御苑の西側に位置しています。その場にも行ってみました。そこの立て札には、こう書かれてありました。「江戸時代末期の1864年、この門の周辺で長州藩と、御所の警護に当たっていた会津、薩摩、桑名藩との間で激戦が行われました。この戦いが「禁門の変」で、門の梁にはその時の鉄砲の弾傷らしき跡が残っています。この門は、江戸時代の大火で、それまで閉ざされていた門が初めて開かれたため、「焼けて口開く蛤」にたとえて、蛤御門と呼ばれるようになったといわれています。」
hamagurigomon.JPG
 この出来事によって、薩長の敵対意識が増すのですが、それがかえって薩長同盟を結ぶことにつながっていきます。時代は、何がどの様に影響し、どのように動いていくかわからないですね。