荘子の故事

 荘子は、荘子の中で、さまざまなたとえを使って道を説明します。その中で、いくつか面白い話を紹介しましょう。
「大を用うるに拙なり」という「大きなものを用いるには、それなりの用い方がある。大きいからといって役に立たないと思い込むのは、愚かなことである。」という意味の言葉があります。これには、こんな逸話があります。
恵子が荘子にこんな話をしました。「魏の王が私に大きなひょうたんの種をくれました。私はそれを植えて実がなったのですが、それがあまりに大きくて、それに飲み物をいれてみたら、なんと五石もの量が入るのです。すると、あまりにも重くて簡単には持ちあげられません。そこで今度は、それを割って、ひしゃくを作ってみたのですが、あまりに大きくて、鍋の汁を汲むこともできません。そのようにあまりに大きすぎて使いようがないので、それをぶちこわしてしまいました。」それに対して荘子は、「あなたは、大きなものの使い方がへたですね。五百石のものが入るひょうたんがあるなら、それをくりぬいて、大樽の舟にしたてて、長江のひろき流れか湖のはるかなる波に浮かんで、心ゆくまで水と空の大自然のなかに自己を遊ばせたらよいものを。それをしないで、『これは無用だ』と嘆き悲しむなんて」と言いました。
この世には、大きいもの、小さいものなどさまざまな「物」が存在します。それを、ただひょうたんだからと言って、水や酒を入れる入れ物にしたり、二つに割ってひしゃくにしたりと常識的な使い方しか考えつかないとしたら、貴重なものでも、無用に長物になってしまいます。物を上手に使うとは、世間の常識にとらわれず、その物に合った使い方・使い道を見つけることです。
 もうひとつ「朝三暮四」という言葉があります。この故事は、「荘子」斉物論にでています。
宋の狙公が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという故事です。これは、大辞林によると、目先の違いに気をとられて、実際は同じであるのに気がつかないこと。また、うまい言葉や方法で人をだますこと。とあります。しかし、この故事の解釈にはいろいろとあります。単に機転を利かせて、家族同然の猿に、納得しやすい形の答えを提示したというだけ、という解釈などです。
この猿は、実際は同じことでも、違った形で提案をしたら喜んだのはなぜでしょう。実質上は何の差異もないのに、一方については喜び、他方については怒るのは、なぜでしょうか。たんに、猿は愚かだからということではなさそうです。一見無理そうに見えても、必ずどこかに別の道があるものです。自分の考え方、自分の提案だけが正しいと固執していると、道は見えてきません。いくらあくせくと心を煩わせても結局は同じことなのです。
 「朝三暮四」であろうが、「朝四暮三」であろうが、結局は同じことなのに、その目先の違いに騒ぎ、その違いに躍起になることがあります。もっと、広く、先を見通した見方をすれば、本質が同じだということに気がつくことが多々あります。