操練所

 このブログでは、あまり政治色は出したくありませんが、基地問題の解決は難しいですね。日本は、もともと島国なので、本来は幕末の時の「攘夷」という考えかたを見ると、他国を攻めて、領土も獲得したいというよりも、「眠りを覚まされたくない」というように、自衛的な色彩が強かったように思います。ですから、勝海舟が、日本に初めて海軍を造ったのは、海軍で他国を攻めようと思っていたわけではなく、日本を守ろうという意識が強かったように思います。
 それよりも、何よりもびっくりするのは、NHK大河ドラマ「龍馬伝」の中で見た「海軍塾」での訓練の内容と、そこにいる若者たちの表情です。海軍奉行並の地位にいた勝海舟は、親藩、譜代、外様に関係なく、更には身分に関係なく、有能な人材を全国から集め、国を挙げての海軍の強化を提唱しました。それを実現する為に、海舟が最初にしたのは、将軍徳川家茂を軍艦順動丸に乗せ、大阪湾の砲台の建設状況などの視察の案内を行いました。言葉での説得ではなく、実際に体験させたのです。この機会を用いて、神戸の地での「海軍操練所」設立を直談判し、成功したのです。
 同時に行ったのは、集めた若者の訓練です。ただ、号令で言うとおりに動く若者を作ろうとしたわけでも、きびきびと動くことを訓練したわけでもなく、まず、学ぼうとする意欲をつけたのです。そのために、海舟は、諸藩から集めた若者を、海軍操練所開設までの準備として、「勝塾」を大阪で個人的に運営することとしました。その時の塾頭は、庄内藩士「佐藤与之助」です。
 そこで、塾生に極限までの学ぶ意欲をつけて、神戸の「勝塾』に移転します。同時に「神戸海軍操練所」の準備も進みます。まず、操練所の教授方に昇格したのは、塾頭の佐藤与之助でした。そして、「勝塾」の第2代塾頭に坂本龍馬が任命されたのでした。
その後、『神戸海軍操練所』の運営が始まりましたが、こちらのほうは、個人的な「勝塾」とは違って、幕府直轄の施設でしたので、多くの脱藩浪人を預かることは困難でしたので、しばらく、「海軍操練所」と「勝塾」を並行して運営していくこととしました。現在、この操練所が、神戸開港、発展のさきがけとなったとして、その場にいかり型の記念碑があります。いかりは、ある軍艦のものらしく、約10トンもあるそうです。kaigunato.JPG
そして、その下の書物には、坂本竜馬の名前も記されています。
kaigunryouma.JPG
では、「勝塾」や「操練所」では、何を勉強したのでしょうか。そこでは、軍隊の訓練や勉強ではなく、航海術はもちろんのこと、船の修繕も必要であり機械工学も学びました。また、建築学や兵学も学んだり、イギリスで発行された、商船の信号に関する万国共通の法律書を原文で読んだりして、夜の航海での信号の発信方法や、濃霧での信号発信方法なども学んだようです。しかも、ただ机の前に座って先生の話を聞く授業ではなく、実際に人や荷物を運搬しました。実技や体験が中心だったのです。しかも、練習であったその運搬で、収益を得て、操練所の運営資金にしていました。このように、多種・多様の勉強が、操練所の中で行なわれたようです。それに生き生きと若者たちが、目を輝かせて学んでいる姿がテレビで再現されていました。
神戸元町にあるみなと公園内には、神戸海軍操練所記念碑があります。
kaigunhi.JPG
また、勝海舟は操練所ができあがると、生島邸を出て、生田の森あたりに屋敷を構えたと言われています。たまたま訪れた神戸で、そのあたりを歩いていると、若者たちがいろいろなものを吸収しようと、みんな生き生きと学ぶ姿勢がうらやましくなります。
ikutanomori.jpg