楽しむ1

 今、オリンピックでは毎日選手の健闘が報告されてきます。特に、今日はスピードスケートでいい成績を出しました。スピードスケートというと、今回はオリンピック選考で漏れ、引退を表明した清水宏保選手がいます。彼は、4度のオリンピック出場があり、長野で金、銅、ソルトレークで銀メダルを取っています。最近の日本人選手が、なかなかメダルを取れないニュースを聞くたびに、彼のすごさを痛感します。そんな彼が、私が普段から思っていたことを14日の読売新聞で語っていました。
 最近、オリンピックに参加する選手のコメントで「楽しんできます」という言葉を聞くことがあります。そんな時に、私は、一人の個人の楽しみに、多額な税金を使うことって、どういうことだろうと思ってしまうのです。今回の国母選手の服装騒ぎでも、ある新聞に「服装で、自分を主張したいのなら、プロになって、自分のお金で試合をするときにすればいいのではないか」と書いてありました。あの制服も、税金を使っているはずです。そして、かなりの選手団だけでなく、役員などのスタッフも大勢派遣されているはずです。多くの税金を使っていることに自覚を持ってほしいと思います。
 新聞で、清水さんはこう語っています。「“オリンピックを楽しもう”この言葉には色々な意味がある。でも、選手も、見る人も、“楽しむ”をはき違えてはいけない。五輪は決してお祭りではない。だから、場の空気を楽しんでは駄目だ。個々の選手に押し寄せるプレッシャーを楽しむべきだ。僕はよく言う。重圧とは、選手にとってサプリメントなんだよ、とね。五輪本番の試合モードに体を仕上げていくためには、欠かせない材料といえる。筋肉も関節も最終仕上げの段階に入った時、重圧という強烈な刺激が入ってこそ、本物の張りが出てくる。体がそうなれば、気持にも、緊張感がみなぎってくるのだ。選手には、その過程を楽しめと言いたい。」
「昨年、政府の事業仕分けを見ていて思った。企業やスポンサーの支援だけでなく、多額な税金が五輪選手にも投入されているのだなと。“国の代表”という使命感があれば、お祭りに浮かれることはない。若い選手には、俺には関係ないよ、という人がいるかもしれない。“無知”も成長への過程だろうが、“目立ちたいだけの五輪”は間違っていると指摘したい。」
彼の意思を継いだ選手が、今回のオリンピックで活躍したことはうれしいことです。それは、何も「お国のために頑張れ!」というつもりはありませんし、メダルを取ることだけが目標だと思っているわけではありません。その道を楽しむ姿が国民を感動させ、個々の人生に影響を与えるのです。

楽しむ1” への6件のコメント

  1. 大リーグのイチロー選手もプレッシャーに強いことで定評がありますが、昨年のWBC決勝戦でのそれまでの絶不調を吹き飛ばすタイムリーヒットは記憶に新しいところです。あの運命の打席で、イチローは耐えがたいほどの緊張と戦っていたはずです。それを乗り越えられたのは、「一人実況中継」だったと彼はある番組で語っています。『イチロー選手バッターボックスに入りました。さあ、緊張の一瞬。ピッチャー足が上がって第1球投げたー』こんな言葉を心の中でつぶやいているうちに冷静さを取り戻したと言います。これは心理学で「メタ認識」といって、自分を客観視する心の働きになります。これもプレッシャーを楽しむ一つの方法ですね。

  2. オリンピックから話は逸れますが、公的な仕事をする立場として考えさせられる内容です。仕事を楽しむことと個人の楽しみで仕事をすることは違うので、そこは間違えないようにしなければいけないと思っています。その仕事をどう楽しむかは、その表現の仕方によって人物が出てくるところだと思います。周りの人と互いに高めあっていける、そんな表現を楽しむなかでしていけることが私の目標でもあります。

  3.  清水選手の言葉はとても納得しました。私もスポーツをしていたので、オリンピックと比べると、小さなプレッシャーかもしれませんが、それなりのプレッシャーを体験してきました。清水選手の言うプレッシャーを「楽しむ」は中学や高校、そして大学でスポーツをする人にも言える事だと思います。全国大会やインターハイなど出場する時に、自分の努力だけでは出場できないはずで、先生や親の存在があってこそです。そういう事を忘れずに、競技の道を楽しむ事が、自然と結果に繋がるような気がします。

  4. およそ公的に行われるイベントには多かれ少なかれ税金が投入されています。また、イベントではない通常の業務にも税金が投入されている場合があります。今回のブログでは「楽しむ」というタイトルがついています。しかしそれは単なる「楽しむ」ではないことはその内容を読むと明らかです。税金が使用されていることと税金投入によって成り立っている「楽しむ」ということを指摘されているように思います。そしてトピックは「オリンピック」ですがこれは象徴。翻って税金による仕事に携わっている人々の「楽しむ」(私も含めて)についてきわめてサジェスティブです。これは昨日のブログ「実践」にて紹介された王陽明の「積善」に通底します。税金が投入されている事柄・業務は殊更善を積むことを心がけなければならないと思いました。

  5. 以前のブログにもコメントさせていただきます。

    オリンピックを楽しむ、楽しんできますというのは一見、楽観的で選手が、リラックスした状態で試合に挑むことができ、良い方向に気持ちがいっているような感じがしますが、清水選手が、いっている言葉はとても理解できるものがあります。
    オリンピックを楽しむのではなく、その過程にあるものトレーニングや自分に感じるプレッシャーを楽しむのは、一流選手に必要な楽しみかただと思います。
    ただ楽しむだけで、あれば、何もオリンピックという国の代表という立場で使命感があるなかで行うものではないのでは?文章を読むなかで、思いました。

  6. 自分もスポーツをしていたので、プレッシャーを受けることの意味は分かります。
    自分はプレッシャーに弱い方であったので、少しのプレッシャーでも、普段のパフォーマンスができないタイプでしたが、『日の丸』を背負って戦うプレッシャーは相当なものだと思います。
    そのプレッシャーをも味方につけ、競技ができる人が国際大会で勝っていくことができる人のメンタリティだと思います。
    〝楽しむ〟ことの難しさというか、わきまえることが大切なものであるということを感じます。
    オリンピックほどの大会に出ている選手ですので、その競技は当然、誰より楽しんできたとは思いますが、個人的なものと社会の中でのことの区別をつけていかないといけないんですね。
    自分たちも気をつけなければなりませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です