桶町

 NHK大河ドラマ「龍馬伝」では、坂本竜馬が千葉道場に入門し、そこから去るところが描かれています。私が、千葉道場というと、「チョコザイな小僧め、名を、名のれ!」「赤胴鈴之助だあ!」という元気のいい声と同時に、竹刀の音がして歌が始まります。「剣をとっては 日本一に 夢は大きな 少年剣士 親はいないが 元気な笑顔 弱い人には 味方する おう! がんばれ 頼むぞ ぼくらの仲間 赤胴鈴之助」この歌は、同世代では、みんな一緒に歌い出すでしょう。最近、テレビ視聴者が高年齢化していると書きましたが、ラジオも、聴いている人の率、時間量ともにあまり変化はありませんが、10年の変化を年層別にみると、聴取層の高齢化が進んでいるという結果があります。しかし、私の子どもの頃は、ラジオにかじりついていました。その代表的な番組が、この「赤胴鈴之助」です。
 ラジオ放送は、1957年01月07日にラジオ東京(現TBS)で開始されました。そして、翌1958年10月にはテレビでも放映を開始されます。「少年画報」連載漫画(作・福井英一・2回から武内つなよし)が原作です。金野鈴之助は、江戸に出て父の友人である千葉周作に弟子入りし、修行を積んで心と技を磨きます。この千葉周作が、北辰一刀流の創始者で、千葉道場の総師範なのです。当然、鈴之助も北辰一刀流です。2番の歌詞の「父の形見の 赤胴つけて かける気合も 真空斬りよ」とあるように、赤胴をつけていたので、「赤胴鈴之助」と呼ばれます。そして、殺技は、千葉周作の紹介で飛鳥流に弟子入りして伝授された「真空斬り」です。子どもの頃は、「ウー ヤー タァーッ!」と言いながら、その形をよく真似をしたものでした。
赤胴鈴之助のラジオドラマでデビューしたのが吉永小百合で、千葉周作の娘の千葉さゆり役でした。その後のテレビ化の時にも吉永小百合が初出演をしています。渋谷区立代々木中学生でした。また、歌詞にある「なんの負けるか 稲妻斬りに 散らす火花の 一騎打ち」の稲妻斬り切りの使い手である竜巻雷之進は宝田明でした。
神道無念流の錬兵館、鏡新明智流の士学館とともに、江戸三大道場といわれた千葉道場である北辰一刀流の道場玄武館は、お玉が池の辺りで、千桜小学校の跡地に石碑が立っています。坂本竜馬も千葉道場門下でしたから、北辰一刀流でしたが、通っていたのはこの千葉周作の道場ではなく、周作の弟である千葉貞吉の桶町小千葉道場でした。この桶町は、桶屋が多かったからのようですが、その場所はよくわかっていないようです。たまたま妻が持っている江戸の古地図に桶町の地名があり、それに相当する現在の地図がありました。
okeya.jpg
その地図の3番のところに「剣聖千葉周作の弟定吉の道場があったところ。周作の「玄武館」が「大千葉」と呼ばれたのに対し定吉の道場は「小千葉」と呼ばれた。坂本竜馬が修行・寄宿した所として有名。」と書かれてあるので、その場所に行ってみました。しかし、何にも碑も印もなく、どこか確証は持てませんでしたが、その地図にある場所から写真を撮ってみました。向こうの方に見えるのが、東京駅に止まっている新幹線です。
gennzaiokeya.jpg
こんな、東京駅前に道場があったのですね。ことしの大河ドラマつながりの場所探しは、坂本竜馬の評価が今までそれほどされていなかったということもあり、マイナーなところも見つける楽しさがありそうです。

桶町” への5件のコメント

  1. ラジオは好きですね。山の避難小屋で一人ぼっちで一晩過ごす時なんか、人恋しさにラジオをよく聞きます。一度、NHKの「ラジオ深夜便」を聞いたことがあります。ベテランアナウンサーの落ち着いたしゃべりと静かな音楽が心に沁みてくるようでした。この番組、特に高齢者の方に人気があるそうです。昔は深夜放送といいえば、若者たちの解放区でしたが、高齢化の影響はこんなところにも表れています。ブログを読んで気になったのですが、『ウーヤータァー!」の掛け声は、たしか少年ジェットが敵をやっつける時に使った必殺技ではなかったでしょうか。

  2. 赤胴鈴之助のことを知らないので、歌を読んでも全く音楽が出てきません。千葉道場はなんとか知っているのですが、それ以外の話題にはついていけないので少し残念です。
    桶町の地図を見つけて、実際にその場所に行ってみるという行動は、まさに勉強のあるべき姿だと思います。机の上だけで行うのではなく、興味にそって実際に体を動かし、そこで感じる何かを大切にする勉強が、本来は基礎にあるべきことなんでしょうね。藤森先生のこうした行動から、やはり刺激を受けます。

  3. 古地図と現在の地図が対照されていて、とても興味深い、といよりも私も手に入れたいマップです。学校時代に折角江戸時代や明治大正時代さらに昭和の歴史を学んでいるわけですからその学びの振り返りを紹介された地図で行うことも意味あることでしょう。坂本竜馬が通った小千葉道場跡は八重洲南口付近の本屋さんに行く手前の路地を入ったところですね。「小千葉道場跡」の位置もさることながらブリジストン美術館のうら?にある「狩野永徳」や「安藤広重」居住跡、というのも興味深い。是非訪ねてみたいと思いました。「赤胴鈴之助」よりは後の世代ですから懐かしい、というほどではありませんが、「チョコザイな小僧め、名を、名のれ!」という台詞は何だか覚えています。本当はその次の「赤胴鈴之助だあ!」の方が重要なのでしょうが・・・。

  4.  私が生まれた時にはテレビが当たり前にあるので、ラジオは聞く機会がありませんでした。しいて言うならば車の中で聞くくらいです。ただ車の中でも、今はナビの液晶画面でテレビが普通に見る事ができるので、ますますラジオから遠ざかっていく気がします。
     赤胴鈴之助はラジオでなくテレビアニメで見た事があります。あとは何故か自分でも分からないのですが、坂本竜馬がただ北辰一刀流であるのは知っていました。この二人がまさか同じ流派の剣術を学んでいたとは知りませんでした。アニメのキャラクターと実際に存在した人物、しかも偉人とつながっているとは面白いです。それとも赤胴鈴之助の作者がわざと一緒にしたのでしょうか・・・。

  5. わたくしは剣道を小学生の時から始めまして、現在段も持っていますが、現代の剣道が競技として確立したのは、北辰一刀流の稽古法・作法がもとであると聞いています。
    昔、ある学校にいたときは、実際に現地に行って学習するという方法をたくさん経験しました。現地戦術と呼ばれていました。
    赤胴鈴之助と黄金バットと月光仮面は、小学校3年生まで東京に住んでいましたので、紙芝居で知っている世代です。
    水あめとソースせんべいを用意してわくわくしながらこの続編をお待ち申し上げております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です