なぞなぞ

 最近の子どもたちは、テレビゲームなど一人で遊ぶことが多くなりました。しかし、子どもが他の子どもを相手に遊びことの必要性が、脳の問題やコミュニケーション能力などの問題で言われてきています。かつては、子ども同士で遊ぶことが多かったのですが、少子時代で、兄弟の数は少なくなり、地域に子ども集団がなくなりました。
 昔から集団が必要だった子どもの遊びは様々なものがあります。その中で、今でも子どもたちの間で人気のあるものに「なぞなぞ」があります。この遊びは、問いかけに対して、とんちを利かせた答えを要求する言葉遊びを用いたクイズですので、コミュニケーション力をつけるのには最適です。また、普通のクイズとは違って正解は事実に基づくものではなく、言葉の意味をこじつけた駄洒落・洒落が多かったり、韻を踏んでいたり、何かにたとえられたりすることも多いので頭を使います。人と触れ合い、頭を使うので脳が活性化しますので、ボケ防止にも最適だと言われています。
 このなぞなぞは、日本では、室町時代に広く民間に普及しました。それまでは、上流階級の間で和歌などを題材とした一種の言葉遊びのような形式のなぞなぞが作られていました。この言葉遊びは、戦国時代の後奈良天皇の御製による『後奈良天皇御撰何曽』が残されています。しかし、民間に普及したなぞなぞは、シンプルな掛詞がよく使われ、そのまま江戸時代にも伝わりました。そのなぞなぞが寺子屋の勉強にも使われていました。それは、この言葉遊びは、当時の子どもたちにとっても和歌よりも楽しかったに違いありません。
 「なぞなぞ」とは、「何ぞ何ぞ」という言葉かが由来です。今でも、なぞなぞを出した後に「何だ」という文句を「なーーんだ」と節をつけて歌うように語ることがあります。世界では、フェキオン山のスフィンクスが通りかかる人間に問いかけたという「朝は四本足、昼は二本足、夕は三本足。この生き物は何か?」というなぞなぞが有名ですが、日本では、どんななぞなぞがあったのでしょう。西田知己著「寺子屋の楽しい勉強法」の中に室町時代の「なぞたて(謎立て)」が紹介されています。
 「十里のみちをけさ帰る」この問題を読んで答えがわかるでしょうか。答えは、「濁り酒」です。10里の道は5里の2倍なので、九九の要領で「二五里(にごり)」ということで、「けさ」が「(ひっくり」かえる)ということで「さけ」になります。ですから「にごりざけ」」となります。次の問題は、「三里はん」です。3里半は4里に掛っていますので、正解は「寄り掛かり」ということで、座椅子や脇息(肘掛け)です。
 江戸時代には、言葉遊びだけでなく、「判じ物」といって絵入りのなぞなぞもはやりました。「御前なぞはんじ物」も絵入りなぞなぞです。たとえば、この答えは、今でも使うことがあります。問題は、「あたひ(値)をと(取)らぬ渡し守」です。
nazonazo.jpg
答えの絵には、平清盛の弟だった「忠度」の絵が描かれてありますが、忠度(薩摩守)とただ乗りをかけて、車や船などに無銭でのることや、そうする人のことを「薩摩守」ともいいました。
 なぞなぞの最初の問題などは、国語と算数の力が必要なように、遊びには様々な力が必要になります。ですから、子どもにとっての「遊び」には、さまざまな「学び」があるのです。

なぞなぞ” への5件のコメント

  1. なぞなぞと聞くと、「何ぞ何ぞ」ではなく「謎々」の字しか浮かんできませんでした。複数での問いかけ合うものなので、「何ぞ何ぞ」という表現はいいですね。それにしても室町時代のなぞたては複雑ですね。問題に答えることだけでなく、問題を作るのにも様々な力が必要になりますね。早期教育を考えれば考えるほど、子どもが集団で遊ぶのを保障してあげる以上のものはないと思えてくるほど、子どもの遊びの持つ力には驚かされます。

  2. なぞなぞの語源は「何ぞ何ぞ」ですか。なるほど勉強になります。今風にいえば、堺すすむの「な?んでか?」ですね。なぞなぞが子どもの言葉遊びなら、大人の言葉遊びは落語家の「なぞかけ」ですね。笑点の大喜利でやっているあれです。「腐った卵」とかけて、「お化け屋敷」と解く。その心は「黄身(気味)が悪い」。「金遣いの荒い人」とかけて、「何も食べられないし、何も見えない」と解く。その心は「胃と目(糸目)をつけない」。この辺はダジャレ系です。「沢庵」とかけて、「四十七士の討ち入り」と解く。その心は「大石(内蔵助)がなくてはできない」。これは少々教養が必要です。さて問題です。「新婚夫婦」とかけて、「相合傘」と解く。その心は・・・・。ヒントは、少子化対策につながりますね(笑)。

  3. ああっ!楽しいお題でございますね。
    次男がなぞなぞが大好きな子でしたので嬉しくなりました。
    「お父さんお父さん、おんなの人の専用言葉ってな?んだ」
    『??????降参降参』
    「えへへ、おなご」
    どわ?っとオーバーリアクションしてあげると本当に喜んで色々書籍からネタを覚えて、しつこいくらいに絡んで困ったものでした。
    脳を活性化してボケ防止になるのでしたら、わたくしも是非、大いに活用しなければ。
    でも、今はきっと親父ギャグとして冷淡な態度をとられるかもしれません。

  4.  「なぞなぞ」は自分で考えた問題もあれば、なぞなぞの本を買ってもらい、いくつも覚えて友人と遊んでいました。おそらく小学校の1?3年生くらいまで流行っていたような気がします。しかし、室町時代の「なぞなぞ」は、かなり難しいですね。全く分かりませんでした。そして「なぞなぞ」が脳の活性化につながり、ボケ防止になるとは思ってもいませんでした。ただ今の子ども達は友達と「なぞなぞ」を出し合ったりして遊ぶのか気になるところです。

  5. 江戸時代のなぞなぞは高度ですねぇ。平家物語の教養がなけれれば決して答えられません。今の時代から考えると「高度」だけれどおそらく江戸時代においては「薩摩守」と答えるのはもしかしたら一般常識?かもしれませんね。「濁り酒」のなぞなぞ、これは秀逸!座布団10枚、は多すぎですが、感心しました。算術ができないと答えを出すのが無理ななぞなぞ。今どきは「クイズ」が大流行ですが、当今クイズは割りと認知能力の如何を問うものが多いような気がします。翻って、なぞなぞは側頭葉、前頭葉、海馬その他を総動員しなければ答えが見つからない。まさに究極の頭の体操。「なぞなぞ」など大人にとっては無縁、と逃げず、童心に帰って楽しむことも一興。息子を相手に「何ぞ何ぞ」といきましょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です