教材

 今年も押し迫ってきました。年賀状も皆さんは書き終わっている頃でしょうね。
来年の干支は「虎」ですが、虎で思い出すものに一休さんのとんち話があります。一休さんは、室町時代の禅僧ですが、寺子屋の教材にもよく使われていたようです。子どもたちは、以前紹介した「なぞなぞ」同様、とんち話が好きです。そのために、一休さんの話も江戸時代になると「頓知」が強調されるようになったそうですが、実は、かなり奔放で過激な人物のために早い時期から有名だったようです。一休さんについては、ブログで詳しく書いていますし、とんち話についても彦一とんち話で書いたので省略をしますが、寺子屋では、ほかにはどんな人を学んだのでしょうか。
歴史上の人物の中で身近な偉人に「空海」がいたようです。国語の基本である「読み・書き」は「いろは」の声から始まります。この47文字を声に出して、その次にお手本を見ながら筆を使って書きながら一字ずつ覚えていったのですが、その作者が、最近は違う説があるのですが、長い間空海であると言われてきたからです。その根拠としては、鎌倉時代末期の作品である「釈日本紀」、「源氏物語河海抄」(巻12)、「高谷日記」、「江談抄」等の文献に、空海が「いろは歌」を書いたことを示唆する記述があることにあります。また、この「いろは歌」は、超人的な知識と知恵を必要としたでしょうから、これほどすぐれた仏教的な内容をよみこめるのは空海のような天才にちがいないということもあるようです。
もうひとつ、空海が寺子屋で取り上げられた理由に、寺子屋の教材である教訓書「實語教」の作者とも伝えられているからです。この實語教は、平安時代に成立し、鎌倉時代に普及した書物です。儒教色が強く、また対句構成で暗記がしやすかったため江戸時代の寺子屋の素読用教材として非常に普及しました。その後、近代明治までの数百年間、日本の初等教育書として使われ、日本人に身についていった教養、規範になっていったのです。 その書き出しは、有名です。「山高故不貴 以有樹為貴 人肥故不貴 以有智為貴」(山は高いからすばらしい山というわけではなく、樹が生い茂っているから素晴らしいのです。また、人は、金持ちだからとか裕福だから貴いのではなく、知恵があることがその人の貴さなのだ)と言っています。山にしても、人にしても、見た目で判断しないで、その持っている内容によって判断すべきであることを教えています。
これを福沢諭吉は、「学問のススメ」の中で「實語教に、“人学ばざれば智なし、智なき者は愚人なり”とあり。されば賢人と愚人との別は学ぶと学ばざるとによりてできるものなり。」と、實語教を例に出しています。この部分は、先ほどの部分の次に続く文です。「富是一生財 身滅即共滅 智是万代財 命終即随行 玉不磨無光 無光為石瓦 人不学無智 無智為愚人 倉内財有朽 身内財無朽 雖積千両金 不如一日学」この部分で、学問の大切さを説いています。いくらお金があっても、死んでしまえば何にもならないが、知恵は、末の代まで意味を持ちます。その知恵は、学問によって身につき、いくら千両の金を積んだとしても一日の学に及ばないくらい価値があるものだというのです。
この實語教の教えが「天は人の上に…」という考え方を形作っていったのかもしれません。