技術

 先日の日曜日に、福島県郡山市に行きました。それは、ある企業からの講演依頼だったので、まあ、半分付き合うの気持ちだったのですが、とても面白い体験をしました。主催者である「合同会社 地球と家族を考える会」の会長さんといろいろと話をしていると、何となく考え方が同じで、印象だけで活動は分からないということを実感しました。最初は会社の名前の「地球…」という名前がなんだか宗教じみていましたし、見学する予定だったモデルハウスの名前が「KUMIKO」というなんだか女性の名前のようなので、女性用の建物かと思っていました。すると、この「KUMIKO」とは、日本の伝統工法である木組みの技である「組子」に由来しているのだそうです。
以前、水俣に行ったときに、その地域の取り組みを「もやい」と言っていたのと同じで、「KUMIKO」という名称は、志を同じくする仲間で手を組んで、地域を活性化しようという取り組みを表しているのだそうです。また、そのモデルハウスは、この地で産まれたものをその地で生かしたいということで、100%福島の木を使い、その地域の風土に合った「地産地生の住まい」です。また、組子というように、日本古来の伝統工法に独自の技術を加え、金物に依存しない構造体を作っています。また、人が建物の中で過ごす時間は人生の9割を占めることから生きた人間が住むために、生きた材料を使い、自然エネルギーにこだわっています。
 日本におけるいろいろな技術は、もともとは中国大陸から伝えられたものが多いのですが、建築技法もそうです。しかし、その技法が日本の風土に合うよう様々な工夫がなされ、日本人の趣向に準じ、伝統技術として、今なお色あせることなく、それどころか、今の時代にもう一度見直されてきているのです。特に、鎌倉時代に再び中国と国交を回復すると、新形式の建築様式が伝来し、今までの建築様式を「和様」と、新建築様式を「大仏様」「禅宗様」と呼び区別されました。後の時代ではそれらが入り混じった様式「折衷様」が新しく実現されていき、「和様」と言われる日本独自の様式がつくられていったのです。
 鎌倉時代から受け継がれている日本の伝統的な木工技術に「組子」というものがあります。この技法は、細く割った木に、溝、穴、ホゾ加工を施し、カンナやノコギリ、ノミ等で調節しながら一本一本の木を、釘を使わずに手作業で組みつけていく繊細な木工の技法です。簡単にいうと釘を使わずに木を組み付ける技術のことをいいます。繊細なこの技術は、職人たちの伝統を守る心と情熱により、何世代にもわたって現代まで引き継がれてきました。今では、おもに障子や欄間にみることができます。
もともと伝統的な日本建築では、構造の軸になる部分は基本的に釘は使わず、ただ、「木と木を組み合わせて木栓のみ」で止めているだけです。それは、技術が低かったからではなく、あえて釘を使わないという、日本の風土が生み出した知恵なのです。中世になれば釘に不自由することはありませんでしたし、最近の釘よりもずっと質の良い和釘もありましたが、釘で木を殺してはいけないと木の本質を知っていたからこそ、中世の棟梁は釘を使うことはできるだけ避けたのです。また、日本では多い地震や台風等に対しての強さの秘密は、「木と木を組み合わせてこそ生きる」という基本的なことを、しっかりと守っている「貫」構造です。
子どもの遊びだけでなく、いろいろなところで、長い間残っているものは、経験上から今の科学以上の検証がされ、実証されてきたものが多いのでしょう。