ライフ

 グッドデザイン賞の取り組みを見ると、時代がわかる部分があります。今年、新たに「グッドデザイン・フロンティアデザイン賞」が設けられました。市場ですでに提供されているものとは異なった対象や、産官学連携で生まれた対象などを、一般の商品などと同列の立場で扱うことのない安定した評価の仕組みを設けたかったからだそうです。一方、グッドデザイン・フロンティアデザイン賞も、近未来の生活を示唆する「まだ実現されていないものごと」を、持続可能な社会の実現という視点から評価し推奨する新しい賞です。簡単に言うと、現在の暮らしを支えるのが「グッドデザイン賞」、長い間市場に支持されてきた定番のデザインを扱うのが「グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」、これからの未来を切り拓く「グッドデザイン・フロンティアデザイン賞」となり、「過去」「現在」「未来」と時間軸に沿って評価するという取り組みです。
 今年の応募作品から見える時代を、審査委員長である建築家の内藤廣氏は、このように書いています。グッドデザイン賞の応募作品全般には、「成熟したエコロジー」とでもいうべき要素が備わっていて「おとなしい」印象があるようです。「少し前までは、グッドデザイン賞でも「エコロジー」といえば、環境に取り組む態度それ自体が特別なものとして表現されてきました。それが今では、そうした態度はごく当たり前のことになりました。それが成熟して、未来をエコロジーの観点から見直して行こうとする気運が感じられるようです。この流れは、今後、より先鋭化される形で我が国のデザインの大きな潮流になるはずで、その取り組みを広く消費者に届けるには、どうしても優れたデザインの力が必要になるであろう」と言っています。
今、デフレで大変ですが、日本は外貨を得て生きていかざるを得ない宿命を負っています。そのために、「確かな国際競争力をもって世界に出て行く優れた商品が必要です。ここでもデザインの力は欠かせません。新政権が国際公約した流れをより広範な海外に向けた経済活動へと展開するためにも、エコロジーを軸にした新しいデザインが求められてくるでしょう。先に述べた「成熟したエコロジー」が達成された状況は、次なる飛躍の大きな土台が築かれた、と見るべきです。」と提案しています。
同じようにデザインの今を知るためによいイベントがあります。それは、10月末から11月にかけて開催れた「東京デザイナーズウィーク2009」です。このイベントの今年のTDWは環境に対してデザインができること「LOVE GREEN」をコンセプトにしています。このイベント内でも、グリーンオブジェや、パイン・ビートルによって変色した木材を用いた100% Design Tokyo AwardsのトロフィーやエントランスゲートSpot on Wien による太陽光の力を表現したインスタレーションや、「Cube展」は植物に覆われたグリーンキューブ台に作品が展示されています。また、DAと環境省の共催でデザインの力でCO2削減を提案するデザインアワードのキックオフとして「Low CarbonLife-design Award 2009」の特別展示がされています。
「何がグッドか」は、エコがグッドであることはもう当たり前のことで、それをどのようにデザインという価値に置換できたか、消費者にとって分かりやすく魅力的な価値として提示できたか、ということが課題のようです。この課題は、他の職種でもいえることです。