時代

 先月、今年のグッドデザイン大賞が決定し、表彰式がありました。私も二つグッドデザイン賞を受賞していますので、何回かブログでも取り上げました。今年、グッドデザイン賞は、2952件を審査し、1034件(591社)が受賞したようです。なんだか、私が受賞した時の興奮した気持ちを思い出しました。私が受賞したのは、二度とも「新領域部門」でした。今は、領域も変わっていますが、ほかにも何がグッドデザインなのかも時代を反映しています。
 今年のグッドデザイン賞は、昨年度から打ち出した「近未来の生活者の立場に基づく審査」という方向性を踏襲しています。その方向性からの審査理念は、人間(HUMANITY)「もの・ことづくりへの創発力」、本質(HONESTY)「現代社会への洞察力」、創造(INNOVATION)「未来を切り開く構想力」、魅力(ESTHETICS)「豊かな生活文化への想像力」、倫理(ETHICS)「社会・環境への思考力」です。これらに示された力、「創発力」「洞察力」「構想力」「想像力」「思考力」は、これからの時代に必要な力です。小学校学習指導要領には「思考力」「判断力」「表現力」「その他の能力」と書かれています。まあ、デザインとして必要な力ですから違いはあるでしょうが。
 領域も今は、生活の場面に則した領域分類を、より実情に適ったものとするため、「身体」「生活」「仕事」「社会」「ネットワーク」の5領域に設定されています。それぞれの領域のなかで大賞候補の「ベスト15」には、なじみのものも多くあります。生活領域では、ダイソンのサイクロン掃除機とか、本田のインサイトとかトヨタのプリウスです。ネットワーク部門では、5つ受賞していますが、そのうち二つはサムソン電気の液晶テレビとミニノートパソコンが受賞しました。それらの中で異色なのは、今夏、東京のお台場に登場し、約415万人を動員した“実物大”の「機動戦士ガンダム」立像も選ばれています。
これらの候補の中から2回の投票を得て、大賞が選ばれました。ちなみに、ガンダムは4位でした。大賞は、北海道岩見沢市の「岩見沢複合駅舎」(ワークヴィジョンズ+岩見沢レンガプロジェクト)が出らばれました。「岩見沢複合駅舎」は、2000年12月にJR岩見沢駅の駅舎が焼失したため、JRグループでは全国初の試みとなる一般公募型コンペ「岩見沢駅舎建築デザインコンペ」で応募総数376案から「ワークヴィジョンズ」が最優秀賞を受賞し、建設されたものです。07年に開業したJR岩見沢駅都「岩見沢市交流プラザ」、連絡歩道と合わせて09年3月にオープンしていますが、市民が参加した刻印レンガやフルレールを活用したガラスのファサードがデザインの特徴になっているそうです。
過去に大賞になったものでは、私が受賞した2001年には、今年と同じ建築部門から仙台市の「せんだいメディアテーク」でした。今年建物だったのは、久しぶりです。もうひとつ受賞した年の2005年には、ブログに書きましたが、テルモの「インスリン用注射針 ナノパス33」でした。つい最近ブログで取り上げた北海道の「モエレ沼公園」も2002年に受賞しています。テレビ番組も2004年にNHKテレビのこども向けテレビ番組 「ドレミノテレビ」と「にほんごであそぼ」が受賞しています。
 クリスマスプレゼントで時代がわかりますが、この賞でも、時代の求めているものがわかる気がします。