文化国家

 「目白文化村」の形成を見てきましたが、その成り立ちを見ていくと「文化」とは何かということを考えてしまいます。まず、「文化」と聞いて思い出すのは、今月初め11月3日の文化の日です。この日は、「様々な文化歴史に親しみ、健全な心身・情緒を育む日」ということのようですが、なぜこの日なのかというと、日本国憲法が1946年のこの日、11月3日に公布されたからです。文化の象徴として憲法があるのです。そして、この憲法は、公布から半年後の1947年5月3日から施行されました。その5月3日を「憲法記念日」と決めました。
実は、戦前から文化の日と決められる前までは、11月3日は、明治天皇の誕生日であることから明治節という祝日になっていました。今は、それは特に関係ないとされていますが、多分、憲法をいつ公布しようかという議論の中で、明治節の日にしようとしたのではないかと思います。それはともかくとして、今、文化の日に合わせて「文化勲章」が授与されます。それは、誰を対象にしているかというと、「科学技術や芸術などの文化の発展や向上にめざましい功績のある者」となっています。ここでは、文化とは、「科学技術や芸術」などとなっています。
憲法の第二十五条には、文化という言葉が出てきます。「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」ここにある、「文化的な最低限度の生活」とは、どのような生活なのでしょう。そのひとつは、次の条文に出ているもののような気がします。「第二十六条  すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。」「第二十七条  すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。 」きちんと教育を受け、きちんと勤労できる権利があることが文化的な最低限の生活のような気がします。最近の傾向を見ると、この二つの権利がないような気がします。それ以前に、文化的生活の前提である「健康」であることでさえ保障されていません。
たとえば、今、保育室が足りないからといって、保育室の最低基準の一人当たり面積を減らそうとしています。その状況を、憲法から読むと、まず、幼児教育をどの子もひとしく受ける権利はありますので、保育園に入ることが出来ない子がいることは何とかしなければなりません。そのうえで、健康的で文化的生活が出来るように保障するのは最低限なのです。「健康」というのは、精神的、身体的、社会的に「現在をよりよく生きる」ことです。狭いところに、不健康な環境の中で子どもが生活することはおかしいのです。健康な状況とは、子どもたちが精神的ストレスを感じず(精神的)、手足、体を思いきり使って活動し(身体的)、いろいろな子どもとかかわりを持って生活すること(社会的)が出来る状況のことを言います。ということは、今、一人ひとりの健康と文化を保障し、誰でも幼児教育を受けることができるように、保育室の数を増やすことを、いろいろなことに優先して考えないといけないと思います。この憲法にあるように、「健康」「文化」「教育」「勤労」は、どれかを犠牲にすることなく、すべてを保障しなければならない項目として挙げられているのです。
 日本が、文化国家になるのにはまだ先のようです。