文士村

文化は、山の手の「目白文化村」のようなインテリが住む町からだけでつくられるものではなく、それに隣接しているトタン屋根の貸家一帯からも生まれてきます。それは、一般的に、作家や、詩人などの文化人は、貧しいことが多いからで、彼らは、貸家に住み始めます。それは、川沿いの低地で、近くに工場なども多く、居住環境としてはよくなかったのですが、かえって家賃が安かったことと、時代の先端を行く街であった新宿に近かったことなどから移り住んできたと思われます。
その代表が、「放浪記」「浮雲」などの代表作で知られる作家・林芙美子です。彼女は、後に文化村の近くに立派な家を建て、その建物が現在は、林芙美子記念館として残されています。個性的な和風建築として東京都歴史的建造物になっていますが、新居建設当時、建坪の制限があったため、芙美子名義の生活棟と、画家であった夫・緑敏名義のアトリエ棟をそれぞれ建て、その後すぐにつなぎ合わせたといわれています。
1920年代から30年代にかけて落合町に住んだ作家や詩人、歌人は実に70名以上を数えたそうです。そこの住人には林芙美子・宮本百合子・中野重治・江口渙・蔵原惟人・藤森成吉・村山知義などのいわゆる「プロレタリア作家」が多く、彼らを中心として左翼文化運動がおこり、1928年(昭和3年)には、左翼文化団体の集まりである「全日本無産者芸術連盟」を立ち上げ、その事務所も上落合につくられています。村山知義は、童画家としても有名で、彼がここに住んでいたとは驚きでした。
もうひとつ、面白いことがあります。それは、山の手である目白文化村に対して、低地の貸家には、多くの芸術家が住み、目白文士村を形成したのですが、その反対側の北側に接する長崎村には、1930年代半ば以降、貧乏な画家が多く住むアトリエ付き貸家が立ち並び、「長崎アトリエ村」が誕生しています。ここは、豊島区ですが、豊島区のホームページに紹介されています。この地域も、明治になっても東京市外の近郊農村といった性格が強く、落合地区と同じような街づくりが行われていきます。そのきっかけとなったのは、第1次世界大戦ごろからで、産業の発達とそれに伴う都市への人口集中により、市外であったこの地域も都市化がすすんでいきます。そして、この地域での目白文化村のような高級住宅街として開発されたのは、駒込の大和村でした。一方、スラムが東京市内から追い出されるようにして、豊島区地域にも形成されました。ちょうど、関東大震災を境に)年の関東大震災後にいっそう激しくすすみます。その頃のモダニズムや洋風文化の流れは、豊島区の西部にあたる旧長崎町を中心として、美術家向けの借家群であるアトリエ村を生むことになるのです。これも、モダニズムと東京近郊の都市化の流れのなかで起きたことです。
最初にアトリエ村がつくられたのは、要町で、1931(昭和6)年のことです。これにならって長崎の各所につぎつぎとアトリエ村がつくられました。はじめアトリエ村には絵や彫刻を学ぶ学生が集団で住んでいました。その中で最も大規模なものは、さくらが丘パルテノンです。このアトリエ村には、合計で約60軒もあったそうです。
この流れが、ずっと後になるのでしょうが、この場所に手塚治虫を中心とした様々な漫画家が生活していた「トキワ荘」に受け継がれていきます。
文化は、様々な環境の中で、様々な形を持って生まれてくるものですね。