店内かご

今日の中日新聞に「スーパーの店内かご、客の持ち去り急増」という記事が掲載されていました。内容は、「環境保護の一環でレジ袋の有料化が進む中、県内のスーパーで商品と一緒に店内用の買い物かごを持ち去る客が増えている。レジ袋を買ったり、マイバッグを持参したりするのが面倒な客の悪質な行為で、厳密には窃盗罪にあたる。店側は買い足しのコスト増にも頭を悩ませている。県内にチェーン展開する中堅スーパーは、伊勢市の店舗でレジ袋を有料化した2007年9月以降、買い物かごの持ち去りが急増した。かごに商品を入れたまま店を出る客を注意しても「少し借りるだけ」と開き直られるケースが目立つ。このスーパーのかごの仕入れ値は一個当たり約三百円。担当者は「レジ袋有料化前はかごの買い足しは繁忙期の夏と冬の2回だけだったが、今は回数が増えた。コスト増はばかにならない」と頭を抱える。」
このような行いは、少し前から各地で報告されています。この記事にあるように、「買い物かごの持ち去りは、レジ袋の有料化前にもあった」と指摘されています。しかし、若者の万引き同様、あまり罪の意識がないようですが、このような行為は、窃盗行為に当たります。どのような世代が持ち帰っているのかわかりませんが、「つい」とか「ちょっとだけ」「面倒くさいから」とかいう理由が多く、特にそのものが欲しいからとか、ぜひ自分のものにしたいから、袋が貧しくて買えないからなどという理由ではないところが、なんだか、万引きにも似ていますね。
昨年のニュースで、スーパーマーケットのレジ袋をいち早く有料化している富山県で、そのスーパーの「買い物カゴ」が数カ月で200個なくなった店、毎月10個前後が持ち去られたところもあるというものがありました。 富山県では昨年4月からスーパーマーケット、クリーニング店などでレジ袋を有料化していて、このニュースは、9月のものです。富山県では、日本一住みやすい県ということで、全国で初めて県や業界団体らが一丸となって、有料化運動を盛り上げていました。ところがこんな状態になってしまったのです。
全日本スーパー協会によると、買い物カゴは1個あたり平均400?600円で、取っ手部分が金属製のタイプはもっと高いそうです。また、店名がプリントされていたり、複数の色を使っていれば、もっとします。200個なくなるということは、被害額は十数万円に上るのです。しかし、店長は、金額の問題ではないと言います。「お客様との信頼関係に関わることなので、窃盗罪で訴えるなんて考えていませんよ」信頼関係で成り立っているのです。また、有料化は、何もお金が欲しいからではなく、資源の問題ですので、その意識が薄いのでしょうか。
 私の子どものころは、買い物かごをさげて歩く女性の姿をよく見かけました。漫画サザエさんでも、「カツオ!買い物に行ってきて!」と買い物かごを渡すシーンがありました。八百屋さんなどは、欲しい分だけ適当に新聞紙にくるんで渡してくれるだけですので、買い物籠は必需品でした。それが、いつの間にかレジ袋に入れてくれるようになりました。これは、どうもコンビニの登場に関係があるようです。一度、便利を味わってしまうと、なかなか、元に戻すのは大変ですね。便利さは、信頼関係をも、失わせてしまうのですね。