コーヒー

 今日は、私の園では、コーヒーの話題で盛り上がっています。それは、今日が「コーヒーの日」だからではなく、先日いただいたコーヒー焙煎器で、コーヒーを焙煎し、数人で飲んだからです。
国際協定によって、コーヒーの新年度が始まるのが10月1日と決められています。それは、ブラジルのコーヒー豆の収穫が9月にだいたい終了するからです。また、日本でのコーヒーの消費量が秋冬季に増えることから、それに先立つ日10月1日を1983年に「コーヒーの日」と全日本コーヒー協会が制定しました。
コーヒーのことが文献にあらわれるのは、9世紀にペルシャの医師ラーゼスが、コーヒーの医学的効用を自著の中で述べているのが最初です。それより前、人類がコーヒーを知ったきっかけについては、いろいろな伝説があります。キリスト教徒の間に伝わる伝説ではヤギが、そしてイスラム教徒に伝わる伝説では小鳥が、それぞれ人にコーヒーを教えてくれたと言い伝えられています。
面白いですね。宗教によって伝えた動物が違うのですから。キリスト教説では、「エチオピアのヤギ飼いの少年カルディはある日、放し飼いにしているヤギの中のあるグループが夜になっても元気に動き回っているのを不思議に思いました。どうしたのかと見張っていると、そのヤギたちはみな赤い木の実を食べていることが分かりました。カルディも試しにその実を口にしてみると全身に活力がみなぎってきます。カルディからその話を聞いたキリスト僧の修行僧たちが夜通し続ける長い祈りの時にこの実を使って眠気を払うことを考えました。そして、この実は睡魔に勝つ秘薬として、修行僧の間で広まったのです。」
また、イスラム教説では、「アラビアのイスラム僧シェーク・オマールは領主の誤解のために追われる身となって、山中をさまよっていました。その時、一羽の小鳥が赤い木の実をついばみ陽気にさえずるのを見ました。試しにオマールがその実をなめてみた所、不思議と空腹感が癒やされ、疲れが取れて気分壮快になるのを感じました。一方オマールを追放した領主の町では病気が流行して多くの人が苦しんでいました。そこでオマールが町に戻って、人々にその赤い実を煎じた汁を飲ませたところ、みな良くなり、領主もオマールの罪を解きました。」
これらの起源がコーヒーの産地になっています。キリスト教説のアラビアまたはエチオピアを起源とするコーヒー豆がアラビカ種で現在、全世界のコーヒーの70?80%を占めています。また、イスラム教説に出てくるオマールが戻った町が、コーヒー豆の集荷地として有名なモカの町です。
その後、1683年、トルコの軍隊に占領されそうになったウィーンの街を救ったコルシツキーは、活躍のご褒美に1軒の家と、トルコ軍の残していった緑色の豆を貰い受けます。見たこともなかったこの豆を、ウィーンの人々は“らくだの餌”だと思っていたようですが、実はこれはコーヒー豆。これを元手に「青い瓶」という喫茶店の開いたコルシツキーは、近代喫茶店の祖と言われ、今でもウィーンのコルシツキー通りには、彼の銅像が建っています。
先日ある人からいただいたコーヒー豆は緑色をしていて、その豆を焙煎器を使って自分で焙煎すると、あのコーヒー色の豆になるのです。いれたてのコーヒーではなく、焙りたてのコーヒーを飲むのは、また違った味わいです。

コーヒー” への4件のコメント

  1. 「いれたてのコーヒーではなく、焙りたてのコーヒー」は「格別」という漢字が似合います。途轍もなく味わい深い。コーヒーに関する本を読みました。読後、コーヒーに関する認識が大いに改められました。出どこの明確なコーヒー豆を「焙り」たてたコーヒーは飲めますが、いわゆる「インスタントコーヒー」等についてはクエスチョンマークがつきます。「モカ」が「コーヒー豆の集荷地」の町名だったのですね。ひとつ私の知識庫のアイテムが増えました。「ウィンナーコーヒー」というコーヒーもあります。今回のブログで紹介されたウィーンのコーヒー事始と関わりありやなしや。誠に興味深いですね。本日のブログに、ごちそうさま。

  2. 朝と寝る前のコーヒーは欠かせません。当然それ以外の時間にもコーヒーは必要です。コーヒーは今一番好きな飲み物といってもいいくらいなのに、コーヒーの日の存在を知りませんでした。本当にいろんな日がありますね。
    昔の人が初めてコーヒーに出会ったときの感動はすごかったでしょうね。実をそのまま食べても美味しいし、飲んでも美味しい。本当に魅力的です。コーヒーを教えてくれたヤギや小鳥、そして煎じて飲むことを考えた人に感謝です。

  3. 営業マンに喫茶店はオアシスみたいなもので、20年近く行きつけにしているお店があります。ここは、自宅の井戸で汲みあげた地下水を使ってコーヒーを出しているのが自慢で、確かにうまい!おいしいコーヒーの条件は、「良質豆」「焙り立て」「挽きたて」「滝れたて」と言われますが、水がまずければそれも台無しです。では、コーヒーの味を引き立てる水とはー。?雑味のない水。(水道水はダメ)?水の硬度は低めの軟水のほうがよい。?ミネラルウォーターは家庭的でない。?コーヒー用浄水器の水を使ってみる。できるだけ自然の成分に近い水がコーヒーのためにいいようです。

  4.  高校の時くらいでしょうか、朝食の後に家族と一緒にコーヒーを飲む習慣が身につきました。それがコーヒーを飲むようになったきっかけかもしれません。当時は豆がすでに砕けている状態の物を買っていましたが、今では豆の状態から買ってきて、コーヒーを入れています。ただ、目の前で豆を焙煎して、焙煎したての豆のコーヒーというのは飲んだ事がありません。しかもコーヒー豆というのは茶色の豆しか見た事がないので、緑色をしているとは思ってもいませんでした。自分で豆を焙煎したコーヒーを飲んでみたいです。また格別な味がする気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です