夏から秋

昨日、訪れた青森では、初霜が記録されました。もう秋が深まってきました。こんな季節、アメリカやヨーロッパでは、新聞やテレビのニュース、企業の海外支店のHPでは、昨日からある注意を喚起する情報が流れています。人々は、その警告を忘れたり、ちょっと油断したりするとたいへんなことになるので、気をつけなければならないようです。その警告とは、
「10月25日(日)、午前3時に時計の針を1時間戻すことをお忘れなく!」というものです。私たち日本人が、どうもなじめないものに「サマータイム」がありますが、そのサマータイムが今日終了し、今日の午前3時から標準時になったようです。この時間調整は、各国で行われていますが、呼び方は、ヨーロッパでは、サマータイム( Summer Time)都言い、開始は、2009年3月29日(日)1:00 amから終了が2009年10月25日(日)1:00 amまでです。カナダやアメリカやオーストラリアでは、デイライト・セービング( Daylight Saving Time)と言い、開始が2009年3月8日(日)2:00 amで、終了が2009年11月1日(日) 2:00 amとなっています。地域によって時差のある北米では、それぞれの時間帯で、3月7日から3月8日に日付の変わった、深夜2時に、時計を1時間進め、3時とします。また、終了時は、同じく10月31日から11月1日付の変わった深夜2時に、時計を1時間戻し、1時とします。ですから、終了の時は一時間多く寝られます、一日が25時間という事になります。ヨーロッパの場合は10月最終日曜日の午前2時を午前1時にします。したがって、ドイツの場合、日本との時差は7時間から8時間になります。例えば夏時間なら日本の正午がドイツの午前5時、冬時間なら午前4時にというわけです。
 やはり、実感としてはどういう感覚になるのかよくわかりません。ヨーロッパに転勤した人の話ですと、この日の最初の仕事は、家中の時計を1時間遅らせること。置き時計や目覚し時計を始め、電子レンジや炊飯器の家庭電化製品、ビデオやオーディオ等など。車の時計も忘れずに。全部の時計を直したつもりでも、必ず忘れられているものがあるのもで、数日経ってからそれを発見すると、やはり変な感じがするそうです。しかし、この日にサマータイムから標準時に戻すという言い方をするのは、実はグリニッジ標準時)Greenwich Mean Time: GMT)そのものには、サマータイムがなく、1年中同じ時を刻んでいるのです。ですから、便宜上変えているだけです。
 この夏次官という考え方は、すでに18世紀にベンジャミン・フランクリンが提唱しましたが、彼の時代には実現しませんでした。その後、第一次世界大戦中のドイツで、1916年4月30日から10月1日まで、同じくイギリスが1916年5月21日から10月1日まで初めて採用されました。アメリカ合衆国では1918年と1919年に各7か月間、夏時間が導入されたのですが、大変に不評のため廃止になっています。その後第二次世界大戦中に資源節約目的で復活し、現在に至っています。日本では、連合軍の占領下にあった1948年から1951年までの4年間、夏時間が実施されました。
 この目的は、夏の間、太陽の出ている時間帯を有効に利用するということで、夜明けが早い夏の間、早くから仕事を始め、早く仕事を終え、従って早く消灯することになれば、省エネルギーにつながることが最大の導入理由といわれています。また、終業後もまだ明るい場合が多くなるので、その時間をレクリエーションに当てることができるとも言われていますが、サービス残業時間が拡大する心配も言われています。
 どんな感覚になるのか、一度、変わる瞬間を、サマータイムが導入されている国で体験したいものです。