公園遊具

 園から少し離れたところに公園ができました。西武線の線路わきです。工事中、出来上がるにつれてどんな公園になるのか、どんな設備ができるのか、どんな遊具が置かれるか予想を立てていました。まず、戸惑ったのが、公園の周りを高いフェンスで覆い始めたときです。どう見ても、野球やサッカーができるほどの広さがありません。であれば、そんな高いフェンスが必要な用途はなんだろうか不思議でした。広い場所でないとしたら、何かの遊具が設置されるでしょう。一昔前までは「公園の三種の神器」とよばれるブランコ・スベリ台・砂場がよく設置されていました。しかし、これらは事故が多いと最近消え始めています。また、最近流行っている公園として、自然型公園で、ビオトープとか、林とか、サンクチュアリー的なものも多く見られます。しかし、そんな気配はありません。大きな木が数本公園の真ん中に植えられ、芝生がところどころにつくられます。この様子では、一時はやったゲートボール場にもなりそうにありません。
完成に近づいたころ、一つの遊具が設置されたのです。それは、バスケットゴールでした。よく、アメリカ映画などに出てくるような景色です。
basuke.jpg
完成後、いつの時間帯でも、私が登園する朝7時台から、帰りの20時ころまで必ず誰かがそこを使っています。ある日の夕方、そこを通ったら私の園の男性職員が数人でそこでバスケをやっていました。次の日に聞いたら、知らない人も数人交じって一緒にバスケをやったということです。ちょっと、その光景は珍しく、何となく都会型の公園のような気がしました。
そういえば、多摩ニュータウンの保育園にいたときに、近くの広場で若者がスケートボードをやっていました。しかし、近所からの苦情で、そこではスケートボードができないような突起をいくつも作ったのです。私は、ある会合で、それはおかしいのではないかと言いました。中、高校生などの若者が集える公園が少なく、また、中高校生の集団はなんだか怖い気がして追い出そうとするけれど、かえって、そうすると隠れていろいろとすることになるのではないか。中、高校生などの若者が集う場所を、みんなの視線が集まる真ん中に作った方がいいのではないかと提案しました。
今、都市の公園には、子どもの姿を見ることが稀になりました。このままいったら、公園で遊ぶ子どもがいなくなる恐れもあります。家やマンションのロビーでゲームをやっている姿を見かけます。それか、塾通いです。もちろん、周りに自然があり、わくわくするような体験ができるところならいいのですが、都会ではそれは無理です。ですから、もう少し、公園というものを幼児から若者までを視野に入れ、地域に対象者に合わせてそれぞれの機能を点在する計画を立てる必要があると思います。
そうした計画の中で、最近、高齢者向きの公園もゲートボールだけでなく、いろいろと考えられるようになりました。たとえば、幅広い年齢層が軽い運動を行える「健康遊具」が置かれているところも人気があります。これには背もたれが湾曲していて背中を伸ばせる「背伸ばしベンチ」や、腰を回す運動を行える「ツイストボード」や、足の裏のつぼを刺激する道などもあります。
では、子どものための公園とは、三種の神器の代わりにどんなものがいいのでしょうか。もう少し考えてみたいと思います。

公園遊具” への4件のコメント

  1. 写真の公園は「バスケットゴール」が設置されたことによって若者が数人でゴールシュートを楽しんでいますね。「知らない人も数人交じって一緒にバスケをやった」というように2,3グループが興じている場面にも出くわします。いわゆる「月9」のテレビドラマ「ブザービート」の影響もあるのでしょうか。らしきカッコウでバスケをしています。「バスケットゴール」ゾーンの隣には芝生スペースを挟んでちょっとした広場があります。そこでは日曜日には親子がキャッチボールをしたり、あるいはテニスをしたり、あるいは若者がサッカーボールでリフティングの練習?をしていたりします。歩道から良く見える公園です。「みんなの視線が集ま」りますね。「都会型の公園」、そうかもしれません。

  2. 「この公園は子どもたちがどんな遊びを想定して作られたんだろう」と考えさせられる公園を時々見かけます。また、大人の感覚で危険と判断されたんだと思いますが、子どもはこれで楽しめるんだろうか?と思うような改修をされてしまった遊具を見かけることもあります。子どもはどんな遊びを必要としているんだろうか、そのためにどんな環境を用意してあげられるだろうかといった視点からの議論がもっと必要なのではないでしょうか。せっかくお金をかけて作った公園が利用されずに荒れてしまっている姿を見ると、そんなことを考えます。

  3. この機会に国の『都市公園における遊具の安全確保に関する指針』をあらためて読んでみました。子どもが遊具で遊ぶ場合の危険性には「リスク」と「ハザード」の二通りあるそうです。危機回避能力を身につけるためには、子どもが危険を分かって遊ぶことも必要で、これは「リスク」への挑戦。しかし、遊具自体に不具合があったり、子ども自身に危険を予知できなければ、それは「ハザード」になるといいます。公園から回転遊具だけでなく、ブランコ、滑り台までもが消えてしまったら「ハザード」の心配はなくなりますが、子どもたちの冒険の楽しみがなくなるようで寂しいですね。

  4.  つい先日、テレビドラマでバスケットボールを題材にした人気のドラマがありましたが、その影響でバスケットゴールを建てたのかもしれませんね(笑)
    地方の公園はとても広くてメインに大型遊具があるようなイメージですので、写真のような公園は確かに都会型の公園かもしれませんね。写真の公園のように例えばバスケットゴールがあれば狭くても他人と一緒に交流することができますし、ブログにも書かれていますが、中高生の集団はあまり良いイメージは無いかもしれませんが、人目につく方が確かに悪い事はできませんね。私が小さい頃、公園の遊具で友達と遊ぶ事は楽しくて仕方ありませんでした。それが今では、子ども達が楽しそうに遊んでいる姿を見る事が稀になったのは残念です。それか遊具で遊ぶ事の楽しさを知らないのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です